第564回 ベスト16入りを決める4チームは?甲子園6日目4試合の見どころをチェック!2017年08月13日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

佐藤 圭悟(三本松)

 第99回全国高等学校野球選手権大会6日目。ベスト16入りする4校はどのチームになるのか?本日の4試合の見どころを紹介していきたい。

天理vs大垣日大
天理はチーム打率3割6分、5本塁打を記録した強力打線が持ち味。キーマンは1年生の時に経験した神野 太樹。本塁打はなかったものの、打率.529、9打点と高い数字を残した。神野の前に走者をためることがカギとなる。投げては右横手・碓井 涼太、2年生左腕・坂根 佑真の投球がカギを握る。大垣日大は6試合でわずか2失策と堅実な守備で、エース・修行 恵大を盛り立てる。つなぎの野球で確実に点を重ねていきたい。

三本松 vs 下関国際
佐藤 圭悟は140キロ前後の速球、7種類の変化球を投げ分け、完成度の高いピッチングを披露する技巧派右腕。ストレートの制球に気を付け、ゲームメイクしていきたい。打線も5試合でチーム打率.387、36得点を記録した高い攻撃力を武器に、つなぎの野球で序盤から加点をしていきたい。下関国際は2年生主体のチームで、一塁手の鶴田 克樹(2年)が投打の柱。山口大会では打率.455、1本塁打、6打点を記録。投げては、140キロを超える速球を武器にする。思い切りのよい攻めで、試合を決めていきたい。

二松学舎大附vsノースアジア大明桜
二松学舎大附はチーム打率.435、6試合で56得点を奪った破壊力は大会トップクラス。エース・市川 睦も140キロを超える速球とキレのあるスライダーで三振を量産。失策もわずか2失策、さらに16盗塁と走攻守で隙がない。先制攻撃で序盤から試合の主導権を握りたい。ノースアジア大明桜はエース・山口 航輝の起用がポイント。決勝で痛めた右肩の脱臼はまだ完治していない状況を踏まえると、ベストピッチングどころか登板は厳しいだろう。そうなるとそれ以外の投手がどうしのいで、しのいで投げていくのか。また打線は秋田大会5試合中、4試合で二桁安打を記録したように、打線のレベルは高い。だが、全国屈指の左腕・市川を前に攻略できるか。山口の登板が不透明な以上、ノースアジア大明桜は打ち合いにもっていきたい。

明豊vs坂井
明豊杉園 大樹の打撃に注目。大分大会では6安打中、4本が本塁打という圧巻の長打力を見せた。甲子園でも、その長打力を発揮すれば、話題となりそうだ。チーム打率.423を記録しているように上位、下位と切れ目がない。投げては右横手の橋詰 開斗を中心に継投策で勝ち上がったチーム。初戦でも投手起用に注目が集まる。坂井は、エース・吉川 大翔のピッチングがポイント。ロースコアで勝ち上がってきたように、守備でチームをもりたてて、終盤戦に持ち込んでいきたいところだ。そのためには、エース・吉川が強打の明豊打線を抑える投球ができるかだろう。

(文・構成:河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
天理vs奈良大附【奈良県 2020年奈良県高校夏季野球大会】
第270回 200センチの二刀流・秋広優人はスラッガーとして化ける可能性を持った逸材だ【ドラフト特集コラム】
大森学園vs二松学舎大附【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
二松学舎大附vs上野学園【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
二松学舎大附vs城北【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
第269回 200センチの二刀流・秋広優人(二松学舎大附)のピークはこれから。伸びしろは無限大【ドラフト特集コラム】
天理vs奈良朱雀【奈良県 2020年奈良県高校夏季野球大会】
第1012回 【東東京大会展望】シード校・堀越のブロックが最激戦区に!東東京は今年も熱い!【大会展望・総括コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第114回 明豊・川崎絢平監督が3年生へ想いを語る。「教育者として生徒の心が折れたままで卒業をさせない」【高校野球コラム】
第1142回 秋に台頭した報徳学園の核弾頭・三宅雄雅 覚醒の秘訣は「ツイスト打法」の習得 【2020年インタビュー】
第1141回 大阪桐蔭戦で好投し、注目を浴びた193センチ右腕・達孝太(天理)。憧れはダルビッシュ有 【2020年インタビュー】
第1135回 評価急上昇の巧打堅守の2番セカンド・中嶌優(中京大中京)はチームメイトも認める努力家 【2020年インタビュー】
第1133回 強打の天理の中で守備の人・杉下海生(天理)。目指すは「U-18代表のショート」 【2020年インタビュー】
第1100回 ポテンシャル抜群の大型外野手・山地裕輔が天理の4番で座り続ける理由 【2020年インタビュー】
大垣日大 【高校別データ】
坂井 【高校別データ】
下関国際 【高校別データ】
天理 【高校別データ】
二松学舎大附 【高校別データ】
ノースアジア大明桜 【高校別データ】
明豊 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム