目次

[1]一番きつかったのは朝5時起床
[2]二度目の区間賞はランナーズハイになっていた
[3]長距離走は同じペースで走り続けることが必要

 高校野球ドットコム特別企画として、今、中高生に注目を浴びているこの二人をお呼びしました。今回対談していただくのは、強豪・青山学院大陸上部に所属し、2度の区間賞を受賞した経験を持ち、現在は市民ランナーとして活動する高橋 宗司さん。そして、野球ユーチューバ―として活動するクーニンさんの対談が実現。クーニンさんが設立したqooninTVは、現在ではチャンネル登録者数18万人を超えているほどの人気チャンネルとなっています。そこに高校野球ドットコム編集部副編集長の河嶋 宗一が参戦。3人の間でディーブなトークが繰り広げられました。

 1回目は2人の対談のきっかけや、高橋さんの野球の関わりについて触れました。第2回は、高橋 宗司さんに青山学院陸上部でのエピソード、長距離走の極意を聞きます。

【特別対談】
高橋宗司さん×クーニンさん×河嶋宗一(高校野球ドットコム副編集長)
VOL.1「陸上人生の始まり」から読む

一番きつかったのは朝5時起床


河嶋:前回、高橋さんの野球のかかわりを聞いてまいりましたが、ここで高橋さんの青山学院大の陸上部時代の活躍を振り返ってもらいたいと思います。やはり青山学院大陸上部の練習は過酷だったのでしょうか?

高橋:大学の陸上界では間違いなく一番きつかったですね。テレビでいろいろ取り組みが放映されましたけど、合宿中でも、普通の日でも朝5時起床なんですよ。起きたくないし、寝たくない。寝る前から「あぁ朝5時か…」と憂鬱な気分になるんです。冬になるともっと嫌でしたが、起きなきゃ坊主頭にさせられるので、寝坊する選択肢はありませんでした。

 でも朝練さえ乗り越えれば、昼寝をして、大学にもいきますし、楽しい1日が始まるんです。大学時代、一番嫌だったのは、練習ではなくて、起きることでした。これはあくまで僕の感じ方であって、練習も合宿もめっちゃきつかったです。

河嶋:青山学院大は量をかなりやるチームだったんでしょうか?

高橋:大学で量をカラーにするチームと、質をカラーにするチームがあるんですけど、青山学院大の場合、どっちも取るチームなんですよ。だから楽な日がない。

 たとえば、10のうち量9、質1のチームがあります。でも青山学院大は合わせて10をはみだして、量8、質8をとるチーム。気持ちよく終わる練習がないんです。大学の陸上部には1000メートル×10本というメニューがあり、ガンガン追い込んで走れなくなるまで追い込むのが一般的です。だけれど、青山学院大は8割。次の日は30キロ走あるんですけど、それも8割。2日連続で8割の練習をしっかりとこなして、いい練習になったねというのが青山学院大です。

 やっている方からすれば、めっちゃきついですね。

クーニン:そういう経験をすると、どんなことでも乗り越えられるんじゃないですか。

高橋:自分も現役時代、そう思っていました。でも社会人は社会人で別の大変さがあります。

 どうしてこういう練習を乗り越えられたのかと考えると、「陸上が好きだったから」だったと思います。本当にきつい練習ですけど、陸上の活動自体は本当に楽しかったですし、目標を目指す同じ仲間がいて、好きなことをこなす。だからできたんだと思います。

クーニン:それは確かに分かります。