第874回 目指すは高校通算50本塁打!名将・比嘉 公也も認めるすば抜けたポテンシャル 水谷留佳(沖縄尚学)2019年01月15日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]持ち前の打力に磨きをかける
[2]水谷のすば抜けたポテンシャル

 「持っているものは沖縄で一番でないですか」
 比嘉 公也(ひが こうや)監督の言葉である。

 その言葉が指す選手こそ、キャプテンとして沖縄尚学を引っ張る水谷 留佳(みずたに るか)である。


持ち前の打力に磨きをかける



バットを持ち構える水谷留佳(沖縄尚学)

 高校通算20本塁打の水谷の魅力はなんと言っても打力だ。「自分の一番の魅力はバッティングだと思います。」と語るように、本人も自分の長所を十分に自覚している。

 ただ、水谷は自分の現在地に満足していない、「冬場でいかにバッティングを磨き夏に繋げられるか」という課題に向け練習に取り組んでいる。

 特に練習量については、絶対の自信を持っている。

 「秋の大会で負けてから打撃向上というのを一番の目的として行ってきています。10月、11月、12月はバットを振り込むことを中心にやってきたので、本当に振り込むという点においてはどこのチームよりも行ってきてると思います」

 「守備をやらなくてもバッティングだけは練習するという日もありました。本当に振り込んできました」

 会話の端々から水谷が、自分の課題を理解して練習に取り組んでいるのがよく分かる。

 また、水谷の凄さは、量だけでなく練習内容を理解して取り組んでいる点も挙げられる。

 「ハーフバッティングで、緩いボールだからと1、2の3で振るのでなく、しっかりとタメを作るというのは意識をしてやっています」

 このようなコメントからも、水谷が課題を把握してバッティング練習に取り組んでいることがよく分かる。この冬を乗り越えた先には、水谷個人の目標でもある高校通算50本塁打への土台が出来ているのは違いない。

【次のページ】 水谷のすば抜けたポテンシャル

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

水谷留佳
水谷 留佳(みずたに るか)
  • ポジション:一塁手
  • 身長:176センチ78キロ
  • タイプ:右投左打
  • 沖縄尚学
【関連記事】
第616回 「興南に来て、本当に良かった」人生のスコアボードは、まだまだ続く 興南高校三年生座談会【後編】【野球部訪問】
第615回 「色褪せない3年間の記憶」一番良いゲームだった沖縄尚学戦 興南高校三年生座談会【野球部訪問】
第953回 大会4日目は選抜準優勝の習志野が登場!すべて実力校対決の4日目4試合の見所!【大会展望・総括コラム】
第39回 沖縄尚学(沖繩)【5年ぶり8回目】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第21回 今年の甲子園は捕手が「トレンド」。甲子園を熱くするバラエティに富んだ逸材野手たち【101回大会特集】
第712回 知念 大成(沖縄尚学)「秋の状態を取り戻し、夏は100%の状態で頂点に立つ!」 【2018年インタビュー】
第522回 福岡ソフトバンク 東浜巨投手(沖縄尚学出身)「"積み重ねることが唯一の道" 東浜流制球力向上メソッド」【後編】 【2017年インタビュー】
第521回 福岡ソフトバンク 東浜巨投手(沖縄尚学出身)「制球力を高めるにはイメージできることが大事」【前編】 【2017年インタビュー】
第204回 【侍ジャパン18U代表】沖縄尚学高等学校 山城 大智選手 【2014年インタビュー】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
水谷 留佳(沖縄尚学) 【選手名鑑】
沖縄尚学 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー