第1198回 奥村真大(龍谷大平安)はなぜプロ志望を公言したのか?そして狙うは「兄超えの一流選選手」【後編】2020年07月04日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]自粛期間でも体重増加に成功
[2]自分の成長のためにあえて厳しいプロの世界を目指す


 プロ注目の強打者として知られている龍谷大平安奥村 真大
 プロ野球選手である兄・展征(ヤクルト)の背中を追ってプロ入りを目指している。

 後半となる今回は、自粛期間中の過ごし方やプロ入りを目指す背景について迫っていく。

前編はこちらから!
3世代で甲子園を経験!奥村真大(龍谷大平安)の持ち味は類まれな勝負強さ【前編】

自粛期間でも体重増加に成功



奥村真大(龍谷大平安)

 新型コロナウイルスの影響による約3ヶ月の休校期間で最も変わったのは体つきだ。「自分は量をたくさん食べられない体質だったので、一回の夕食の時にお腹いっぱいになるくらい食べて、胃を膨らますことを継続しました」と地道な努力を重ねたことで体重は70㎏から80㎏に増えていた。実は体重を増やすことになったのは昨年のセンバツで連絡先を交換していた来田 涼斗明石商)の影響があったという。

「コロナ期間にどういう練習しているのか気になって、来田に連絡してみたら、『体重を増やしていこう』という話になって、自分の体重を言った時に『それはヤバい』と言われてしまいました。『ノルマを決めろ』とあっちから言われて、それが体重を増やすきっかけになったと思います」

 明石商とは1年秋の近畿大会決勝で対戦しており、その時から来田に対して「負けたくない」とライバル意識を抱いていたという。実力を認める相手に対して貪欲に質問をして、自らを高めようとしてきた。

 技術面でも実家の近くにあるグラウンドが空いていれば、積極的に活用して腕を磨いた。「ブランクがあってもすぐ動けました」とシートノックでも好プレーを連発しており、自主練習の成果を感じさせられた。そして、何より徹底してきたことがとにかくバットを振るということだった。

 「寝られない時はバットをベッドの横に置いているので、それを持って部屋で素振りをしていました。バットを振ることによって良い感じで寝られるので、徹底してやっていましたね」

 昼夜問わずバットを振り、体重が増えたことで「(平安のグラウンドに)帰ってからは打球も変わりました」と成長を実感している。また、この期間で奥村はある決断をした。それはプロを目指すということだ。

【次のページ】 自分の成長のためにあえて厳しいプロの世界を目指す

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
龍谷大平安vs洛星【京都府 2020年 令和2年度 夏季京都府高等学校野球ブロック大会】
第1014回 激戦の夏季京都大会を展望!ドラフト候補・奥村、早、山下など注目スラッガー多数!【大会展望・総括コラム】
第1014回 京都の名門・龍谷大平安は自粛期間をどう過ごしたのか?秋までの軌跡と夏の展望に迫る【野球部訪問】
第1195回 3世代で甲子園を経験!奥村真大(龍谷大平安)の持ち味は類まれな勝負強さ【前編】 【2020年インタビュー】
第38回 ベテラン監督による手厚いサポートが魅力の久留米東ボーイズ。選手の希望を叶える指導へシフトチェンジ【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第12回 歴代最多の通算75回の出場!龍谷大平安の戦績・卒業生の進路を紹介!【データブック】
第1105回 進学志望から一転。明石商の名捕手・水上桂(東北楽天)の野球人生を変えた日本代表の経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1105回 明石商を二季連続甲子園ベスト4に導いた水上桂が名捕手になるまで【前編】 【2020年インタビュー】
東山vs龍谷大平安【京都府 2019年秋の大会 秋季京都府高等学校野球大会 2次戦】
龍谷大平安vs塔南【京都府 2019年夏の大会 第101回選手権京都大会】
龍谷大平安vs日星【京都府 2019年夏の大会 第101回選手権京都大会】
龍谷大平安vs花園【京都府 2019年夏の大会 第101回選手権京都大会】
第926回 偉大な先輩を超えたい!歴代No.1外野手を目指す 中島大輔(龍谷大平安)【後編】 【2019年インタビュー】
第926回 龍谷大平安に現れた俊足好打の1番打者・中島大輔(龍谷大平安)【前編】 【2019年インタビュー】
奥村 真大(龍谷大平安) 【選手名鑑】
龍谷大平安 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー