独占インタビュー 第45回 福岡ソフトバンクホークス 下沖勇樹 選手2010年05月13日


【高校野球情報.com】独占インタビュー第45回 福岡ソフトバンクホークス 下沖選手

今回の独占インタビューは、光星学院から福岡ソフトバンクホークスに入団したルーキー・下沖勇樹選手です。
プロでの初めてのキャンプを経験し、シーズンも1ヶ月が過ぎました。現在、下沖選手はどんなことを取り組んでいるのでしょうか。
高校時代の話を踏まえながら、現在についてお話を聞いてきました。


高校時代について

【高校野球情報.com】独占インタビュー第45回 福岡ソフトバンクホークス 下沖勇樹

スタッフ(以下「ス」) プロに入って、最近の調子はどうですか?

下沖選手(以下「下」)  (プロ野球の)環境にも慣れてきましたところです。
(「調子ですか…」と下沖選手。当日の試合で打たれてしまったということもあり「今日は良くなかったっす…」と)
高校時代(光星学院)の方が練習時間としては長かったです。普段は午前中は授業を受けて、それから夜まで練習。自分は寮だったので、夜間練習が23時くらいまであることもありました。プロに入ってからの方が質のある練習になりましたね。

「ス」 高校時代、一番の思い出はなんですか?

「下」 やはり、3年生の春に甲子園に出たことでしょうか。
ただ、「甲子園に出たこと」はもちろんですが、それまでの過程が大きかったと思います。
2年生の夏に、自分がエース番号をもらっていたにもかかわらず自分のせいで負けてしまって…その後、辞めたいなと思ったこともあったのですが周りの人の支えがあって続けることができました。その支えがあったことがいいものになったと思います。

「ス」 高校時代でどのくらいフィジカル面で変化しましたか?

「下」 身長は、入学からほとんど変わらなかったですが(178cm)、体重は少し増えましたね。とにかくご飯をたくさん食べました。寮では、丼三杯食べるように言われていました。最初は、食べきれなかったですね。でも徐々に。ふりかけがあったら、食べられるんですよ(笑)ちなみに、プロに入ってからも5kgくらい増えました。

「ス」 高校時代、一番学んだことはなんでしょうか?

「下」 「礼儀」を一番学びましたね。
普段から挨拶しないと怒られていましたし、特に応援に来てくれる方々へ挨拶しないをしないと怒られていましたね。あとは「言葉づかい」とか。とにかく一から十まで全部教えてもらいました。そういうところがあっての野球だと思います。

「ス」 高校時代に自分自身をレベルUPするために意識していたことなどありますか?

「下」 現役のころは大してなかったのですが、引退してからドラフト指名されるまでの期間が特に大事だったので、体幹を意識して鍛えました。今でもまだまだ(体幹は)弱いと思っていますが、あの頃にやっていなかったらもっと弱かったでしょうね。

「ス」 どういう意識で高校野球を取り組んでいましたか?

「下」 練習に対する意識は特にありませんでしたが、常に「プロになるぞ」という意識を持って野球に取り組んでいました。

このページのトップへ