第1095回 化け物クラスの投手へ 中森俊介(明石商)が求めるのは「柔軟性」。【後編】2020年01月03日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]好きなタイプではない。それでも故障を防ぎ、成長させた狭間監督の指導
[2]これからも追いかける立場。勝つことにこだわって、日本一を目指す

 2002年生まれの中でも世代ナンバー右腕の呼び声が高い中森 俊介(明石商)。実際にその投球は素晴らしいものがある。常時140キロ中盤・最速151キロの直球、多彩な変化球の精度もレベルが高い。

 だからこそ求められるものが非常に高い。中森にとって2019年はさらに高みを目指すうえで、苦しんだ1年だったといえる。そんな中、中森は進化するためにどんな答えを導きだしたのか。今回は現在の課題、そして高校野球最後の1年にかける想いを語っていただきました。

動画はこちらから!


前編はこちらから!
最速151キロ、二季連続甲子園ベスト4と全国的な活躍も…。もがき苦しんだ中森俊介(明石商)の2019年【前編】

好きなタイプではない。それでも故障を防ぎ、成長させた狭間監督の指導



ピッチングをする中森俊介(明石商)

 最速は150キロを超える速球、スライダー、スプリット、チェンジアップ、カーブと多彩な変化球を投げ分ける。だが、狭間監督は中森の投手としての能力の高さは評価しながらも、ある部分が引っかかっていると語る。それは柔軟性が欠けることだ。
 「正直いうと、中森は投手としてはあまり好みではありません。肩甲骨の周りもそうですが、体重移動するうえで重要な足首も硬い。柔軟性を欠くということは故障のリスクが高まるからです」

 また中森は体力測定をすると、数値自体は低く、体幹もそれほど強いタイプではないことは狭間監督も、中森も自覚している。それながら150キロ台の速球が投げられて、打者としてもホームラン級の打球をガンガン飛ばせるという。

 狭間監督から言わせれば「不思議な投手です」と語る。そういう中森に対し、狭間監督はどう指導したのか。必要以上にバックスイングをさせないということだ。
 「無理なく腕が振れる範囲があるので、バックスイングはその位置にさせています。柔軟性がないのに、必要以上にバックスイングをしてしまうと、肩が入りすぎて負担をかけてしまうので、故障のリスクが高まりやすい。
 ただ投手として本能的に引きたくなってしまう。そうなると抑えが効かず、高めに浮いてしまう。打たれるパターンはそういうケースなんです」

 中森もこの1年のピッチングを総括し、柔軟性がないことを深く自覚し、可動域を広げるトレーニングを欠かさず行い、風呂上りに柔軟体操を行うようになった。



インナーマッスルを鍛える中森俊介(明石商)

 取材日ではキャッチボールの前に、チューブトレーニングでインナーマッスルを鍛え、そしてキャッチボールとピッチング練習を終えた後もしっかりとダウンを行った後、チューブトレーニングを行い、体幹トレーニングに向かう姿があった。

 また筋肉量を増やすことにもこだわっている。現在の中森の体重は86キロ。ここから増やす予定はない。
 「脂肪が多く、動ける体ではないと思っています。脂肪を落としつつ、筋肉量を固めて、キレが出てくればもっと出てくるのではないかと思っています」

 狭間監督もこうしたトレーニングで良い方向に向かうことを期待している。
 「今まで数値が低かったわけですから、柔軟性を高めて、投球フォームもよい方向にいって、筋力的な数値も高まっていけば、とんでもないストレートを投げるのではないかと期待をしています」

 その兆しは見えている。
 兵庫県選抜に選出された中森は12月7日の関西国際大戦では2回無失点の好投。最速148キロをマークした速球は大学生でさえ楽々と空振りを奪い、120キロ前後のスライダー、最速133キロを計測したスプリット、120キロ前後のチェンジアップ、100キロ台のカーブと自在に投げ分けるピッチングは別格の一言だった。

 リードした兵庫県選抜の上林 直輝神戸弘陵)は「速球、変化球も狙い通りにまず投げられてすごい。速球は伸びてきましたし、リードしていて楽しかったです」

 改めて世代を代表する右腕と印象付けるピッチングだった。

【次のページ】 これからも追いかける立場。勝つことにこだわって、日本一を目指す

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

川野 涼多(九州学院)
中森 俊介
  • 明石商
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投左打
  • 身長体重:182センチ86キロ
  •  
【関連記事】
第271回 高橋宏斗、中森俊介など2020年の高校生投手トップ9はこの投手たちだ!!【ドラフト特集コラム】
第254回 この4人は別格。中森俊介(明石商)、高橋宏斗(中京大中京)、篠木健太郎(木更津総合)、小林樹斗(智辯和歌山)の魅力とは【ドラフト特集コラム】
明石商vs桐生第一【2020年甲子園高校野球交流試合】
中京大中京vs智辯学園【2020年甲子園高校野球交流試合】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第1142回 秋に台頭した報徳学園の核弾頭・三宅雄雅 覚醒の秘訣は「ツイスト打法」の習得 【2020年インタビュー】
第1139回 センバツで見たかった世代屈指の剛腕・高橋宏斗(中京大中京)。なぜ圧倒的な投球をテーマにしているのか? 【2020年インタビュー】
第1118回 報徳学園のエース・坂口翔颯が目指す「圧倒」する投球。スケールと制球力を高めて夏こそ聖地へ 【2020年インタビュー】
第1105回 進学志望から一転。明石商の名捕手・水上桂(東北楽天)の野球人生を変えた日本代表の経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1105回 明石商を二季連続甲子園ベスト4に導いた水上桂が名捕手になるまで【前編】 【2020年インタビュー】
兵庫県選抜vs関西国際大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
大阪桐蔭vs明石商【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
明石商vs東山【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
中森 俊介(明石商) 【選手名鑑】
明石商 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー