第783回 祖父譲りのプレッシャーの強さ!渡辺佳明(明治大)は厳しい環境でこそ輝く2018年10月21日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]祖父と一緒に甲子園と思い名門横浜へ
[2]諦めないことで成長した3年間
[3]厳しい環境でこそ燃えて、楽しい


 今秋の東京六大学野球リーグで打率トップの.419(第6週終了時点)をマークしている明大の渡辺 佳明選手。渡辺選手といえば、横浜高校を春夏通算5度の全国優勝に導いた名将・渡辺 元智氏の孫としても知られ、自身も同校で3年間を過ごしているが、その高校時代から現在までの成長の軌跡を技術面と共に語っていただいた。

祖父と一緒に甲子園と思い名門横浜へ



インタビューに笑顔で答える渡辺佳明

 幼い頃から寮へ遊びに行くなど、祖父・元智氏が監督を務める横浜野球部に深い縁があった渡辺選手。野球を始めたのも自然な流れで、小2から地元の野球チームに入団。ピッチャーや内野手としてプレーしていた。ちなみに、左打ちは最初からで「初めてバットを持った時には左で打っていたんです。でも、右利きなので小学生の頃は右打席にも立っていたのですが、やはり左打ちの方が一塁ベースに近くて有利なので、中学に入ってからは左打席一本でやっています」。

 その中学時代は中本牧シニアに所属。二塁手としてプレーし、3年春の全国選抜大会で準優勝。ジャイアンツカップも3位と好成績を収めたが、「完全にレギュラーということではなく、それほど活躍できなかったので悔しい思いもありました」と振り返る。

 そして、高校での進学先を考える時期となり、最初に祖父・元智氏に相談した時は「横浜に入っても、レギュラーは取れないぞ」と言われたという。「それで『他の高校へ行って、横浜を倒そう』と考えたこともあったのですが、小さい頃から『祖父と一緒に甲子園へ出たい』という思いがあったので、最終的には『レギュラーじゃなくても、一緒に野球がしたい』と思って、横浜に入ることを決断しました」。



取材日も快音を響かせた

 このような経緯で名門・横浜の門を叩いた渡辺選手だったが、同級生には浅間 大基高濱 祐仁(共に日本ハム)といった錚々たる顔ぶれが揃っていた。「淺間も高濱もすべての能力が高くて、打ったら飛ばすし、肩も強いし、足も速い。だから、ライバルというよりは、『すごいな』と一目置いた存在で、それに比べると自分の実力は同期のなかでも一番下だと感じていました」。

 そこで、高い実力を持った選手のなかへ割って入っていくために、アピールポイントとして重視したのがバッティングだ。「あれもこれもやろうとして中途半端になるよりは、自分を信じて何か一つに集中して取り組んだ方が良いと思ったんです。それで、ひとまず守備は置いておいて、まずはバッティングを磨き、普段の練習から目立とうと考えました」。

 バッティングを強化ポイントに選んだのには理由がある。「弱点を克服するよりも長所を伸ばした方が良いのではと考え、じゃあ自分が誰にも負けないと思えるところはどこかと言ったら、それがバットコントロールだったんです」。実際、他のバッターが空振りしているボールでも、バットに当てられることが多かったという渡辺選手。こうして打撃強化に励むこととなったが、そのなかで特に大切にしていた練習は素振りだった。

 「ただスイングするのではなく、どういうボールに対してスイングするのか。ピッチャーをイメージしながら素振りをしていました。そして、自分の場合は納得できるスイングが何回できるかをテーマにしているので、例えば5回と回数を決めて最初の5スイングがすべて納得できるものだったら、そこで終えてもいい。もちろん、逆に夜遅くまで一人で黙々とスイングをしていることもあるので、そうやって毎日のスイング練習にメリハリを付けるのも良いやり方だと思います」。

【次のページ】 諦めないことで成長した3年間

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

板東 湧梧
渡辺 佳明(わたなべ・よしあき)
  • ポジション:内野手
  • 身長:179センチ77キロ
  • タイプ:右投左打
  • 横浜-明治大
【関連記事】
第971回 共に新ユニフォームで作った新しい歴史と伝統を築いた明治神宮大会決勝【高校野球コラム】
第98回 センバツをかけた関東大会が開幕!東海大相模、習志野が登場する大会初日の見所・注目選手リスト【大会展望・総括コラム】
第237回 10年間で11名全員がプロ入り 侍ジャパン大学代表の4番たち【ドラフト特集コラム】
第235回 高校生ナンバーワンスラッガー・石川を筆頭に今年の内野手は粒揃い!【厳選15内野手リスト】【ドラフト特集コラム】
第232回 今年のドラフトでマークすべき高校生投手たち!【厳選13投手リスト・前編】【ドラフト特集コラム】
第1057回 高校時代は藤平・石川に隠れる存在だった北山比呂(日本体育大学)はいかにしてプロ注目右腕になったのか? 【2019年インタビュー】
第1055回 最速151キロサイド・伊勢大夢(明治大)が最終学年に覚醒した意識の変化 【2019年インタビュー】
第1041回 遠藤成(東海大相模)の逆転打を生んだ「打撃フォームの修正」 試行錯誤はまだ続く 【2019年インタビュー】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第996回 「もう一度甲子園に」偉大な先輩の背中を見て学んできた韮澤雄也(花咲徳栄)【前編】 【2019年インタビュー】
楠本 泰史(花咲徳栄) 【選手名鑑】
相模向陽館・横浜旭陵 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
前橋育英 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】
横浜緑園・横浜明朋 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー