第931回 明石商、神戸国際大附の二強を阻むのは?激戦区・兵庫は序盤から熱い!【兵庫大会展望】2019年06月26日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]明石商、神戸国際大附、須磨翔風の戦力状況
[2]最も熾烈なのは市立西宮ブロック 報徳学園、滝川第二が同ブロック!

 7月6日に開幕する兵庫大会の組み合わせが決まった。今年の兵庫大会は実力校が多く、熾烈な大会となりそうだ。

大会日程・組み合わせ
第101回全国高等学校野球選手権兵庫大会

明石商、神戸国際大附、須磨翔風の戦力状況



明石商・中森俊介

 選抜ベスト4の明石商三田学園網干の勝者と対戦。明石商中森 俊介来田 涼斗の2年生コンビ、重宮 涼水上 桂といった攻守の中心は不動だが、毎度、入れ替えが激しい明石商なので、新たな戦力が浮上しそうだ。

 兵庫のライバルは夏にかけて実力をつけており、好投手をあっさりと攻略する対応力、また中森の負担を減らすべく、宮口 大輝ら、投手陣の台頭が不可欠だ。同ブロックの第2シードは西脇工となった。西脇工は、1年秋から主戦投手として経験を積んできた山中 勇人の成長がカギとなる。

 

 県大会優勝で、近畿大会準優勝の神戸国際大附尼崎小田北須磨と公立の実力校との対決が決定。神戸国際大附は戦力層の厚さは兵庫どころか、全国でもトップレベル。最速145キロ右腕・鍵 翔太、最速143キロの大型サイド・松本 凌人、最速138キロ左腕・西井 諒の3枚は超強力。

 打線は近畿大会終了時点で高校通算48本塁打の柴野 琉生、巧打の遊撃手・松浦 隆己を中心に上位下位と切れ目ない。初戦から苦しい戦いが強いられるが、夏へ向けてコンディションを整え、臨むだけだろう。
 同ブロックの第2シードは東播工と、手強い学校が入った。



北村 聡汰(須磨翔風)

 第5ブロックに入った西宮東市立伊丹尼崎双星の勝者と対戦。茶谷哲平を中心に守り勝つチーム。夏の大会に向けてミスでの失点をなくし、どんな相手からでも5点をとる攻撃力をつけることをテーマに練習していた(関連記事)。

 姫路東篠山鳳鳴の勝者と対戦。の最速148キロ右腕・藤本 竜輝は故障のため春は野手での出場が中心となったが、その分、他の投手を育成することができた。夏場では万全の調子を整え、頂点を勝ち取りたい。

 準優勝の須磨翔風長田村岡の勝者と対戦。須磨翔風のエース・北村 聡汰は今年の地区予選で神戸国際大附、県大会では明石商相手に完投勝利を挙げた好右腕。ストレートの球速は130キロ中盤ながら、大きく落ちるチェンジアップを巧みに使い、打たせて取る投球を見せる。夏も投球術の巧さで勝ち上がることができるか。またリードする堂本 武蔵も強肩巧打の捕手として見逃せない存在だ。

【次のページ】 最も熾烈なのは市立西宮ブロック 報徳学園、滝川第二が同ブロック!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第14回 甲子園のヒーローは指導者の道へ。近田怜王さん(報徳学園出身)にとって高校野球とは人生そのものだった vol.4【甲子園のヒーローに会いに行く】
第13回 一度は諦めた野球。母の支えと恩師の激励で掴んだ夏の聖地 近田怜王さん(報徳学園出身)vol.3【甲子園のヒーローに会いに行く】
第11回 最速137キロを計測するスーパー中学生だった近田怜王さん(報徳学園出身)の野球人生の始まり vol.1【甲子園のヒーローに会いに行く】
第1037回 真の強豪を目指す報徳学園。投打ともにタレント揃いの今年のチームの課題とは【野球部訪問】
第1034回 強豪私学とも渡り合う兵庫の公立進学校。長田に宿る「文武両道」を地で行く精神【野球部訪問】
明石商vs桐生第一【2020年甲子園高校野球交流試合】
倉敷商vs仙台育英【2020年甲子園高校野球交流試合】
履正社vs星稜【2020年甲子園高校野球交流試合】
滋賀学園vs近江兄弟社【滋賀県 2020年夏の大会 令和2年度 夏季滋賀県高等学校野球大会】
履正社vs大阪桐蔭【大阪府 令和2年大阪府高等学校野球大会】
第1142回 秋に台頭した報徳学園の核弾頭・三宅雄雅 覚醒の秘訣は「ツイスト打法」の習得 【2020年インタビュー】
第1135回 三拍子揃ったプレースタイルが武器の荒木颯太(熊本泗水ボーイズ) 小園海斗を目標に春から報徳学園へ  【2020年インタビュー】
第1118回 報徳学園のエース・坂口翔颯が目指す「圧倒」する投球。スケールと制球力を高めて夏こそ聖地へ 【2020年インタビュー】
第1105回 進学志望から一転。明石商の名捕手・水上桂(東北楽天)の野球人生を変えた日本代表の経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1105回 明石商を二季連続甲子園ベスト4に導いた水上桂が名捕手になるまで【前編】 【2020年インタビュー】
明石商 【高校別データ】
網干 【高校別データ】
尼崎小田 【高校別データ】
尼崎双星 【高校別データ】
育英 【高校別データ】
市立尼崎 【高校別データ】
市立伊丹 【高校別データ】
川西北陵 【高校別データ】
香寺 【高校別データ】
神戸国際大附 【高校別データ】
篠山鳳鳴 【高校別データ】
三田学園 【高校別データ】
神港学園 【高校別データ】
須磨翔風 【高校別データ】
滝川第二 【高校別データ】
東播工 【高校別データ】
東洋大姫路 【高校別データ】
豊岡 【高校別データ】
市立西宮 【高校別データ】
長田 【高校別データ】
西宮甲山 【高校別データ】
西宮東 【高校別データ】
西宮南 【高校別データ】
西脇工 【高校別データ】
姫路東 【高校別データ】
姫路南 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】
舞子 【高校別データ】
村岡 【高校別データ】
社 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム