目次

[1]明徳義塾「万全ではない」も優勝候補最右翼
[2]高知商、正念場の初戦・2戦目

 9月15日(土)に30校26チーム(連合チームは高知海洋丸の内室戸と、清水宿毛幡多農が参加)によって開幕した「第71回秋季四国地区高等学校野球大会高知県予選」。15日(土)、16日(日)の両日で1回戦10試合が開催された大会は、9月22日(土)からシード校も登場する2回戦8試合へと突入していく。
 はたして8月の県新人戦でも4強を占めた明徳義塾高知商高知土佐を超越するものは今大会で登場するのか?1回戦も振り返りつつ「4強」「挑戦者たち」の動向を中心に展望していきたい。

明徳義塾「万全ではない」も優勝候補最右翼


 今大会のシートは県新人戦の4強である明徳義塾高知商土佐高知。9月9日(日)に組み合わせ抽選会で新人戦ベスト4の土佐高知の位置を中遠した結果、高知明徳義塾土佐高知商という新人戦と同じやまがたに入っている。

 優勝候補最右翼は新人戦優勝の明徳義塾。左腕・林田 大成(2年・175センチ65キロ・左投左打・福知山市立日新中<京都>出身)、右腕・山田 圭祐(2年・183センチ75キロ・右投右打・藤井寺ボーイズ<大阪>出身)の2本柱は、ドラフト候補の市川 悠太(3年)と対照的に共に130キロ台のストレートと、スライダーでかわすタイプ。打線も安田 陸(2年・捕手・178センチ85キロ・右投右打・明徳義塾中出身)以外はいずれも新チームからのレギュラー。明治神宮大会優勝の旧チームと比較すれば「万全ではない」ことは否定できない。

 それでも高知商との新人戦決勝では3番・鈴木 大照(1年・右翼手・170センチ65キロ・右投右打・河南リトルシニア<大阪>出身)が豪快な本塁打を放つなどチームの骨格は徐々に整いつつある。伊野商を田中 龍(2年・171センチ75キロ・右投両打・高知市立青柳中出身)が8安打完封した梼原相手の初戦は決して簡単ではないが、先輩たちも辿ってきた「試合を通じて成長する」姿勢を失わなければ、少なくとも6年連続の秋季四国大会切符獲得は固いだろう。

 対する高知は高知中では名将として鳴らした濱口 佳久監督が8月初旬に就任。「いろんな選手を試した上でメンバーを決めようと思っている」と当時、青写真を描いた通り、8月の新人戦までは投手起用含め多くの選手をテストしてきた。

 センバツで聖地を経験した左腕・森 聡希(2年・投手・171センチ85キロ・左投左打・琴平町立琴平中<香川>出身)と、平尾 暁大(2年・捕手・166センチ74キロ・右投右打・レッドバッファローズ<大阪・軟式>出身)が組むバッテリーを中心としながらも、どんな選手たちが新星として出現するのか。旧チームからの経験者も多い宿毛工や岡豊、昨秋は四国大会も経験した高知追手前は決して侮れないだけに、指揮官のタクトさばきに注目したい。