第42回 ソウル五輪・バルセロナ五輪日本代表 西 正文さん2010年01月10日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

アマチュア野球選手の夢がプロ野球選手だけではなかった時代が確かにあった。80年代後半の頃である。このとき、確かにプロを目指さずに「オリンピック」を目指す選手がたくさんいたものだ。野球選手にとって生きる道はプロだけではない。アマチュアの世界に生き、頂点を目指した選手である。

西正文はそのうちのひとり。ロス五輪の最終選考で落選したのをきっかけにこの道を選び、ソウル、バルセロナと五輪メダリストとなった。プロ入りの打診を受けながら、また、ソウル五輪メンバーの多くがプロ入りを果たす中、アマチュアの道を突き進んだ選手であったのだ。野球はプロ野球だけではないということ、アマチュア野球の素晴らしさを西氏に語ってもらった。

【インタビュー:氏原英明


西 正文さんインタビュー

07年AAAアジア選手権大会日本代表監督時の西正文さん

【07年AAAアジア選手権大会日本代表監督】

氏原(以下「ス」) これまでの野球人生を振りかえられて、どのようなものだったと思われますか?

西 正文さん(以下「西」) 流れとしてはすごく、路線に乗っているように思われがちなんですけど、実はそれほどでもないんです。高校時代のネームバリューも、学校にしても、何もなかった部分から、押し上げていただける方がいたのが良かった。純粋に、野球というものに向き合ってきたのじゃないのかなぁと思います。

「ス」 野球を始められた頃はどのような将来像を描かれてれいたのでしょうか?

「西」 当然、プロにいくという気持ちはありました。僕らの世代は「巨人の星」かサッカーかどちらか。野球ができた人がサッカーもできました。僕のインパクトとして強かったのは、江川とか篠塚とかですね。土曜日に放送されていた「巨人の星」が待ち遠しかったですね。 

「ス」 高校はさほど有名ではない尼崎小田高校。こちらでもプロを目指されたのですか?

「西」 高校の時、プロは無理だろうなぁと。むしろ、プロがどういうところか分からなかったですし、公立校ですからね、強いチームと試合をしていないんですよね。 
自分の置かれている立場がどの位置にいるか分からない。たまたま公立校同士の中で試合をやって、ちょっとうまいなぁという程度だったと思います。甲子園は目指していましたけど、現実的な部分では公務員になりたいなぁと思っていました。
高校で野球を辞めて、親に迷惑をかけないようにと思っていました。たくさん上手い人を見たわけでもなかったんで、上で野球を続けるとかは考えてはいなかった。

「ス」 その人生がどこで変わったのですか?

「西」 最後の大会が転機になったと思います。4回戦の 東洋大姫路 戦で2-3のゲームをやったんです。当時の東洋大姫路は前年が優勝したチームでしたし、そこに大阪ガスの関係者も見に来られていたようで、アイツ面白いやないかと。そこで、セレクションを受けるということになりました。

「ス」 公立の無名選手にとっては、すごいセレクションだったのでは?

「西」 いったら、100人くらいはいましたね。2日間あったんですよ。8月9日、10日、名前では呼ばれてません。ゼッケンでね。僕は26番でした。まさに、そんなセレクション。
甲子園に出ていない私立の学校の人や名前の通った人であったり、たくさんいましたね。各ポジション、8~10人いたと思います。
手ごたえはないですよ。ショートを守ったんですけど、トンネルはするわ、暴投はするわでしたからね(笑)それが逆にインパクトがあったんかも知れませんが・・・

「ス」 採用の話が来た時は、どんな気持ちでしたか?

「西」 「まさか」と驚きましたが、同時に、これで迷惑をかけずに、野球ができると。もう一度、プロに勝負できるところに挙げていただいたんで、恩返ししながらやって行かないといけないなという気持ちになりました。ようやく、認められたという気持ちがしました。

【次のページ】 ソウル五輪・バルセロナ五輪日本代表 西 正文さん(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

西正文さん
西 正文 さん
  • 生年月日:1960年11月
  • 出身地:兵庫県
  • 尼崎小田高等学校
    高校時は4回戦敗退。
  • 1979年大阪ガス入社。
    1985年都市対抗野球出場。以来10年間連続で都市対抗野球に出場する。
  • その間、日本代表として多数の国際大会に出場。日本代表の常連になる。
    1988年にはソウルオリンピック(韓国)公開競技 に出場。銀メダル。
    1992年にはバルセロナオリンピック(スペイン)に出場。銅メダル。
  • 1993年現役引退。大阪ガスコーチに就任
    1999年日本野球連盟 競技力向上委員 就任
    2004年全日本野球 ハーレム大会(オランダ) 日本代表コーチ(守備・走塁) 3位
    2007年AAAアジアチャンピオン選手権大会(台湾) 日本代表監督 3位
【関連記事】
第785回 今も未来もただ勉強あるのみ 勝たせる捕手・柘植世那(Honda鈴鹿) 【2018年インタビュー】
第716回 東兵庫展望 滝川第二と報徳学園が同ブロック!4回戦が盛り上がりそう!【大会展望・総括コラム】
第57回 尼崎小田高等学校(兵庫)【冬が僕らを強くする2018】
第515回 高校野球ドットコム座談会 「群雄割拠の兵庫を制するのは?」【大会展望・総括コラム】
第469回 報徳学園、神戸国際大附など精鋭揃いの36チームが登場!2回戦で好カードが続出【春季兵庫大会展望】【大会展望・総括コラム】
第422回 【兵庫展望】この秋も序盤から好カード続出!激戦ブロックを勝ち抜くのはどの学校か?【大会展望・総括コラム】
尼崎小田 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー