第882回 京都国際を初の近畿大会へ導いた上野響平が夏の準決勝敗退から得たもの【前編】2019年01月17日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]熱心な勧誘を受け甲子園経験のない京都国際を選択
[2]入学し即試合に出たことで磨かれた集中力

 秋の近畿大会に初出場した京都国際を引っ張るのが主将で1番遊撃手という大役を任されている上野響平(2年)だ。上野は巧みなバットコントロールと堅実な守備を買われて1年春からレギュラーとして活躍。卒業後は高卒でのプロ入りを目指している有望株だ。今回は上野に京都国際を選んだ理由や高校入学後の道のりについて伺った。

熱心な勧誘を受け甲子園経験のない京都国際を選択



ガッツポーズを見せる上野響平(京都国際)

 大阪府貝塚市で生まれ育った上野は、友人に誘われて小学1年生から貝塚スポーツ少年団西地区で野球を始めた。最初は遊撃手を任されることが多かったが、5年生からは捕手にコンバートされたという。

 中学では本格的な野球に取り組むために貝塚シニアでのプレーを選択。シニアでは再び遊撃手に戻り、野球に打ち込んだ。決して強いチームではなかったと言うが、3年の夏には日本リトルシニア日本選手権大会に3番遊撃手として出場。1回戦で敗れたが、神宮球場でプレーするというかけがえのない経験をすることができた。

 全国大会に出場した上野の元には強豪校からいくつかの誘いが来ていた。最終的に甲子園に何度も出場している地方の強豪校と京都国際で迷ったが、熱心に誘われていた京都国際に進学。まだ甲子園には出ていない学校だが、「こういうところに行った方が自分のためにもなる」とそのことも前向きに捉えていた。

 実際に京都国際に入学した感想を上野はこう語る。「グラウンドの環境はそこまで整っていませんが、練習内容や監督の教え方が上手いのでここでよかったと思っています」。グラウンドは白土で広さもそれほどない環境だが、個々の能力を高めていく小牧憲継監督の指導が水に合っていた。

【次のページ】 主将としてチームを引っ張り、初の近畿大会出場!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

上野響平
上野響平(うえの・きょうへい)
  • ポジション:内野手
  • 身長体重:170センチ65キロ
  • タイプ:右投右打
  • 京都国際
【関連記事】
第948回 驕ることなく地道に積み上げた鮮烈な甲子園デビューまでのルーツ 中森俊介(明石商)【前編】 【2019年インタビュー】
第948回 柳田悠岐2世を襲名し、2020年の高卒ドライチを狙う!来田涼斗(明石商)【後編】 【2019年インタビュー】
第947回 今春の選抜の顔・来田涼斗(明石商)!今、明かされる小・中学時代の伝説!【前編】 【2019年インタビュー】
第869回 平成最後のセンバツ 高校野球ドットコムが選ぶベストナイン!【大会展望・総括コラム】
第867回 決勝に進むのはどの2チーム?4校が勝つパターンを徹底予想!【大会展望・総括コラム】
第867回 トーナメントで最も面白い準々決勝!激戦4試合のポイントを徹底解説!【大会展望・総括コラム】
第605回 勝つ確率の向上を呼び込む徹底力とフィジカルでまだ見ぬ景色は甲子園で見る!明石商【後編】【野球部訪問】
第604回 一事が万事。明石商の緻密な野球は想像以上の手間暇が詰まっていた!【前編】【野球部訪問】
第926回 偉大な先輩を超えたい!歴代No.1外野手を目指す 中島大輔(龍谷大平安)【後編】 【2019年インタビュー】
第926回 龍谷大平安に現れた俊足好打の1番打者・中島大輔(龍谷大平安)【前編】 【2019年インタビュー】
明石商 【高校別データ】
京都国際 【高校別データ】
立命館宇治 【高校別データ】
龍谷大平安 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー