第720回 石橋康太(関東一)「甲子園とプロ入りを見据えて。世代屈指の捕手が始めた意識改革」2018年06月28日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]華々しいデビューを飾った1年夏
[2]飛躍につながったライバル・野村大樹への想い
[3]すべての行動は甲子園にいくために

 今年の高校野球を代表する大型捕手・石橋 康太選手。身長180cm体重83kgの立派な体格から高校通算52本塁打(※6月14日時点)を放ち、。1年夏に甲子園を経験し、現在は打線の中軸を担う一方で、守備の要であるキャッチャーも任されている石橋選手にこれまでの歩みと夏に懸ける思いをうかがった。

華々しいデビューを飾った1年夏


石橋康太(関東一)

 中学時代は藤平 尚真(東北楽天)や郡司 裕也(慶応大)を輩出した千葉市シニアに所属していた石橋選手は東東京の名門・関東一に進学した。

「寮があって野球に打ち込める環境で練習に励みたかったんです」と関東一に進学した理由を話す石橋選手。「1年夏から試合に出場する」という目標を掲げて入部したというが、チャンスはすぐに巡ってきた。

「4月の終わり頃、練習で1ヶ所バッティングをしていた時にキャッチャーの数が足りなくなってマスクをかぶることになったんですが、そのままの流れで1打席だけ立たせてもらえたんです。そこでは結果が出なかったのですが、積極性を持って自分のベストのスイングができたこともあって、その後の練習試合から使ってもらえるようになったんです」。

 米澤 貴光監督も「石橋はパンチ力があった」と当時から評価していたこともあり、夏の東東京大会では5番・ファーストとしてスタメン出場。1年夏から公式戦に出るという高校で最初の目標をクリアすると、甲子園でもドラフト1位で日本ハムに入団した広島新庄堀 瑞輝投手から先制打を含む2安打を放つ活躍を見せた。
「甲子園ではそのオーラに飲み込まれそうになりましたが、先輩方がいつも通りの雰囲気を作ってくれました。そのおかげで自分も普段通りのプレーをすることができたと思います」

 もちろん、すべてが順風満帆だったわけではない。12月には左ヒザ半月板の損傷により手術。復帰までに5ヶ月ほどの長期離脱を強いられることになったが、それでも「ケガをしている今しかできないことがある」と気持ちを切り替えた。「それまでできていなかった基礎トレーニングをしっかりとやって体幹も鍛えましたし、キャッチャーとして配球を学びました」。

【次のページ】 飛躍につながったライバル・野村大樹への想い

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

石橋康太
石橋康太(いしばし・こうた)
  • ポジション:捕手
  • 身長:180センチ83キロ
  • タイプ:右投右打
  • 関東一
【関連記事】
第768回 経験者が残る日大三、二松学舎大附ともに秋は実力校と対戦!都大会出場を巡り各ブロックで好カードが満載!【大会展望・総括コラム】
第754回 西では日大三、東では二松学舎大付が制した東西東京大会を総括!【大会展望・総括コラム】
第171回 ミレニアム世代のトッププロスペクト vol.20 「野村大樹」【ドラフト特集】
第172回 ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.19「石橋康太」【ドラフト特集】
第737回 8強出揃う!いよいよ大詰めを迎える東東京大会の展望を占う【大会展望・総括コラム】
関東一vs日大豊山【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権東東京大会】
第723回 斎藤 未来也(関東一)力強さとスピードを兼ね備えた理想のトップバッターを目指して 【2018年インタビュー】
第674回 試行錯誤を続ける大型捕手・石橋康太(関東一) 我慢の時を経て大爆発を 【2018年インタビュー】
第582回 石橋康太(関東一)「世代を代表する強肩強打の捕手へ まずは足元を大事に」 【2017年インタビュー】
二松学舎大附vs関東一【東京都 2017年夏の大会 第99回選手権東東京大会】
第558回 小玉 佳吾(東海大菅生)「自分が打って、抑えて、東海大菅生の名を轟かせたい」 【2017年インタビュー】
関東一vs堀越【東京都 2017年夏の大会 第99回選手権東東京大会】
第555回 高橋晴(関東一)「エースとしての自覚、主将としての自覚」 【2017年インタビュー】
関東一vs都立足立西【東京都 2016年夏の大会 第98回選手権東東京大会】
石橋 康太(関東一) 【選手名鑑】
関東一 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー