目次

[1]夏以降に力を付けた2校
[2]巻き返しを図る実力校たち

秋季京都府大会
日程詳細・応援メッセージ
レポート一覧

夏以降に力を付けた2校


 今年の甲子園に出場した龍谷大平安福知山成美立命館宇治など、有力校が多く揃う京都府。今年の秋季大会も混戦が予想されたが、京都翔英が投打に力を発揮して優勝を飾った。

 京都翔英は夏からのレギュラーで残っていたのは捕手の森岡 大輔(2年)のみ。経験値の低さが不安視されていたが、夏の間に力を付けてきた。特に投手陣は安谷 涼(2年)植田 碧流(2年)、大越颯太(2年)、三尾 倖平(2年)、池島 涼太(1年)と5人を揃え、継投策で勝ち上がった。近畿大会でも1勝を挙げており、春以降はライバル校からマークされる存在となるだろう。

 準優勝の東山は主将の田中陸(2年)や4番・捕手の吉田優輝(2年)を中心に打線が強力。福知山成美龍谷大平安を相手に11点ずつ奪って、立て続けに破るなど、快進撃を見せた。投手も複数揃えており、失点を計算できるようになれば、頂点が見えてくるはずだ。



京都外大西・山下 航汰

 準決勝で東山に敗れて、惜しくも近畿大会を逃した京都外大西は注目のスラッガー・山下 航汰(2年)がこの秋も躍動した。

 準々決勝の京都国際戦では決勝打を放ち、3位決定戦の西城陽戦では本塁打を記録。捕手としても機敏な動きを見せており、来年も脚光を浴びるだろう。山下以外に突出した選手はいないが、チーム全体にまとまりがあり、夏には10年ぶりの甲子園出場も狙える位置にいる。

 この秋で4位と躍進を見せたのが西城陽だ。元横浜ベイスターズの投手で、昨年度まで乙訓の部長を務めていた染田賢作監督が4月に就任。2回戦では前任校の乙訓を逆転サヨナラで下すなど、早くも手腕を発揮している。これからの京都の勢力図を塗り替えていくのは間違いないだろう。