第971回 森、会沢に続く次世代「強打の捕手」は九鬼隆平に期待!2019年12月22日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]セ・リーグこそ必要としている強打の捕手
[2] 森友哉、会沢翼に続く新世代の「強打の捕手」

 20日、ソフトバンクやMLBのマリナーズなどで活躍した城島健司氏が、15年ぶりに古巣の福岡ソフトバンクホークスに復帰し、新設される球団会長付特別アドバイザーに就任することが発表された。城島氏と言えば、強肩を活かした捕手としての能力はもちろん、そのパワフルな打撃から「強打の捕手」の代表格として知られた選手だ。

 近年は減少傾向にある「強打の捕手」だが、今季パ・リーグMVPに輝いた森 友哉(西武)や、広島の捕手としては史上最高額の3年6億4000万円(推定)で契約を結んだ会沢 翼など、存在感を示す捕手も増えてきた。彼らに続く次世代の「強打の捕手」になりうる存在はいるのだろうか。

セ・リーグこそ必要としている強打の捕手



九州学院時代は捕手をしていた村上宗隆

 90年代から2000年代にかけては城島をはじめ、古田敦也(ヤクルト)、谷繫元信(横浜・中日)、阿部慎之助(巨人)、里崎智也(ロッテ)など、多くの捕手が打撃でも活躍し、同時にそれらのチームが優勝争いを繰り広げていた。しかし近年は、彼らに並ぶような打てる捕手の存在は減ってきた。

 守備力に不安がある捕手の打力を活かすためにコンバートをしたり、そもそもドラフト上位での捕手指名が減るなど、もしかしたら現場レベルでは打てる捕手の需要そのものが、以前ほどないのかもしれない。

 特に、パ・リーグであればDH制を採用しているため、多少捕手が打てなくとも、指名打者の打力でカバーできてしまう。どちらかと言うと、DH制のないセ・リーグの方が、打てる捕手による影響が大きいと言えるだろう。その証拠に、セ・リーグ3連覇を果たした広島には会沢がいて、その前に覇権を争った巨人には阿部が、中日には谷繫がいた。

 上記の選手たちが引退してから、プロ野球界をけん引してきた阿部も、故障のため一塁手にコンバートされるなど現役の終盤は「強打の捕手」としての活躍は見せることができなかった。

 コンバートの例を見ていくと、広島の坂倉 将吾は高卒1年目からファームで99試合に出場し、リーグ2位の打率.298を記録。未来の正捕手として期待されたが、その年のドラフトで中村 奨成の獲得などもあり、今季は外野手としてのプレイも増えている。

 また、今季新人王を獲得した村上 宗隆も、九州学院時代は1年時から4番を打ち、高校通算52本塁打を放った捕手だった。プロ入り後、1学年上の古賀 優大が捕手として力をつけていたこともあり、打力を活かすために内野手にコンバート。結果として2年目の大ブレイクにつながったが、強打の捕手誕生とはならなかった。

 オリックスの頓宮 裕真も、亜細亜大時代は大学日本代表の4番を打ったスラッガーだったが、プロでは内野手登録となっている。ここに挙げたのは一部だが、アマチュア時代に打撃で知られた捕手の多くは、その打力を活かすためにコンバートすることが少なくない。では、「強打の捕手」は本当にいなくなってしまったのだろうか。

【次のページ】  森友哉、会沢翼に続く新世代の「強打の捕手」

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1107回 プロ入りを目指し佐賀から鹿児島へ 鹿児島NO.1右腕・ 八方悠介(鹿児島城西)が味わった悔しさ【前編】 【2020年インタビュー】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第1091回 野球人生の分岐点は兄の直言があった。川野涼多(九州学院)が松井稼頭央二世と呼ばれるまで 【2019年インタビュー】
第12回 村上宗隆並みに本塁打を積み重ねる韓国の怪童・カン・ベッコに注目だ【世界の高校野球】
第970回 ヤクルト・村上兄が激白 「野球は大学4年春でやめるつもりでした」。友幸を思い留まらせた安藤監督の一言【高校野球コラム】
第237回 10年間で11名全員がプロ入り 侍ジャパン大学代表の4番たち【ドラフト特集コラム】
第235回 高校生ナンバーワンスラッガー・石川を筆頭に今年の内野手は粒揃い!【厳選15内野手リスト】【ドラフト特集コラム】
第1037回 「大学球界の名門・東洋大4番バッターが語る、バッティング理論」佐藤都志也(東洋大学)【前編】 【2019年インタビュー】
第1040回 理論派のアスリート型キャッチャー・佐藤都志也(東洋大学)。1.8秒台の猛肩のコツは「キャッチング」【後編】 【2019年インタビュー】
第713回 宜保 翔(KBC学園未来高校沖縄)強烈な個性と圧倒的努力で「やりたいことをやり切る」 【2018年インタビュー】
九州学院vsコザ【2018年 練習試合(交流試合)・春】
未来沖縄vs九州学院【2018年 練習試合(交流試合)・春】
都城東vs九州学院【2017年秋の大会 第141回九州地区高等学校野球大会】
広陵vs秀岳館【第99回全国高等学校野球選手権大会】
秀岳館vs横浜【第99回全国高等学校野球選手権大会】
九鬼 隆平(秀岳館) 【選手名鑑】
古賀 優大(龍谷) 【選手名鑑】
古賀 優大(明徳義塾) 【選手名鑑】
坂倉 将吾(日大三) 【選手名鑑】
佐藤 都志也(聖光学院) 【選手名鑑】
頓宮 裕真(岡山理大附) 【選手名鑑】
中村 奨成(広陵) 【選手名鑑】
村上 宗隆(九州学院) 【選手名鑑】
九州学院 【高校別データ】
秀岳館 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム