目次

[1]セ・リーグこそ必要としている強打の捕手
[2] 森友哉、会沢翼に続く新世代の「強打の捕手」

 20日、ソフトバンクやMLBのマリナーズなどで活躍した城島健司氏が、15年ぶりに古巣の福岡ソフトバンクホークスに復帰し、新設される球団会長付特別アドバイザーに就任することが発表された。城島氏と言えば、強肩を活かした捕手としての能力はもちろん、そのパワフルな打撃から「強打の捕手」の代表格として知られた選手だ。

 近年は減少傾向にある「強打の捕手」だが、今季パ・リーグMVPに輝いた森 友哉(西武)や、広島の捕手としては史上最高額の3年6億4000万円(推定)で契約を結んだ会沢 翼など、存在感を示す捕手も増えてきた。彼らに続く次世代の「強打の捕手」になりうる存在はいるのだろうか。

セ・リーグこそ必要としている強打の捕手


 90年代から2000年代にかけては城島をはじめ、古田敦也(ヤクルト)、谷繫元信(横浜・中日)、阿部慎之助(巨人)、里崎智也(ロッテ)など、多くの捕手が打撃でも活躍し、同時にそれらのチームが優勝争いを繰り広げていた。しかし近年は、彼らに並ぶような打てる捕手の存在は減ってきた。

 守備力に不安がある捕手の打力を活かすためにコンバートをしたり、そもそもドラフト上位での捕手指名が減るなど、もしかしたら現場レベルでは打てる捕手の需要そのものが、以前ほどないのかもしれない。

 特に、パ・リーグであればDH制を採用しているため、多少捕手が打てなくとも、指名打者の打力でカバーできてしまう。どちらかと言うと、DH制のないセ・リーグの方が、打てる捕手による影響が大きいと言えるだろう。その証拠に、セ・リーグ3連覇を果たした広島には会沢がいて、その前に覇権を争った巨人には阿部が、中日には谷繫がいた。

 上記の選手たちが引退してから、プロ野球界をけん引してきた阿部も、故障のため一塁手にコンバートされるなど現役の終盤は「強打の捕手」としての活躍は見せることができなかった。

 コンバートの例を見ていくと、広島の坂倉 将吾は高卒1年目からファームで99試合に出場し、リーグ2位の打率.298を記録。未来の正捕手として期待されたが、その年のドラフトで中村 奨成の獲得などもあり、今季は外野手としてのプレイも増えている。

 また、今季新人王を獲得した村上 宗隆も、九州学院時代は1年時から4番を打ち、高校通算52本塁打を放った捕手だった。プロ入り後、1学年上の古賀 優大が捕手として力をつけていたこともあり、打力を活かすために内野手にコンバート。結果として2年目の大ブレイクにつながったが、強打の捕手誕生とはならなかった。

 オリックスの頓宮 裕真も、亜細亜大時代は大学日本代表の4番を打ったスラッガーだったが、プロでは内野手登録となっている。ここに挙げたのは一部だが、アマチュア時代に打撃で知られた捕手の多くは、その打力を活かすためにコンバートすることが少なくない。では、「強打の捕手」は本当にいなくなってしまったのだろうか。