東東京勢で唯一、ベスト4まで勝ち進んだ東亜学園。準決勝では西東京の国士舘を前に、5対1で敗れて姿を消した。しかし同じ東東京勢よりリードしたというのが事実である。来春以降も注目の学校の1つだが、このチームを牽引するのが岩本翼主将である。

 今大会チームの4番に座り、打率は.308の成績。打線でも中心になってチームを引っ張った。そんな岩本に試合後に話を伺った。

どんな状況でも慌てない姿勢で相手と戦う


 「ヒット1本で繋いでくる、チームバッティングの印象的で、継投でくることは予想ができていました」と相手の国士舘への印象を語ってくれた岩本。その上で試合を振り返ると、「大観衆の中でプレーすることですこし浮足立ってしまい、低めを見逃すといった徹底事項が守れなかった」と敗因を分析した。

 また「4番でもインコースに投げるなど、3人ともコーナーを投げ分けていていました。狙い球が絞りにくかった。」と継投で出てきた3投手の投球術の高さも敗因の1つに挙げた。

 チームはベスト4まで勝ち上がってきたが、その道のりは決して簡単ではなかった。特に準々決勝の國學院久我山戦は一時5点差まで広がったが、後半に巻き返して見事逆転勝ちをするなど、後半に強さを見せるのが特色だった。

 「もともと、後半勝負だとは思っていた。」と武田朝彦監督も語るように、国士舘も自分たちのスタイルで戦うはずだったが、準決勝、そして大観衆という環境でいつものプレーができなかった。

 だが、大会で得られたものがあるのか岩本に話を聞くと、
 「自分の掛け声に、チームメイトたちがより乗ってきてくれるようになった」と語る。その象徴が國學院久我山戦であり、この時チーム力が高まったと岩本は感じ取った。

 それでも国士舘に敵わず、来春に向けて走り出すが、岩本はある選手を参考にしたいと語った。
大阪桐蔭根尾 昂選手です。」

 岩本が今年の高校球界を牽引してきたスター選手の名前を挙げた理由は意外なものだった。

 「彼は勉強できると話を聞きました。そして今秋のドラフトでプロに行った。僕らは高校球児である前に、1人の高校生だと監督から言われています。学生として過ごすからこそ高校球児なので、そういった生活面を参考にしています」とテクニカル面よりも人間性に強くひかれていた。

 「まずは、応援される存在になろうと思います。ですので技術より人間性を磨く冬にしたいと思います。」と冬への練習のテーマを武田監督が掲げるように、東亜学園はまず1人の学生としての成長を促すことを大事していることが伺える。

 そうした点を踏まえると、根尾 昂東亜学園の選手たちにとっては野球も勉強もできる、まさに理想の選手なのだろう。

 ただ岩本は、「根尾選手はとにかく焦らない、顔に出さない。そこがチームメイトからの信頼になっているかと思います」と不動の心も参考にしていきたいと話をしてくれた。

 「今大会はベンチにいた11人が夏を経験していましたが、そこにベスト4という新たな経験を積むことができました。ただ春は自分たちを倒しに来るチームがいるので、そのチームを受けずに正々堂々戦って、春は優勝したいです。」と来春への意気込みを語ってくれた。

 目標に「甲子園出場」を掲げる東亜学園。その第一歩として踏み出した今秋はベスト4と春に繋がる結果となった。来春、東亜学園がどのような結果を残し、夏へのアプローチをするのか。注目していきたい。


文=編集部