第149回 恩師が語る東海大相模・西川僚佑。「とにかく飛ばす力選手で、練習も真面目に取り組んでいた」2020年10月20日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

西川僚佑(東海大相模)

 10月12日に日本高等学校野球連盟はプロ野球志望届の提出を締め切り、今年は高校生だけで216名選手が指名を待つことになる。

 神奈川の名門・東海大相模からは、西川 僚祐選手、鵜沼 魁斗選手、山村 崇嘉選手の3名がプロ志望届を提出し、特に西川選手は高校通算55本塁打の大きな大砲として注目を浴びている。

 そんな西川選手は千葉県の強豪・佐倉シニアの出身で、同じくプロ志望届を提出している度会隆輝選手(横浜)らと共に活躍。3年時に出場したジャイアンツカップでは、優勝を大きく引き寄せるライトポール際へのホームランを放ち、関係者の度肝を抜いた。

 恩師である佐倉シニアの松井進監督は「中学時代から飛ばす力は凄かった」と語り、またジャイアンツカップ優勝をたぐり寄せた本塁打についても懐かしげに振り返る。

 「西川は決して打率を残すタイプではありませんでしたが、当たればとにかく飛んでいくというバッターでした。ジャイアンツカップの決勝では、彼があの場面で(本塁打を)打ってくれて勝てことができましたね」

 また性格面でも、非常に頼もしい選手であった。
西川選手は中学時代は主将を務めており、気持ちが強く、練習も真面目に黙々と取り組むタイプ。他の選手の手本となる存在で、松井監督も信頼を寄せていたことを振り返る。

「性格は決して弱い子ではないし、練習も非常に真面目によくやっていました。キャプテンも任していましたし、何事も一生懸命取り組むいい選手でしたね」

 10月26日はドラフト指名を待つことになるが、今後も飛ばす力を活かして「大砲」として活躍して欲しいとエールを送る。
佐倉シニアと言えば、現在は田宮 裕涼選手(日本ハム)、金久保 優斗(ヤクルト)、津留崎 大成(楽天)、重信慎之介(巨人)と4名のOBがNPBで奮闘中で西川選手にも大きな期待が懸かる。

 同じくプロ志望届を提出している横浜高の度会 隆輝選手と共に、偉大なOBの選手たちに続くことが出来るか注目だ。

(記事=栗崎 祐太朗)



関連記事
【ドラフトニュース】立正大・倉田 希など7名が提出し、133名に!
上武大のスラッガー・古川裕大(久留米商出身)がリーグ戦通算12号となる3ラン!攻守でアピール!
ドラフト候補右腕・平内龍太が5回を3安打1失点の好投!亜細亜大が駒澤大に逆転勝ち!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
東海大甲府vs東海大相模【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
第3回 【12球団ドラフト指名予想】独自路線を貫くDeNAの上位指名には高卒選手が必須?【プロ12球団ドラフト分析2020】
東海大相模vs鎌倉学園【神奈川県 2020年秋の大会 神奈川県秋季大会】
東海大相模vs横浜【神奈川県 2020年秋の大会 神奈川県秋季大会】
東海大相模vs相洋【神奈川県 2020年夏の大会 令和2年度神奈川高等学校野球大会】
東海大相模vs三浦学苑【神奈川県 2020年夏の大会 令和2年度神奈川高等学校野球大会】
第134回 執念、チーム力、甘さ。東海大相模が大阪桐蔭との一戦で学んだこと【高校野球コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第253回 2003年世代の野手は吉野創士(昌平)を筆頭に名門校だけではなく、新鋭校にも注目スラッガーが登場!【前編】【ドラフト特集コラム】
第252回 2003年世代は投手豊作年!?森木大智、笹倉世凪、松浦慶斗など豪腕揃い【前編】【ドラフト特集コラム】
第1142回 目標は菊池雄星。東海大相模に進学の南琉人(湖東リトルシニア)が思い描く本格派への道【後編】 【2020年インタビュー】
第1142回 関西地区を代表する左腕・南琉人(湖東リトルシニア) シニア日本代表に選出までの成長ストーリー【前編】 【2020年インタビュー】
第1129回 高校通算40発の福岡屈指のスラッガー・久木田和志(小倉工) 後ろを振り返らず「日本一のスラッガー」へ 【2020年インタビュー】
第1055回 最速151キロサイド・伊勢大夢(明治大)が最終学年に覚醒した意識の変化 【2019年インタビュー】
第1041回 遠藤成(東海大相模)の逆転打を生んだ「打撃フォームの修正」 試行錯誤はまだ続く 【2019年インタビュー】
東海大相模 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム