全国各地に逸材が揃うミレニアム世代。その中で打撃技術の高さは全国トップクラスと評判を受けるのが濱田 太貴明豊)だ。前回のインタビューでは濱田が語る『理詰めの打撃理論』を紹介させていただいた。九州大会初戦・聖心ウルスラ戦でプロ注目の戸郷 翔征から5打数2安打の活躍を見せ、準決勝の東筑戦でも高校通算37本塁打を放った濱田。今回は一打席一打席を振り返っていただき、そして今後、濱田が目指す打撃像を語っていただいた。

(取材日 4月22日 聖心ウルスラ戦 試合後の取材より)

好投手・戸郷を打った初戦の活躍を振り返る

―― 対戦した聖心ウルスラの戸郷(翔征)投手が濱田投手との対戦は楽しかったと語っていました。

濱田 僕も楽しかったですね。打ったことはもちろんですけど、最後の打席が三振だったんですけど、力いっぱいの勝負ができて楽しかったです。

―― 第1打席はスライダーを打って右前安打を打ちました。あれは狙っていたのですか??

濱田 いやストレートを待っていました。スライダーは外へ逃げる球種でどちらかというと合わせやすい球種なんです。

―― それはすごいですね。第2打席は初球を打ってライトフライでした。

濱田 第1打席にヒットが打ててよい感じでしたので、次の打者につなげればと思って打席に入りました。あれはこすってしまって、しっかりと捉えられたら、ホームランだったかもしれません。

―― 第3打席は投手ゴロ。戸郷君によると全球・スプリットを投げたそうです。

濱田 スプリットは低めに決まって見えにくくてよいボールでしたね。まっすぐとスライダーしかないと聞いていて、落ちる球は意識していませんでした。

―― 第5打席は空振り三振。フルスイングしたように見えました。

濱田 あれは短く持ってライナー性の打球を心掛けていたのですが、オーバースイング気味になっていたのは反省ですね。

―― 打撃面では昨年と比べると変化は出たのでしょうか?

濱田 変化球を打てるようになって、以前よりも打てる確率は上がったと思います。今年は相手投手に「投げる球がない」と思わせるような打者になりたいので。

―― 戸郷君はそう語っていましたよ。

濱田 本当ですか?それはうれしいです。全員にそう言うイメージを持たせたいです。

―― 変化球を打つためにどんなことを意識してバッティングをしているのか?また練習法も教えてもらえばと思います。

濱田 体が開かないこと。次にセンター方向を意識すること。そしてヘッドを打つ方向に返す。例えばライト方向だったらライト方向にヘッドを返し、レフト方向だったらヘッドを返す意識でやっています。投手に変化球を投げてもらったり、マシンを変化球で設定してもらったりしています。

―― ちなみに打順にこだわりはありますか?現在は3番打者を打っていますけど。

濱田一番好きな打順は1番です。なぜならば一番打席回ってきますし、実際に昨秋の練習試合では、先頭打者本塁打を放って4打数4安打を打ちましたね。これからもしっかりと打っていきたいです。