第805回 近畿大会ナンバーワン左腕へ!辛苦を乗り越えた清水大成(履正社)2018年10月30日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]1人もアウトにできなかった大阪桐蔭戦を乗り越えて
[2]成長を支えた女房役

 来年の高校生左腕では及川 雅貴横浜)が注目されるが、及川に負けない投手が現れた。その名は清水 大成履正社)。176センチの体格から投げ込む速球の最速は145キロ。2種類のスライダー、カーブを使い分け、近畿大会で16イニング無四球を継続する本格派左腕である。そんな清水の成長の歩みを振り返っていきたい。

1人もアウトにできなかった大阪桐蔭戦を乗り越えて



清水大成(履正社)

 寺島 成輝に続く左腕が出てきた。その名は清水 大成(2年)。ノーワインドアップから始動し、勢いよく右足を挙げていき、ぐっと右足を踏み込んで内回りのテークバックから一気に振り下ろすストレートは常時135キロ~140キロと、高校2年秋の時点では、なかなかのスピード。それよりもすごいのは制球力。近畿大会で16イニングを投げて無四球を継続中。

 初球からストライクが取れ、ボールから入っても次でしっかりとストライクが取れる。テンポよく投球を組み立てることができるので、福知山成美打線は受け身の状態となっていた。すいすいと投球を組み立て無四球完封につながった。

 隙の無いピッチングを見せる清水。ここまでのピッチングに到達してきたのは、これまでの悔しいピッチングをしっかりと糧にしてきからだ。

 1年秋から公式戦で登板を重ねるなど、順調に経験を積んできたが、2年夏、全国的に注目を浴びた大阪桐蔭戦。清水は7回途中、2番手で登板も一死も奪えず、降板した。
 「あの大会は調子が悪く、先輩たちにかなりカバーしてもらった大会でした。あの試合は1人も打ち取れずに降板してしまい、本当に悔しい思いをしました。あの悔しさが今につながっていると思います」

 そこで、清水は夏の大会後、フォーム矯正を行った。右足がインステップ気味になっていたのを真っすぐ踏み出すようにした。それにより、右足に全体重が乗り、体全体を旋回できる投球フォームに。技術面の進化によって力強い速球を投げられるようになったのだ。

【次のページ】 近畿大会ナンバーワン左腕へ!辛苦を乗り越えた清水大成(履正社)(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

清水大成
清水大成(しみず・たいせい)
  • ポジション:投手
  • タイプ:左投左打
  • 履正社
【関連記事】
第190回 ドラフト候補一覧を更新!佐々木朗希と奥川恭伸が特Aな理由【ドラフト特集】
第779回 危機感を乗り越え史上初の2度目の春夏連覇!!大阪桐蔭の1年間を試合レポートで振り返る!【後編】【大会展望・総括コラム】
第835回 非日常だった甲子園での日々 高校3年間はかけがえのない思い出 MIZUNO 斎藤真一部長 (大阪・春日丘出身)VOL.3 【2018年インタビュー】
第778回 史上3校目の選抜連覇を達成!大阪桐蔭の1年間の軌跡「手探りの秋、逞しさが出た選抜」【前編】【大会展望・総括コラム】
第821回 選抜連覇のPL学園を奇襲で破る!激戦の末甲子園へ MIZUNO 斎藤真一部長 (大阪・春日丘出身)VOL.2 【2018年インタビュー】
第775回 近畿6枠はどうなる?龍谷大平安の優勝で幕を閉じた秋季近畿大会を総括!【大会展望・総括コラム】
第771回 ほっともっとで飛躍した逸材たち【近畿大会展望】【大会展望・総括コラム】
第804回 大阪桐蔭撃破のキーマン・東妻純平(智辯和歌山)細やかな準備が勝利を呼ぶ ! 【2018年インタビュー】
第800回 プロで生き残るために「吾道一貫」を胸に刻む 渡邉勇太朗(浦和学院)【後編】  【2018年インタビュー】
第796回 退部危機乗り越え 甲子園を強く見据える 渡邉勇太朗(浦和学院)【前編】 【2018年インタビュー】
及川 雅貴(横浜) 【選手名鑑】
清水 大成(履正社) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】
府大工業高専 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー