第41回(前編) 読売ジャイアンツ 大田 泰示選手 2010年01月01日


2010年独占インタビュー、第一号は巨人・大田選手です。
みなさん御存知、松井秀喜選手の後にジャイアンツの背番号55を背負う、未来の日本を背負ってたつスラッガー候補です。
プロ一年目と今後の課題・高校時代についてお話を伺ってきました。
前編・後編に分けての掲載です。前編はプロ一年目と今後についてのインタビューです。


ルーキーイヤーを振り返って

スタッフ(以下「ス」) ドラフトが終わってから1年経ちましたが、プロに入って1年間を総括していかがでしたか??

大田選手(以下「大」) いい番号をもらって、他の人より注目される中で、厳しい言葉も言われたりしましたけども、そういう中で1年間怪我なく試合に出続けたということは、1軍に行っても通用することだと思うので、そのことだけは本当によかったことだと思いますね。

「ス」 フィジカル面でしっかりと夏場を乗り切り、年間を通してファームで400打席立ったということは、そこに関しては収穫という事ですね。
では逆に、今の課題はなんでしょう?

「大」 まだまだ1年目だし、大学・社会人からプロに入った選手の方が、技術も上なので、そこは練習の量と、練習終わってからの自主練習で技術を補っていかなければと思っています。

「ス」 技術に関して、東海大相模でベースになられる基礎を作られたと思いますが、今はそれを応用してという形ですか?それとも一から作り上げている過程ですか?

「大」 高校の時に教えてもらった事は、僕の中で良い引き出しとして持っていて、今はプロの球を打つためにはどうすればよいのか?いうことをテーマに打撃コーチの方と一緒に取り組んでいます。

「ス」 客観的に見て、昨年と比較してどんな所がプロ仕様にレベルアップしましたか?

「大」 打ち方自体が変わってきました。木のバットに慣れたので、バットの軌道なども違うと思う。
守備でも送球は高校の時よりきれいな、球筋のいいボールが投げられるようになりましたね。

「ス」 成績面に関しては自身で今年1年mどういう評価をしていますか?

「大」 ホームランの数(リーグ3位の17本塁打)は打てた方だと思いますが、打率と三振数はあまり良くありませんでした。
ホームランを打ちながら、打率をもっと上げれれば、また違ったバッティングの仕方が分かると思います。率が上がれば打点も増えるだろうし、そういったところで満足はできなかったですね。

「ス」 新聞では、来期のために体をパワーアップして、強い打球・送球をしたいと拝見したが、今は体を大きくするトレーニング中心にやられているのですか?

「大」 ウエイトトレーニングはコーチと相談して、メニュー組んでもらってやっています。
打撃、守備の練習でも、下半身を使った練習をコーチとやっているので、そういったところで体をひと回り大きくできればと思ってやっていいます。