第35回 オリックスバファローズ 岡田 貴弘選手2009年08月19日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

2005年夏、高校野球界の注目は大阪に集まっていた。

「浪速四天王」
辻内崇伸 大阪桐蔭-巨人)、鶴直人( 近大附-阪神)、平田良介大阪桐蔭-中日)、岡田貴弘( 履正社-オリックス)の4名の総称である。その年、彼らは大阪の高校野球だけでなく高校球界の注目のスターであった。そして4人とも高校生ドラフト1位でプロの門をたたくのである。
今回の独占インタビューは現在、プロの世界で必死に頑張る4人を取材。高校時代から現在までを語ってもらった。


岡田貴弘選手 インタビュー

氏原(以下「氏」) 先日、1年目以来の一軍昇格を果たしました。今は2軍ですが、久々の一軍はいかがでしたか?(※取材時は6月末)

岡田選手(以下「岡」) 最初の2試合は緊張ばっかりで、打席に立っても、気付いたら追い込まれていてという感じでした。何がなんだかよく分からない状態で、最初の2試合は終わっていったんですけど、2試合目にヒットが出たんで、阪神戦からはある程度、落ち着いてできたかなと思います。

「氏」 一軍で通じた部分、まだまだだなって思った部分、両面あったのではないですか?

「岡」 そうですね。なんていうか、手も足も出ずに終わってしまうっていう感じは、自分の中ではなかったんですよ。自分の状態も、絶好調で一軍に上がったのではないんで、その中で、2戦目以降落ち着いてできたのはプラスでしたし、特に(二軍に)落ちる前二週くらいっていうのは、打席の中でつかめたものもありました。もう少し上にいたら、打てたかは分かんないですけど、違った結果になっていたかなと、感じれるものはありました。

「氏」 それは今になって、生かされているのかな?

「岡」 落ちてから、ずっと今まで、いい感じで打てているので、また、一軍に上げてもらえれば、今回みたいに緊張してとか、そんなことはないと思うんで、また上にあがってやりたいですね。

「氏」 むしろ、つかんだことの方が多かった、と?

「岡」 そうですね、バッティングコーチと話をしながら、悪いことはなかったということも、最後の時には言われていたんでね、つかんだものはありました。

「氏」 さて、今年で4年目になりましたけど、この3年はどんなプロ生活でしたか?

「岡」 1年目から試合に出してもらっていたんで、その中で、いろいろ初めての経験ばかりで、一軍の経験もさしてもらいましたし、いい1年間だったと思います。けど、2年目・3年目というのは思ったバッティングができずに、考えすぎたりしていました。この2年間は、自分の形がないまま終わってしまったという感じでしたね。

「氏」 形がないというのは、それはフォームのこと、野球選手としてのスタイルのことですか?

「岡」 フォームもですし、メンタル的にも自分で弱いなっていうのを感じていました。でも、そういうのを自分で見つけられたのが大きかった。そういうことがあったから、今年、いい結果につながってきたと思うので、時間はかかりましたけど、いい経験はできていると思います。

「氏」 今シーズンのはじめかな?キャンプ・オープン戦の頃だったと思うんだけど、TVで岡田君を見た時に表情が変わってきたなぁって感じたんだけど?なにかきっかけはあったのかな?

「岡」 そうですね。1年目のオフ、2年目のオフと、自分独りで自主トレをやったりしていたんですけど、自分に甘い部分があったんです。それで3年目のオフは後藤さんに誘ってもらって、練習を一緒にさせていただいたんです。後藤さん、体が強いんですよね。どういう練習しているのかを見たかったですし、どういう鍛え方してるのかというのもありました。練習自体はすごくきつくて、ヤバかったんですけど、でも、その分、追い込めましたし、バッティングに関しても一緒に打っていて、1軍の選手を間近で見て、いい勉強になりました。

「氏」 それはすごい経験ですね?

「岡」 はい。秋のキャンプからも、後藤さんは話しながら、見てくれていたんで、注意してくれましたし、いい自主トレができたんで、それも自信になりました。メンタル的にも、ちょっと、考え込みすぎるタイプなんで、その辺は、今年は変えて、打てなくてもしょうがないかなみたいな、開き直るっていい意味なのか分からないんですけど、深く考えずに、反省するところは反省してやっているので、自分でも違うなって感じるようになりました。

「氏」 シーズンは最初から好調でしたね?ウェスタンでホームラン、打ちまくっていたよね?

「岡」 去年5本でした。ことしは1ケ月で9本。昨年秋から取り組んでいることが、オフでも継続できて、春のキャンプでもできて、自分のものになってきている感じはあります。それが安定した結果にもなってきていると思います。

「氏」 続けていることとは具体的にはどういうことですか?

「岡」 体幹の使い方ですね。昨年秋のフェニックスリーグから藤井コーチに教えていただいて、体幹をしっかり使ってバッティングするっていうのをやってきて、バッティングの取り組み方も変わりましたし、飛距離もだいぶ伸びるようになったんで、それはすごい自分に合っているのかなぁというのもありますね。

【次のページ】 オリックスバファローズ 岡田 貴弘選手(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

岡田選手
岡田貴弘選手
  • 生年月日:1988年02月09日
  • 出身地:大阪府
  • 履正社
    高校通算本塁打は55本。ナニワのゴジラと呼ばれ注目を集める。また3年夏は平田良介、辻内崇伸、中田翔らを配する大阪桐蔭高校と大阪大会準決勝で対戦。敗れたものの、中田翔から9回表にバックスクリーンへの3ラン本塁打を放った。
  • 2005年オリックスバファローズに高校生ドラフト1位で入団
【関連記事】
第76回 2018年 大阪桐蔭は「苦しんでも最終的には勝つチーム」だった【高校野球コラム】
第17回 2018年の人気試合記事ベスト5!今年もドラマが目白押し!【レポート編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第815回 史上3校目の選抜連覇を達成!大阪桐蔭の1年間の軌跡「手探りの秋、逞しさが出た選抜」【前編】【大会展望・総括コラム】
第809回 近畿6枠はどうなる?龍谷大平安の優勝で幕を閉じた秋季近畿大会を総括!【大会展望・総括コラム】
第807回 ほっともっとで飛躍した逸材たち【近畿大会展望】【大会展望・総括コラム】
第805回 近畿大会ナンバーワン左腕へ!辛苦を乗り越えた清水大成(履正社) 【2018年インタビュー】
第716回 羽田野 温生(汎愛)打倒・大阪桐蔭に燃える公立の本格派右腕 【2018年インタビュー】
第605回 安田尚憲(履正社)のホームラン論「正解論はない。ただ強く振ることは大前提」【後編】 【2017年インタビュー】
第600回 安田尚憲(履正社)のホームラン論「振ってから回す」【前編】 【2017年インタビュー】
第585回 宮本 丈(履正社ー奈良学園大)「周りに左右されず、自分のやるべきことを積み重ねるだけ」 【2017年インタビュー】
岡田 貴弘(履正社) 【選手名鑑】
履正社 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー