2022年の大学生を代表するスラッガーといえば、早稲田大・蛭間 拓哉外野手だろう。浦和学院時代は3年夏に甲子園ベスト8を経験し、U-18代表にも選出された。東京六大学通算10本塁打は現役生トップで、昨年12月に行われた大学日本代表候補合宿でもトップの5安打をマークした。世代屈指の強打者である蛭間の足跡をたどる独占インタビュー。まずは高校時代までの軌跡を振り返る。



あわせて読みたい 【対談】中川×蛭間
■vol.1
浦和学院との練習試合がカギとなった 大阪桐蔭春夏連覇の主将・中川卓也が振り返ったセンバツ連覇の裏側
■vol.2
負けを覚悟していた。大阪桐蔭春夏連覇主将が振り返る名門・浦和学院戦前の胸中
■vol.3
体張りました!高校時代から日本代表の中川卓也、蛭間拓哉(早稲田大)が振り返る日本代表で得たもの

あわせて読みたい 中川卓也インタビュー
■vol.1
強く選手たちを引っ張る姿勢は大阪桐蔭時代と変わりなく。新主将・中川卓也(早稲田大)が貫くチーム改革
■vol.2
二塁手は一番難しいポジション。春夏連覇経験者・中川卓也(早稲田大)が新ポジション挑戦を語る
■vol.3
満足したシーズンは1度もない。ドラフトイヤーを迎えた中川卓也が目指すは首位打者獲得

あわせて読みたい 蛭間拓哉インタビュー
■前編
4スタンス理論、大阪桐蔭との練習試合…世代屈指の強打者・蛭間拓哉の礎を築いた浦和学院時代

合格して気づいたライオンズジュニアの経験


 群馬県桐生市出身の蛭間は小学校6年生の時に「埼玉西武ライオンズジュニア」に応募した。桐生市出身の蛭間がなぜ参加できるの?と思うかもしれないが、実はライオンズジュニアは居住地域の制限はない。合格できるだけの実力があり、埼玉県外からでも、ジュニア代表の練習、試合に通うだけの根気があれば、参加は可能。それでも、桐生市から埼玉までの遠征は結構ハードルが高く、蛭間や関係者の熱意が大きかったことがある。

 蛭間は合格するまでNPBジュニアの試験だったことは知らされていなかった。

「群馬県で少年野球のお偉いさんに言われて受けました。そもそも、そのセレクションもジュニアトーナメントを知らない状態だったんです。受かってからジュニアトーナメントの応募ということを知りました。僕自身、人生で桐生市から出たのが初めてですし、群馬からライオンズジュニア(入団)が初めてでした」

 

 大きな経験となった。試合会場は札幌ドーム。NPBの会場でプレーできたことは思い出だ。

「西武のユニフォームを着させていただいて、プロがやる球場でも、できたので楽しかったです」

 中学は前橋桜ボーイズでプレーした。群馬を代表する中学硬式チームだが、とても厳しいチームだった。

浦和学院もかなり厳しいチームでしたけど、中学時代のチームもそれに匹敵する厳しいチームでした。その環境でかなり鍛えられましたし、成長することができました」

 中学時代は投手として活躍したが、浦和学院関係者からは打者として高く評価されことがきっかけで入学を決めた。

 当時、浦和学院は21年夏で勇退した森士監督が率いていた。蛭間は「監督さんからは人として大事なことを多く学ばさせていただきました」と振り返る。

 蛭間は律儀に挨拶をする選手で、1つ1つの行動のソツのなさは、浦和学院で学んできた選手だと実感する。それ以上に、これほど大打者でありながら、朗らかな人柄、チームに溶け込むために「脇役」に徹し、チームメイトを立てることができる。これは蛭間の人徳なのかなと思う。頼りがいのキャラクターである蛭間は1年生から主力選手として活躍。最終学年には主将となった。