印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第212回 福岡ソフトバンクホークス 松田 宣浩選手(岐阜・中京高出身)2014年10月02日

【目次】
[1]「100%振る」から「ミート」を入れ、作り上げた松田流フルスイング
[2]全力プレーすることで必要な筋力を付けていく
[3]効率的・効果的な休養の取り方 / あの感動をもう一度

 岐阜・中京高時代は高校通算60本塁打。亜細亜大でもリーグ通算15本塁打を積み重ねた松田 宣浩。2006年の福岡ソフトバンクホークス入団後も、豪快なフルスイングと50メートル走6秒1の快速で、ヤフオクドームの大観衆を沸かせてきた。

 しかし、その「豪快さ」を支える彼の「緻密さ」については今まであまり語られていない。昨年はWBC日本代表も経験。脂の乗り切った31歳が、高校野球にも活かせるグラウンド内外での「緻密さ」の作り方について語ってくれた。

「100%振る」から「ミート」を入れ、作り上げた松田流フルスイング

福岡ソフトバンクホークス 松田 宣浩選手

――まず、松田選手といえば「フルスイング」が印象的ですが、自分で長打力を出すために中京高校時代はどんな練習をしていたのですか?

松田 宣浩選手(以下「松田」) 高校時代は形どうこうよりも、フリーバッティングで遠くに飛ばすことだけを考えてバットを振っていました。

――まず「振っていく」ことに取り組んだわけですね?

松田 そうです。1球1球を無駄にせずに振っていました。そこから大学、プロと進むにつれて、より正確性を求められていると感じるようになっていきました。でも、高校時代は「まずバッターとして遠くに飛ばしたい」。そのことをずっとやっていました。

――ということは高校時代については「量」を重要視したと。

松田 はい。量も振りましたし、練習もよくしていたイメージがあります。

――そんな3年間を経て、大学は練習量の多さでは定評のある亜細亜大学に進むわけですが、そこで気付いたこととは具体的にどんなことですか?

松田 「対応力」です。高校から1つ上に来て、相手投手のストレートやスライダーなどの変化球は当然、高校時代に対戦した投手と比べて精度も上がる。キレもある。ストライクコース・ボールコースの出し入れもしてくる。そこに対応するために、少しフォームがシンプルになってきました。

――「シンプル」を、もう少し噛み砕いて頂くと、どんなイメージになるのでしょう?

松田 高校時代は来たボールに対して100%の力でスイングをしていました。それが大学に入ると「力を抜いて打つ」。技術的に言うと振り幅を小さくしたりしたんです。
100%の力で振るとバットにボールが当たった時は飛んでいくんですが、当たらない確率も大きくなる。そこを80%で振って、残りの20%をミートに徹していく。そんな感覚に少しずつ変わってきました。ちなみにプロに入った今は「60%で振って40%でミートする」感覚で、前さばきで打ち返すようになっています。

――そうなると、構え方も変わってきますよね?

松田 (バットを手に実演しながら)高校時代はバットのヘッドを入れて、先も立てている感じ。後ろを大きくして遠くへ飛ばそうと思っていました。ただ、プロではその構えや振り方だと投手の変化球に対応できない。だからヘッドを倒してシンプルに打つことを心がけています。

――その振り方だと、ツーシームやカットボールといった手元で変化するボールにも対応できるわけですね?

松田 高校時代の構えではそういったボールは打てません。高校時代に対戦する投手は真っ直ぐとカーブが基本。ましてや金属バットなので大きな構えでも打てましたが、それではプロの世界では通用しませんね。

このページのトップへ

【次のページ】 全力プレーすることで必要な筋力を付けていく

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

菊池 雄星
松田宣浩(まつだ・のぶひろ)
  • 内野手
  • 1983年5月17日 滋賀県草津市出身
  • 31歳
  • 180センチ89キロ
  • 右投右打
  • 血液型:B型
  • 中京高校(岐阜)・亜細亜大を経て2005年希望入団枠で福岡ソフトバンクホークスに入団。2006年開幕戦では、三塁手でルーキースタメン出場を果たす。2013年までの8年間で3001打数801安打108本塁打427打点、打率.273。通算盗塁数89が示すように脚力にも優れ、2011と2013年には三塁手部門でゴールデングラブ賞も受賞した。昨年WBC日本代表。
【関連記事】
第154回 1日でも長く活躍して欲しい。松田宣浩(中京出身)へ送った恩師のメッセージ【恩師が語るヒーローの高校時代】
第153回 高校生・松田宣浩(岐阜・中京出身)は熱男ではなかった?!恩師が語った意外な一面【恩師が語るヒーローの高校時代】
第152回 見た瞬間にプロになることを確信した。恩師が語る松田宣浩(岐阜・中京出身)の高校時代【恩師が語るヒーローの高校時代】
第267回 驚異的な勝負強さに加え、スター性溢れる大型遊撃手・元謙太(中京)を徹底分析【ドラフト特集コラム】
第13回 一度は諦めた野球。母の支えと恩師の激励で掴んだ夏の聖地 近田怜王さん(報徳学園出身)vol.3【甲子園のヒーローに会いに行く】
第1116回 剛速球右腕・甲斐野央(福岡ソフトバンク)が振り返った激闘の1年目。2年目の目標達成のために掲げた3つの課題 【2020年インタビュー】
第1065回 BCリーグ期待の大型外野手!走攻守揃った加藤壮太(中京-武蔵ヒートベアーズ) 【2019年インタビュー】
第986回 成長を刻み続ける四国の「TAIKI」石上 泰輝・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
第983回 豪快かつ緻密な「二刀流」!村田 龍哉投手兼三塁手・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
第909回 スパイクは「自分の身体を正しい方向に導くツール」 千賀滉大(福岡ソフトバンクホークス)【後編】 【2019年インタビュー】
中京 【高校別データ】
中京 【高校別データ】
中京学院大中京 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー