目次

[1]飛躍のきっかけはモデルチェンジしたチェンジアップ
[2]打たれた経験もすべて糧になっている
[3]プロ入りが実現すれば、一軍で藤浪、澤田と投げ合いたい


 今年のドラフトでは大阪桐蔭根尾 昂藤原 恭大の2人が注目されるが、大阪桐蔭OBとして指名を期待されるのが平尾奎太(Honda鈴鹿)である。高校時代は藤浪 晋太郎(阪神)、澤田 圭佑(オリックス)に続く大型左腕として春夏連覇を経験している。平尾は高校時代には難病を乗り越えて、社会人野球を代表する左腕までに成長した。そんな平尾の歩みを追っていく。

飛躍のきっかけはモデルチェンジしたチェンジアップ

――都市対抗で無失点に抑えることができたのは、何か武器があって抑えることができたと思いますか?また、それは何でしょうか。

平尾奎太 投手(以下、平尾):チェンジアップですね。やっぱり緩急がつかえたので。真っ直ぐでファールを打たせてチェンジアップで体勢を崩させるのがスタイルなので。それができましたね。

―― チェンジアップはいつごろマスターしましたか?

平尾:大学の時から使ってはいたのですが、社会人になってからもっと極めようと思ってそこからですね。それからしっかり投げられるようになりました。

―― そのチェンジアップを解説していただいてもいいですか?

平尾:握りはまず人差し指と小指で挟んで、残りは添えるイメージですね。基本はその2本だけで安定させています。投げていくときにストレートだと最後にスナップを使うんですけど、チェンジアップは置いていくイメージです。

―― なるほど。その握りは社会人入りしてマスターしたものでしょうか。

平尾:そうですね。大学の時まではどちらかというと横の回転をかけて逃がしていくように投げていたんですけど、そうすると左打者に投げられないと思ったので、左打者にも投げられるように考えて、真っすぐを抜けば右左関係ないんじゃないかと。左打者の外に投げるときに指に引っかからないように意識します。

―― ストレートについては社会人になってボールの質などは変わりましたか?

平尾:低めに強いボールを投げないとという考えは社会人になって強く感じました。強い球を高めに投げても意味がないので、低めに投げるということが一つですね。そして、低めに投げても垂れてしまっては意味がないので、低めに強い球を投げるにはどうしたらいいかというのを考えて、コーチと話した上で壁を作ることを大切にしています。開いてしまうと引っかけて落ちていくだけなので、壁を作って最後にグッと加速させて低めに伸びていく球を去年から練習しています。

―― 都市対抗の内容が評価されて、BFAアジア選手権に出場。さらに優勝に貢献する内容を見せました。

平尾:アジア選手権の内容は本当に出来すぎという感じですね。都市対抗本戦で5回と9回に投げて無失点に抑えて2次選考に呼ばれたんですけど、今までジャパンに入ったことがなかったので本当にびっくりしました。そこでもいいピッチングができて選ばれたので嬉しかったですね。こんなに出来すぎてていいんだろうかという感じでうまく進んでいきましたね。

―― 台湾でのアジアウィンターベースボールリーグにも参加され、最優秀投手賞を受賞しました。

平尾:本当にいい経験でしたね。海外のチームとも日本のプロともやったことがなかったので。それぞれ持ち味が出て、国ごとに弱い球種などもあるので考えながらできて新鮮で楽しかったです。全日程を過ごして最優秀投手賞も頂いて、自分にとってすごくいい経験になりましたね。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。