目次

[1]野球人生の始まり
[2]転機となったフォーム矯正と変化球習得

 身長181センチ、体重78キロの恵まれた体格から角度のあるストレートは最速145キロ。さらに落差の大きいツーシームを武器に注目を集める埼玉屈指の好投手・飯島 一徹東農大三)。

 昨秋は準々決勝山村学園を5対4で破ると、そのまま準優勝。今春は強豪・花咲徳栄準々決勝で対戦し、5失点完投勝利。9回まで球速が衰えない躍動感溢れる投球に飯島の評価は日増しに上がっている。
 今夏の埼玉を沸かせるであろう埼玉県ナンバーワン右腕の軌跡を振り返る。

野球人生の始まり


 飯島が野球を始めたのは小学校2年生から。当時の友人に誘われ、地元にあった埼玉ファインズに入団し野球人生の幕が開けた。
 「野球をやる気はあったんですが、どこに入ればいいのかわからなかった自分に友達が声をかけてくれたので、そこで始めました」

 「周りを見えるようになってから本格的にピッチャーをやりなさい」と当時の指導者の方針で、小学5年生までは外野やキャッチャー、そしてピッチャーを兼任。小学6年生からピッチャー1本に絞りだした。

 当時からピッチャーに対して、「チームを勝たせるには一番大事なポジションなので、自分がチームを強くさせたい」という固い覚悟をもって投げていた飯島。しかしチームはなかなか勝つことができず、目立った結果を残すことができなかった。

 その後、飯島は北本中学に進学。引き続きピッチャーをメインに、投げないときは外野を守っていた。そして中学3年生の時に、選抜チーム『埼玉スーパースターズ』に選出。春日部共栄丸田 輝花咲徳栄岡崎 孝太らとともにプレーした。

 「レベルの高い選手たちの中に入れたことは嬉しかったですが、その反面でやっているのか不安はありました。けど選ばれたことで、『高校野球はもっと上手い選手と対戦するので、そういう選手をどうやったら抑えられるのか』ということを考えました」

 当時の経験は高校で活躍する上で貴重な経験だった。

 埼玉スーパースターズでは全国3位の結果を残した飯島は東農大三に進学し、高校野球の世界に飛び込む。
 「中学生の時に髙廣監督に、『是非うちに来て野球をやってくれ』と何度も言ってもらえました。その熱に惹かれたことと、1勝でも多くチームの勝利に貢献して上位進出させたい」と思い、飯島は東農大三の門を叩いた。