10月2日から来春のセンバツ出場を目指し、1次予選を勝ち抜いた64校により、秋季都大会が開催される。本大会では、夏の東西東京大会のベスト8以上のチームはシードされるが、西東京大会4強の世田谷学園、東東京大会8強の淑徳は1次予選で敗退したため、13校がシードされた。それでも1、2回戦から好カード続出で、大会序盤から激しい戦いが予想される。9月27日に決まった組み合わせから、大会を展望する。

創価・杉江VS八王子・星野 いきなり注目の好投手対決


 最大の激戦区は、創価日大三がシードされたブロックだ。中でも創価八王子は1回戦屈指の好カードだ。創価杉江 敏希八王子星野 翔太は、ともに東京を代表する好投手。制球力が良く、投球の巧さが光る杉江と、力強い投球をする星野の対戦は、見応え十分である。

 この試合の勝者は、ともに甲子園経験のある国士舘拓大一の勝者と対戦する。国士舘は夏からメンバーが大幅に入れ替わったが、永田昌弘監督は、秋季大会の戦いに長けているだけに、この試合も注目の試合になる。

 この試合の勝者は、日大三がシードされたブロックの勝者と準々決勝進出をかけて対戦する。日大三は、富塚 隼介、浅倉 大聖の3、4番を中心に、「強打の三高」の復活が期待される。対抗馬は夏のメンバーの大半が残った駿台学園か?

 それでも日大三が最有力であることは間違いないが、3回戦も優勝争いを左右する好カードだ。日大三創価なら、夏の準々決勝の再戦になる。夏は息詰まる投手戦の末3対0で日大三が勝っている。今度対戦すれば、創価・杉江の投手力と、日大三の打力との対決になる。八王子もしくは国士舘との対戦になっても、好勝負が期待される。

 この激戦区を勝ち抜いたら、準々決勝で待ち構えているであろうチームが、東海大菅生だ。やはり東京を代表する好投手で、夏の甲子園ではベンチ外になった鈴木 泰成の復調具合が気になるが、福原 聖矢小池 祐吏小山 凌暉ら中心メンバーの多くが残った。この夏の甲子園で、無念の雨天コールド負けになった前の代、西東京大会に続き東西決戦も制しながら甲子園に行けなかったその前の代と、2代分の思いを受けて戦う東海大菅生は、優勝候補の筆頭だ。

 東海大菅生のブロックでは、伝統校の堀越と、好投手の朝岡 涼太を擁する元祖都立の星である都立東大和の対戦も好カードだ。ただこのブロックでは、東海大菅生が抜き出ている。そして準々決勝の相手として、どこが勝ち上がっても、高いレベルの戦いが予想される。