第623回 第90回センバツ逸材野手【東日本編】ガイドブック2018年01月28日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

左から増田陸(明秀日立)、森下翔太(東海大相模)、上田優弥(日本航空石川)

 第90回記念選抜大会の出場36校が決まった。今年はどんな選手がいるのか?東日本、西日本と分けて紹介していきたい。これまで、東日本投手編(北海道・東北・関東・東京・東海・北信越)西日本投手編(近畿・中国・四国・九州)を紹介したが、今回は東日本(北海道・東北・関東・東京・東海・北信越)の逸材野手を紹介したい。

■東日本 注目野手リスト
舞原 陽和駒大苫小牧
矢吹 栄希聖光学院
須田 優真聖光学院
紺野 留斗花巻東
渡部 雅也日大山形
斎藤 史弥日大山形
池田 翔中央学院
増田 陸明秀学園日立
芳賀 大成明秀学園日立
森下 翔太東海大相模
小松 勇輝東海大相模)
下山 悠介慶應義塾
中尾 将慶應義塾
日置 航日大三
村松 開人静岡
成瀬 和人静岡
石川 昂弥東邦
梶田 蓮三重
上田 優弥日本航空石川
原田 竜聖日本航空石川
山瀬 慎之助星稜

 駒大苫小牧舞原 陽和は、全道大会で本塁打を放った好打者。遊撃、一塁と複数ポジションをこなし、巧みなグラブさばきでも魅せる。
 東北大会優勝の聖光学院は、強打の二塁手・矢吹 栄希、スラッガー・須田 優真と長打力がある選手が多く揃う。

 東北大会準優勝の紺野 留斗は、180センチ80キロの大型スラッガーで、チーム唯一の2本塁打を放った。強打のチーム・日大山形には、182センチ82キロの大型捕手・渡部 雅也がいる。また、昨夏の甲子園でも活躍した斎藤 史弥は、バットコントロールの高さと切り返しが鋭い二塁守備も魅力。

 関東大会優勝の中央学院は、正捕手の池田 翔に注目。一発を打つ長打力、正確なスローイングが光る好捕手だ。エース・大谷 拓海の持ち味を引き出すインサイドワークで、甲子園初出場の原動力となった。

 同じく初出場の明秀学園日立のキャプテン・増田 陸はプロ注目のショート。守備範囲の広さと強肩を兼ね備えた守備に加え、関東大会で2本塁打を放った長打力で勝負する。この増田と二遊間を組む芳賀 大成も、逆方向にも長打が打てて、守備も機敏。増田とともに評価が高い二塁手だ。

 東海大相模は2人の野手が勝利のカギを握る。高校通算44本塁打の4番・森下 翔太は、保土ヶ谷球場で場外へ本塁打を連発。さらに俊足・強肩で三拍子揃った大型外野手としても、熱い注目が集まる。そして1番・小松 勇輝は卓抜したバットコントロールを持ち味に安打を量産。さらに、積極的な走塁姿勢が魅力で、右前安打を二塁打にしてしまう好走塁も必見だ。

 関東ベスト4の慶應義塾は、1年生の時から高い打撃技術をみせてきた下山 悠介。また、小柄ながら一発を打つ長打力、俊足、堅守を持ち味にする宮尾 将の三遊間コンビは、打線の火付け役として見逃せない存在。

 大逆転で優勝を収めた日大三は主将の日置 航は、2年春の都大会で5本塁打を記録した長打力が自慢の遊撃手。ミスが少ない守備で、チームを勝利に導いてきた。選抜へ向けて攻守両面で成長した姿を見せたい。

 東海地区では2年連続の静岡は、常にライナー性の打球で安打を量産するショートストップ・村松 開人、強打の三塁手・成瀬 和人は昨年の選抜経験者。経験者として、上位進出に導く一打を見せる。2年ぶり出場の東邦は、準決勝の三重戦で逆転2ランを放った1年生・石川 昂弥に注目。185センチ81キロの大型三塁手。

 三重梶田 蓮は俊足好打のリードオフマン。バットコントロールもよく、高い出塁率でチャンスを数多く作る。

 北信越では、強打の日本航空石川の軸となるのが、高校通算24本塁打・上田 優弥。甲子園でも勝負強い打撃を発揮したい。また、新チームからセンターに転向し守備範囲の広さが自慢の原田 竜聖にも期待がかかる。

星稜の1年生捕手・山瀬 慎之助は、林監督から「私が見てきた20年の歴史の中でも肩の強さは一番。抜群です」と大絶賛するその強肩に注目だ。

 【第90回センバツ逸材野手【西日本編】も読む】

▼90回大会センバツ注目選手シリーズ
東日本投手編(北海道・東北・関東・東京・東海・北信越)
西日本投手編(近畿・中国・四国・九州)
東日本野手編(北海道・東北・関東・東京・東海・北信越)
西日本野手編(北海道・東北・関東・東京・東海・北信越)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
日本航空石川vs高岡商【2019年秋の大会 第141回北信越地区高等学校野球大会】
第235回 高校生ナンバーワンスラッガー・石川を筆頭に今年の内野手は粒揃い!【厳選15内野手リスト】【ドラフト特集コラム】
第233回 今年の高校生捕手は東妻、山瀬、水上など逸材揃い!【厳選12捕手リスト】【ドラフト特集コラム】
第1037回 「大学球界の名門・東洋大4番バッターが語る、バッティング理論」佐藤都志也(東洋大学)【前編】 【2019年インタビュー】
第1040回 理論派のアスリート型キャッチャー・佐藤都志也(東洋大学)。1.8秒台の猛肩のコツは「キャッチング」【後編】 【2019年インタビュー】
第1040回 プロで活躍する歴代のU-18代表の4番打者に続くスラッガーへ 石川昂弥(東邦)【後編】 【2019年インタビュー】
第1039回 自分たちの野球ができなかった最後の夏 石川昂弥(東邦)【前編】 【2019年インタビュー】
東海大相模vs桐光学園【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
東海大相模vs相洋【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第1055回 最速151キロサイド・伊勢大夢(明治大)が最終学年に覚醒した意識の変化 【2019年インタビュー】
第228回 将来性抜群の大型右腕・佐々木朗希(大船渡)の行き先はパ・リーグか?1位指名球団を予想!【ドラフト特集コラム】
第227回 「地元の仲間と甲子園に行きたい」から始まった大船渡・佐々木朗希の3年間【ドラフト特集コラム】
木更津総合vs中央学院【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
藤枝明誠vs加藤学園【静岡県 2019年秋の大会 秋季東海地区高校野球静岡県大会】
第228回 石川、森、韮澤…。プロ志望表明のU-18代表野手はプロで活躍できる魅力が備わっている【ドラフト特集コラム】
小山 【高校別データ】
慶應義塾 【高校別データ】
駒大苫小牧 【高校別データ】
静岡 【高校別データ】
静岡市立商 【高校別データ】
科学技術 【高校別データ】
静岡学園 【高校別データ】
静岡商 【高校別データ】
静岡一 【高校別データ】
聖光学院 【高校別データ】
星陵 【高校別データ】
中央学院 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
東邦 【高校別データ】
東邦音大二 【高校別データ】
東邦大東邦 【高校別データ】
日本航空石川 【高校別データ】
日大山形 【高校別データ】
花巻東 【高校別データ】
三重 【高校別データ】
三島 【高校別データ】
明秀学園日立 【高校別データ】
森 【高校別データ】
横須賀 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム