目次

[1]明治大入学後、体つくりから着手
[2]横回転であることを前向きに捉えだす

 森下 暢仁と共にプロ志望届けを提出した、明治大学の速球派右腕・伊勢 大夢。サイドハンドに近いスリークウォーターから150キロを越える速球を投げ込み、先発やリリーフとして東京六大学リーグでその名を鳴らした。

 ドラフト会議を直前に控える伊勢が、大学4年間をかけて掴んだ飛躍のきっかけは一体何なのか。高校時代から遡り、その成長を辿った。

明治大入学後、体つくりから着手


 善波達也監督のこだわりから明治大学は毎年「大安」にプロ志望届を提出しており、伊勢もまた9月14日の大安にプロ志望届を提出したことを明かした。

 「高校の時は、自分がプロ志望届を出すなんて考えてもなかったので、そういう立場に自分がこれたことに嬉しさを感じましたね」 

 高校時代から、力のこもったストレートを投げ込んで全国大会の舞台を経験してきた伊勢。プロ野球の世界への憧れも全く無かった訳ではないが、明治神宮大会や選抜甲子園でハイレベルな投手と対戦し、力不足を実感したことを振り返る。

 「行けるなら行きたいなという思いありました。ですが甲子園出てるピッチャー、例えば仙台育英佐藤 世那東海大相模小笠原 慎之介など、やっぱりレベルが違いすぎたので高校からプロは正直無理だなと思ってました」

 そうした中で、声をかけてもらった明治大学へと進学を決めた伊勢。大学野球からプロ入りを目指す上で、まず必要性を感じたのが体作りの重要性だった。
 周りの先輩を見ると、どの選手も身体の芯が強くリーグ戦を戦い抜くための土台がしっかりと作られていた。自身の線の細さに危機感を感じた伊勢は、身体作りから着手した。

 「自分は森下のようなバネも無いので、自分がどうやったら生きていけるかを考えました。その中でまずは土台作りをしっかりして、体を楽に使ってどれだけ投げても球速を落とさないようなピッチングを目指そうと思うようになりました」

 トレーニングのメニューは、すべてトレーナーが管理してくれたこともプラスに働いた。高校時代は、選手の自主性に任せる形で自身の考えでトレーニングを行うことも多かったが、ランニングメニューやトレーニングのメニューを明確な理論に基づいて作成してくれたことで、より効率的に身体作りを進めることが出来た。

 「チームでもランニングは多く行っていて、冬場は長い距離を走ることも多かったですね。体力作りを目的としたインターバル走や、外周を走るメニューもありました。また個人でも体のキレを出すための短距離のダッシュを行ったり、ランニングメニューもけっこうやりましね」