目次

[1]ホームランを打つにはトップの位置は必然と深くなる
[2]強いパンチの打ち方は、遠くへ飛ばすことにつながる
[3]イチロー流の素振りでできた右足のマメ

 今季、4月こそ結果を残せずに5月1日にファーム落ちするも、7月8日に再昇格すると、その日の東北楽天戦で代打ホームランを架け、その後はスタメンに定着するだけでなく、終盤は4番を任され続けた埼玉西武ライオンズの山川穂高。その魅力はなんといってもフルスイングによるホームランだ。自身最多の23発はリーグ11位タイだが、1本当たりに要した打数は10.52(242打数23本)。これはキングとなったデスパイネ(福岡ソフトバンクホークス)の13.66(478打数35本)を大きく凌ぐ驚異的な数字である。「飛ばすことへのこだわりはかなり強い」という和製大砲が語る、ホームランを量産するための技術、体のつくり方、練習での意識の持ち方とは―――。

ホームランを打つにはトップの位置は必然と深くなる

山川 穂高(埼玉西武)

 バッティングフォームにおいて山川が特に重きを置いている箇所は2つある。

「ホームランを打つということだけで言うと、大事なのはトップの位置の深さですね。基本的に打球を遠くに飛ばすためには、ボールを強く叩かなくてはいけない。構えのときはグリップを持つ両手はどこに置いておいてもいいと思いますが、トップの位置が浅いとボールにバットをぶつけても伝えられる力が弱い。飛ばそうと思えばトップの位置は絶対に深くなるはずです」

 トップを深く取れば「割れ」が大きくなり、それによって捻転の力が増す。バッティングでもっとも大きなパワーを生み出すとされているのが、この力だ。しかし、トップの位置が深くなればリードする方の腕が伸びて振り始めるときのバット操作が難しくなりそうにも思うが、決してそんなことはないと首を振る。

「スイングの軌道を作る練習はいろいろありますけど、力を伝えやすいのはトップを取った後、ボールに対してグリップエンドから見せていくこと。今の高校生はグリップエンドが下を向いている子が多いですよね。そうすると俗にいう金属バット打ちになってしまう。バットの先端が体から離れていく。だから、バットが外から回りながら内側に切ってしまう。でも、グリップエンドから見せていくとバットは絶対に体から離れない。右肘も体に近いところについているので、最後に右手をグンッと返せるんです。それは高校のときから意識していて、毎日、鏡を見ながら身につけました。ゆっくり素振りをするときはトップの直後からすぐに見せるような感じでやっていました。今はもう意識していませんが、映像を見ればちゃんとそうなっています。どのコースに対しても同じですし、そんなに難しい動きではないと思いますよ」

 山川が広角にホームランを打てている理由の1つも、そこにある。また、バットの出し方さえ、きちんとできていればスイング軌道に固執しすぎる必要はないという。
「基本はレベルスイングだとは思います。素振りをするときもそう。でも、試合になるとダウンスイングもアッパースイングも使う。インコースの球に対して左腕を抜くように使ったり、左手で引っかけるように打つことだってある。1つではないんです。もちろん極端なアッパースイングやダウンスイングでは確率が悪いですが、そうでなければヘッドが寝ていようが、立っていようが構わないというのが僕の考えですね」

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。