清宮 幸太郎の場外に消える2ランで拍手喝采の八代県営球場。しかしそのファンたちは清宮に2三振を奪った男に歓喜した。その名は正成 智。今年の八代の大黒柱である。183センチ79キロという恵まれた体格は、グラウンドに立つと一層引き立つ。その正成。高校で投手を始めてから半年も満たない投手であり、公式戦の登板はこれが2試合目だった。

サイドスロー転向が転機に

 昨夏は正捕手として活躍した正成は今年の冬頃から投手も兼任するようになった。その理由について清崎剛監督が明かしてくれた。
「夏から投げ続けてきた緒方空澄だけでは勝ちきれないですし、もう1人投手が必要でした。それを考えた時、うちの選手の中で、最もポテンシャルが高く、野球勘の良さがある正成が良いと思いました。正成は他の選手では気づけないことを気付ける。そういう野球センスの高さを信じようと思いました」

 中学時代以来の投手を務めることとなった正成。「高校では投手をやることはないだろうと思っていたのですが、まさか自分がやることになるとは...」と転向を言い渡された当時を振り返る。だが、オーバースローではコントロールが全くままならず、5月1日のRKK杯の秀岳館戦では初めて公式戦登板を果たしたが、打ち込まれて5回コールド負けを喫している。試合後、清崎監督は、「コントロール良く投げられるように、腕の振り、投げる位置をかえてみたらどうだ?」とアドバイスをもらった。

 それが清宮2三振を奪う男の始まりとなった。
「コントロールしやすい腕の振りの軌道を模索したら、サイドスローだったんです」
正成は5月5日の練習試合でサイドスローで試し、そしてほぼぶっつけ本番で、早稲田実業戦に臨んだ。試合は頼みのエース・緒方が打ち込まれる結果となり、2回終わって10対2に。3回表からマウンドに登った正成。これが公式戦2試合目の登板となった。

 そしていきなり見せ場が訪れる。一死から清宮と対決を迎えた。清宮の印象について、「どこ投げても打たれる気がしかしなかった」と恐れる正成。だが、「自分のボールを思いきり投げることだけ考えた」と語るように、清宮に対しての正成は素晴らしいピッチングだった。普段は130キロ前半ぐらいなのだが、清宮に対して、ストレートは130キロ後半を計測し、球速を上げていく。最後は140キロのストレートで三振を奪い、観客を驚かせる。そして第4打席でも133キロのストレートで三振を奪った正成。清宮は「練習試合でもこれほど勢いあるボールを投げる投手はいなかったので、久々に速く感じました」と怪物も認める速球を投げ込んだ。

 この試合のピッチングは熊本の高校野球ファンに、投手・正成を大きく印象付けたことだろう。

 だが、正成は5回7失点と全国レベルの早稲田実業打線に洗礼を浴びる結果となった。
「悔しい結果で終わりましたけど、だけど夏前に良い経験ができたと思います」と振り返った。清崎監督も、「140キロも出て、ポテンシャルも高いことが分かりました。しかし今の変化球レベル、コントロールレベルでは、強豪校には通用しないですよね。良い課題が見つかったと思います」とコメント。

 夏へ向けて正成は「夏、甲子園出場を絶対したいので、投手の練習をもっと多くしていきたいと思います」とさらなるレベルアップを誓った。

 投手と捕手はどっちが良いという質問に対し、「やっぱり捕手です」と答えた正成。

 だが、今日の投球は投手として多大な可能性を感じさせるものだった。春ではあと一歩で九州大会出場を逃した悔しさをばねに、今度は甲子園に導く活躍を投打で魅せていく。

(文=河嶋 宗一

このページのトップへ