第69回 胃にやさしい食生活を送ろう2014年02月04日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 寒い日が続きますが、体調を崩してはいませんか。冬のトレーニングも、ラスト1か月と言ったところでしょうか…順調に進んでいますか。

 あと1か月もすれば体外試合、公式戦も始まりますね。普段から気にしておいてほしいので、今月のテーマは「胃にやさしい」

 なかなか聞くことのない話かもしれませんが、普段の食生活の心がけで予防していけるようにしましょうね。

【目次】
[1] 「胃がキリキリ」原因はなんだろう?
[2] どのような食生活をしたらいいだろう

「胃がキリキリ」原因はなんだろう?

胃がキリキリ

 今月のタイトルを見て「え?」と思った方も多いのではないでしょうか。「胃にやさしい?高校球児なのに?もっとオジサンになってからじゃないの?」って。
でもどうでしょう。
「ベンチに入れるかな?」
「もうすぐ大会だ・・・」
大会の前、試合の直前(もしかしたら試験前なども?)胃がキリキリした経験もあるのではないでしょうか。

 胃がキリキリならまだいいですが、怖いのは胃炎や胃潰瘍。これらはなぜ起きるのでしょうか。

 胃がキリキリの原因は、ストレス。緊張などによるストレスによって血行が弱くなり、粘膜が弱くなったり、胃液が多くなったりして胃に負担がかかっていることが多いです。その負担が大きくなったり、長期化したりすると胃液が胃自体を溶かしてしまい胃炎や胃に穴があく胃潰瘍が起きてしまうのです。

 実際に、私の友人も中学3年生の頃「胃がキリキリするなぁ」と思っていたところを放置してしまい、胃潰瘍になってしまったことがありました。受験勉強によるストレスだったようですが…年齢ではなく、取り巻く環境であると言えると思います。

【次のページ】 どのような食生活をしたらいいだろう

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第192回 環境の変化とコンディション【セルフコンディショニングのススメ】
第164回 環境が変わってもストレスをためずにプレーするためには?【セルフコンディショニングのススメ】
第140回 遠征のセルフコンディショニング【セルフコンディショニングのススメ】
第108回 感染症対策と免疫力【セルフコンディショニングのススメ】
第59回 ストレスと過呼吸症候群【セルフコンディショニングのススメ】

コメントを投稿する

プロフィール

鎌倉彩
鎌倉 彩さん
A Style(エースタイル)代表
  • 1985年長崎県出身。
  • ■ 福岡県立城南高等学校、中村学園大学短期大学部食物栄養科を経て、2005年4月和光堂株式会社に入社。外務栄養士・営業職を経験し2010年12月退職、独立。 短期大学部時代より高校野球部やボーイズリーグの選手・保護者・指導者を対象とした栄養講座を開講。2007年より食育セミナーも始める。
  • ■ 2008年より『高校野球ドットコム』にて『栄養学一口コラム』を月一回配信。球児の為の栄養について丁寧に解説。高校野球ドットコムでは最も長い長期連載コラムを執筆。
  • ■ 栄養士・フードスペシャリスト・食育指導士
  • ■ 日本スポーツ栄養研究会会員
  • ■ Twitter
    http://www.twitter.com/astyleaya
  • ■ 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中

栄養学一口コラム
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム