今年の東東京を代表する速球派右腕・谷 幸之助(関東一)。最速146キロのストレートは威力抜群。同じく東京都で注目を浴びている井上 広輝日大三)と引けを取らない速球を投げ込む。そんな谷はどんな思いで東京代表の練習・試合に参加しているのだろうか。

何かを感じる遠征にしたい


 11月25日、日大三戦。第2試合で先発した谷は甲子園4強の日大三の3年生たちに自信あるストレートを投げ込んだ。
 「打たれて当たり前だと思って投げていたので、楽に投げられたと思います」

 常時138キロ~142キロのストレート、120キロ前後の縦横のスライダーを織り交ぜ、日大三打線相手に好投。打者6人に投げて、1奪三振、1失点。この結果に前田監督は「関東一の監督の米澤君が、谷は波がありますよといっていたんですけど、今日は良かったですよ」と内容を評価していた。

 波がある。谷はそれを自覚して、安定感を求めてピッチングを追求してきた。左腕を高く突き上げて、真っ向から振り下ろすオーバーハンドは角度ある球威あるストレートを生み出すが、一方でリリースポイントが安定せず、コントロールが不安定になる。谷自身、その欠点は八王子シニア時代から自覚していた。そのための修正方法として心掛けていたのは右腕の使い方だ。
 「テークバックの時に右ひじを無駄なくトップに持っていくことです。そうすることで、リリースポイントも安定してボールを前で離せます」

 だがなかなかうまくいかない。この秋は大会前に146キロをマークするなど状態の良さは示したが、秋の大会では不安定なピッチングが続き、敗れた国士舘戦では2.1回を投げ、3四球、6安打、3失点を喫し、思うようなピッチングができなかった。

 大会後、米澤監督から「チームが強くなるには、お前が変わらないといけない」と言われ、ピッチングの考えを改めた。ずっと悩んでいたフォームの修正については「コロコロ変えるのは辞めて、これだと思ったフォームを貫くことにしました」

 余計な雑念を消した。直近の練習試合でも安定した内容を残し、東京代表として、この試合を迎えたのであった。代表入りが決定し、米澤監督からかけられた言葉は
 「何かを感じて、チームに帰ってこい」

 名前のある選手と触れ合うことで大きな刺激となっている。
 「井上君のストレートは本当にすごいですし、ぐっと伸びのあるストレート。僕は威力あるストレートで勝負しますが、それだけで勝負できないことは秋の大会で痛感したのでいろいろ学んでいきたいですし、みんなと一緒にプレーできているのは楽しいです」

 最も楽しみにしているのはキューバ打線との対決だ。
 「強力だと思うんですけど、自分の力がどこまで通用するのか楽しみです」

 秋では思うような結果を残せなかった速球派右腕がキューバ遠征を経て、どう成長を辿っていくのか。飛躍のきっかけになる遠征になることを祈りたい。

取材=河嶋 宗一