第666回 今年は好投手続出の関東大会!中村、細川、古谷、渡邉…多くの投手が持ち味を発揮!2018年05月28日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]夏へ向けて手応えを残した健大高崎と日大三
[2]それぞれの強みと課題が見えた強豪たち



左から古谷拓郎(習志野) 渡邉勇太朗(浦和学院) 中村奎太(日大三) 細川拓哉(明秀日立)

 5月19日から開幕した春季関東大会(千葉開催)健大高崎の優勝で幕が閉じた。改めて振り返ると3年生だけではなく、1年生、2年生と逸材が多かった大会だった。3学年でこれほど活躍を見せた大会も珍しい。まずは3年生で活躍を見せた選手たちを紹介したい。

ドラフト候補たちは評判通りの投球

 今大会、高校野球ドットコムで球速を計測して140キロ以上を計測した3年生投手は以下の通り。
145キロ 中村 奎太日大三
143キロ 細川 拓哉明秀学園日立
142キロ 渡邉 勇太朗浦和学院
142キロ 古谷 拓郎習志野
142キロ 草薙 柊太国士舘
142キロ 林 直樹千葉黎明
140キロ 板川 佳矢横浜
140キロ 井田 尚吾国士舘
140キロ 河村 唯人日大三

 中村は完成度の高さを誇る右の本格派右腕。昨秋と比べると140キロを出すことが多くなった。130キロ後半でも回転数が高く、次々と空振りを奪った。習志野戦ではしぶとい打線を相手に7回2失点完投(コールド勝ち)、3回までパーフェクト、7奪三振の快投を見せた。そして変化球の精度も一級品だ。125キロ前後のスライダー、130キロ前後のカットボール、125キロ前後のスプリットボールはストライクが取れて、空振りも取れる。制球力の高さ、冷静なマウンド捌きとさすが名門校のエースと呼ばれる投球であった。

 そして細川 拓哉横浜打線相手に9回一死まで無失点の好投を見せた。細川は1イニングに10球140キロを計測するスピード能力の高さを披露。多くの投手がコンパクトなテークバックで投げていたが、細川はテークバックが大きくダイナミックなフォームで投げる投手であった。常時140キロ台のストレートは威力抜群。また125キロ前後のスライダー、フォークの曲がりは鋭く、左打者相手にもひざ元をつくことができていた。

 二季連続出場を目指す今夏の茨城大会。ライバル・常総学院とは決勝戦まで当たらない。細川は関東大会の経験を糧にどんな投手へ成長するだろうか。

 渡邉 勇太朗は右ひじを痛め、春の県大会ではベンチ外だったが、関東大会の千葉黎明戦で復帰登板。4.1回を投げ、2失点、5奪三振の好投を見せ、最速は142キロを計測。1イニングに、2、3球は140キロを計測するまでに戻っていたが、まだ復活途上の様子。189センチという大型ながら、フォーム技術が高い投手なので、さらに球速・球威が増してくれば、おのずと評価が上がる投手となるだろう。

 渡邉と同じくプロのスカウトから注目を浴びていたのが古谷 拓郎だ。古谷は県大会の時と比べるとピッチングの内容が格段に良くなっていた。作新学院戦では2.2回を投げて、無失点の好リリーフ。続く日大三戦では6回途中からリリーフ。1点を失ったが、ほとんどが140キロ前後を計測。左打者の内角を攻める142キロのストレートは迫力十分で、県大会の時にはない勢いがあった。古谷は120キロ台のスライダーに加え、ストレートとほぼ同じ腕の振りで110キロ台のカーブを投げることができる。タイプ的には岸孝之(東北楽天)を彷彿とさせる投手だ。日大三戦で見せたストレートを中継ぎだけではなく、先発でも投げられるようになると評価はもっと上がりそうだ。


【次のページ】 140キロを計測したサウスポー4人衆

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
金足農vs横浜【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
下関国際vs木更津総合【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第71回 名門・横浜を率いてきた渡辺元智前監督が語るヒーローの高校時代【高校野球コラム】
二松学舎大附vs浦和学院【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
報徳学園vs愛工大名電【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
木更津総合vs興南【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第756回 【11日目見所】 ベスト16入りを決める4校は?創志学園vs下関国際など実力校同士の対決に注目【大会展望・総括コラム】
第754回 西では日大三、東では二松学舎大付が制した東西東京大会を総括!【大会展望・総括コラム】
第756回 【10日目見所】東の名門校対決 花咲徳栄vs横浜の一戦を制するのは??【大会展望・総括コラム】
第24回 山梨学院高等学校(山梨)【3年連続8回目出場】【第100回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第736回 関東最速右腕・勝又温史「試行錯誤が生んだ150キロ。夏は3年間の集大成を」【後編】 【2018年インタビュー】
第722回 2018年の都立の星・吉岡桃汰(東大和南)「ドクターKの始まり」【前編】 【2018年インタビュー】
第721回 関東最速右腕・勝又温史 「未熟さを知った2年秋」【前編】 【2018年インタビュー】
第717回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)「同じ岐阜県出身のライバルに負けたくない!」【後編】 【2018年インタビュー】
第714回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)高校通算46発の多くは逆方向「逆方向本塁打の極意」【前編】 【2018年インタビュー】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
仁志 敏久が語る
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
浦和学院 【高校別データ】
関東学園大附 【高校別データ】
木更津総合 【高校別データ】
健大高崎 【高校別データ】
国士舘 【高校別データ】
作新学院 【高校別データ】
常総学院 【高校別データ】
青藍泰斗 【高校別データ】
専大松戸 【高校別データ】
千葉黎明 【高校別データ】
東海大甲府 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
桐光学園 【高校別データ】
習志野 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
花咲徳栄 【高校別データ】
明秀学園日立 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
山梨学院 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム