目次

[1]生きるべき道を教えてくれた前エース・稲垣の存在
[2]勝つためにあらゆることに備えたい

 今からちょうど2年前。ある男の進路に、新潟県の、いや全国の高校野球関係者が注目した。鈴木 裕太、中学3年生。新潟シニアで名を馳せた県内屈指の本格右腕。140km/hを超えるその伸びやかなストレートに多くの関係者が魅せられ、全国の名だたる強豪校から声が掛かった。そんな鈴木が選んだ進路は、日本文理。地元・新潟から、甲子園優勝をもくろむ超高校級右腕が描いた、これまでの“成長曲線”と、これから描く全国制覇への”ロードマップ”とは?

 後編では、高校入学から現在までの経緯を振り返り、成長のために取り組んだこと。そして夏活躍するために課題にしていることを語っていただきました。

鈴木裕太(日本文理)『信越の剛腕』誕生の瞬間 【前編】からよむ

生きるべき道を教えてくれた前エース・稲垣の存在


鈴木裕太投手(日本文理)

「中学の頃は、真っすぐだけで抑えられたんです。困ったらストレートでどんどん押して力勝負をする感じだったんですけど、高校では自分よりも速い球を投げる人もいる。(特に強豪校は)設備も整っているから速い球に対する対応もできる。球が速いだけじゃ勝てないと思いました」
スタートこそ順調だったものの、その後春から夏に向けて調子を落とし、夏の大会はベンチ入りを逃してしまう。

 「野球人生の中で一番キツかったですね。1年生でベンチ入りさせてもらっていたので、やらなきゃいけないというプレッシャーもあるんだけど、自分のイメージした通りに投げられない。自分で直そうとして工夫するんだけど、ケガも重なって悪循環でした」
そんな悪循環を脱したのは、自らの不断の努力とコーチやチームメイトの支え。特に昨夏のチームのエースだった1学年上の稲垣 豪人(3年)の存在は、鈴木にとって大きかったようで、「これまで経験してきた中で一番印象に残っている試合」にも、自分が投げた試合ではなく、稲垣が投げた試合を挙げるほどだ。

「稲垣さんは『ケガをしない体作り』ということを常に意識されていて、インナーマッスルを鍛えるチューブトレーニングをやっていて。やり方を教えてもらったり。変化球の投げ方や、リリースの感覚とかもアドバイスもらったり。本当にお世話になりました。『一番印象に残っている試合』を挙げるとしても、昨夏の甲子園の仙台育英戦ですね。あの試合の稲垣さんのピッチング(八回1失点完投も負け投手)が本当にすごかった。普段から稲垣さんには、『ピッチャーは球が速いだけがいいわけじゃない』ということを言われていたんですけど、どうしても球速を求めてしまう部分があって。でもそれを間近で教えてもらいました。だから秋はコントロール重視でいこうと思ってフォーム改造する決断するに至った試合になりました」

稲垣はMAX140km/hを超えるスピードを持ちながら、130km/h台前半~中盤の直球と多彩な変化球を低めに丁寧に集めるピッチングが信条。最小得点差で敗れたものの、その前の試合先発しながら三回途中でマウンドを譲った鈴木とは異なる持ち味は十分に発揮したマウンドだった。その稲垣から学んだことを実践するために、自分たちの代のチームになって最初に取り組んだことがフォーム改造だった。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。