第773回 近江の4番から日本の4番へ!北村恵吾(近江)が語る今夏の活躍と今後のビジョン2018年10月14日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]センバツ、夏へ向けて取り組んだこと
[2]甲子園へ出場し更なる成長へ

甲子園へ出場し更なる成長へ


国体での北村恵吾

 ――夏の甲子園では初戦で智辯和歌山と当たりましたが、組み合わせが決まった時はどう思いましたか?

北村: 初めは嫌な部分もありましたが、中尾(雄斗)が選手宣誓を引いてくれた時にはもうやるしかないと思いましたし、近江に流れが来ていると思いました。

 ――智辯和歌山戦では本塁打を2本打ちましたが、振り返ってみてどうでしたか?

北村: 僕自身ビックリしていますし、甲子園だから打てたのかなと思います。1本目は完璧だったと思います。同点にできたので、0対0からの気持ちで粘り強く戦っていこうと気持ちが引き締まったのがよかったのかなと思います。2本目は打った瞬間に行ったなという感じでした。最終回で2点差は怖い部分があって、何としても追加点が欲しかったのであれはよかったと思います。あの打席は何も考えないで無心で打席に入っていました。

 ――3回戦の常葉大菊川戦では4打席連続タイムリーと大活躍でしたが、あの試合はどうでしたか?

北村: 自分の理想像とするバッティングができたのかなと思います。スコアリングポジション、特にツーアウトで回ってきた時に打点を挙げるのが4番の理想像なので先制、中押し、ダメ押しを自分でできたのは本当によかったと思います。

 ――甲子園では右方向への長打が多かったですが、打席や普段の練習で意識していることはありますか?

北村: 詰まるのを怖がらずにセカンドの頭の上を意識して打席に入っています。ヘッドを遅らせてバットを内から出すように練習からセンターから右に打つことを意識していたので、その成果が最後に出たと思います。

 ――準々決勝では金足農の吉田輝星投手と対戦しましたが、どんな投手でしたか?

北村: ストレートも変化球もコントロールもよくて、あれが本当に一流でプロで活躍する投手なのかなと思いました。自分も調子がよかったのに打てなかったので、実力がまだまだだということがわかりました。

 ――負けた後に甲子園の土を持って帰らなかったように見えたのですが、それには理由があるのですか?

北村: 将来はプロ野球選手になって甲子園の土を踏みたいという思いがあったので、これで持って帰るのは違うなと思い、持って帰らなかったです。

 ――甲子園が終わってからはどんなことに取り組んでいますか?

北村: バットが木に変わり、余計にバットを内から出してヘッドを遅らせないと遠くに飛ばないので、確実に心に当てられるミート力と遠くに飛ばせる筋力を伸ばしていきたいです。まだ自分には体のキレがなく、一流の投手のストレートにはまだ対応できないと思っているので、ダッシュ系のトレーニングをして体のキレを出すようにしたいと思っています。

 ――将来はどんな選手になりたいですか?

北村: 日本を代表する選手になりたいですし、4番にこだわりを持っているので日本代表の4番になれるように頑張りたいと思います。

文=馬場 遼

注目記事
プロ野球2018ドラフト特設サイト

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

辰巳涼介
北村 恵吾(きたむら・けいご)
  • ポジション:三塁手
  • 身長:182センチ83キロ
  • タイプ:右投右打
  • 近江
【関連記事】
第1133回 「プロは目指していなかった」146キロ右腕・小辻鷹仁(瀬田工)はどのようにしてプロ注目となったのか 【2020年インタビュー】
第1131回 捕手兼投手として、創部4年目のチームを近畿大会に導いた大黒柱・景山透唯(立命館守山)【前編】 【2020年インタビュー】
第30回 「元メジャーリーガー」のポリシーを受け継ぎ 草津リトルシニア(滋賀)が有望株を続々と輩出し続けられる理由【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第1124回 最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)【前編】 【2020年インタビュー】
第256回 2020年に注目したい高校生野手カルテット 来田涼斗(明石商)、西川僚祐(東海大相模)、井上朋也(花咲徳栄)、土田龍空(近江)に要注目!【ドラフト特集コラム】
第2回 全国制覇もドラフトも持っていく勢い!2020年の近畿地区の高校野球を占う【近畿地区の高校野球】
第4回 滋賀の高校野球2019を漢字1文字で例えて振り返る!【滋賀の高校野球】
第988回 【秋季滋賀県大会】県全体のレベルアップの必要性を感じながらも、見どころの多かった秋【大会展望・総括コラム】
第991回 周りの人に恵まれた天才型ショート・土田龍空(近江) 誰にも負けない活躍を見せる!【後編】 【2019年インタビュー】
第987回 土田龍空(近江)「誰もが絶賛する遊撃守備はいかにして形付けられたのか?」【前編】 【2019年インタビュー】
近江vs日大三【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
近江vs高知商【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
近江vs前橋育英【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
近江vs智辯和歌山【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
近江vs近江兄弟社【滋賀県 2018年夏の大会 第100回選手権滋賀大会】
北村 恵吾(近江) 【選手名鑑】
近江 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー