第178回 県立静岡高等学校(静岡)2015年03月15日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】(ページ下部のフォトギャラリーもチェック!)
[1]「取られたら取り返せ」で始まった強力打線
[2]秋と春の打撃指導法のアプローチの違い / 競争で投手力と守備力を高める
[3]一発狙いではなく、堅実に一歩ずつ階段を上るチーム作り

こちらの記事もあわせてチェック!
【潜入ニュース】まず全国1勝と意気込む静岡高校に潜入!
【センバツ出場校分析】県立静岡高等学校(静岡)

 1試合平均の得点12.11、平均安打16.78、平均盗塁3.89、チーム打率0.419、チーム本塁打12は出場校32校の中で、ダントツの1位。まさに今大会トップクラスの攻撃力を誇る静岡。率いる栗林 俊輔監督に、攻撃力の秘訣についてと選抜へ向けてのチーム作りを観点にお話を伺った。

「取られたら取り返せ」で始まった強力打線

 昨秋の猛打について栗林監督は、
「調子が良かったかなと思います。歴代の子と比べても、能力はある子たちと感じていましたが、これほど打つとは、スタート時は全く予想していませんでした」
と指揮官も想像以上の打撃だったという。だが彼らの打撃能力を発揮させるには、何かしら意識づけがあったはずだ。

「去年は投手を中心にした守りのチームでした。しかし甲子園ではエラーで逆転されて、そのまま返せずに敗れましたので、今年は多少の失策でも取り返せる打撃も必要と思ってスタートしました。そこで意識したのは、『しっかりと振り切る』ことですね。やっぱり最後までしっかりと振り切らないと、高いレベルで勝負ができないんですよね。投手としてはフルスイングしてくると、怖いですし、タイミングも合ってきません」

捕球する堀内 謙伍選手(県立静岡高校)

 今年の静岡打線を引っ張るのが、正捕手の堀内 謙伍、遊撃手の安本 竜二など昨夏の甲子園に出場していた6人だ。
「彼らが積極的に仕掛けてくれたので、同時にほかのナインを引っ張ってくれた形になりましたね」

 静岡地区予選から強打を発揮。県大会準々決勝までの5試合すべてコールドで勝ち上がり、準決勝では日大三島の好投手・小澤 怜史(インタビュー【前編】【後編】)と対戦。小澤を打ち崩し、12安打10得点の猛攻で、10対0の6回コールド勝ちで東海大会出場を決めると、決勝戦の浜松修学舎戦でも、13対8で打撃戦を制し、県大会優勝。

 静岡市立戦以外、すべて二ケタ得点を挙げる猛打は、東海大会でも衰えず、準々決勝の土岐商戦では、内山 竣、堀内、安本の三者連続ホームランが飛び出し、11対3の7回コールドで下すと、準決勝では再び日大三島と対戦。ここでも、安本が小澤からバックスクリーン弾を放ち、再びコールドで決勝進出を果たした。
小澤のような140キロ台の速球を投げる投手に対しては、どんな対策をとってきたのだろうか。

「やっぱり速球に振り遅れないことが一番。それができることで、変化球の見極めができますから。打撃フォーム、タイミングの取り方も違うので、どうやって合わせるかは本人の感覚次第なので、準備の仕方は選手たちに行わせていました。秋は小澤君を打ったことで、大きく自信になったかなと思います」

 決勝でも県立岐阜商を破り、東海大会を制する。
明治神宮大会でも、猛打発揮が期待されたが、東海大菅生試合レポートでは、エース勝俣 翔貴インタビューから9安打を放つものの、4得点に終わり、4対7で敗れる。課題は低めの変化球への対応力だった。栗林監督は勝俣の縦スライダーのキレ、制球力を絶賛していた。

東海大会まで彼と同じくらいスピードを持った投手はいましたが、彼ほど低めに落ちるスライダーをコントロールできる高校生はいなかった。だからうちの子たちはバットが止まらなかったです。課題が改めて出た試合でした」

 と振り返った。秋季大会を振り返って課題として挙げたのが、投手力と守備だった。

「たまたま点数が取れていて投手力が弱いのが隠されているので、接戦になったときどれだけ踏ん張れるかといったら、未知数なところがあります。守備も、投手も、心理的な余裕があったからこそ、そこそこできたと思いますが、レベルが上がる選抜ではそう簡単に打てないですし、同じようにいくとは思っていません」

 選抜では秋季大会のような打撃はできないと考えている。

第87回選抜高校野球 特設ページ
2015年度 春季高校野球大会 特設ページ
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!

このページのトップへ

【次のページ】 秋と春の打撃指導法のアプローチの違い / 競争で投手力と守備力を高める

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第52回 宇都宮白楊高等学校(栃木)【冬が僕らを強くする2018】
第618回 東海地区を代表するスラッガー成瀬和人(静岡)「強打復活のカギは右足の使い方」 【2017年インタビュー】
第486回 26日開幕!静岡、至学館など出場8校の戦力分析!【春季東海大会展望】【大会展望・総括コラム】
第460回 【2回戦展望】ベスト8に勝ち進むのはどこだ?ハイレベルな試合が続く2回戦8試合の観戦ポイントは?【大会展望・総括コラム】
第514回 静岡高等学校 池谷 蒼大投手「育成プログラムで才能開花!選抜注目左腕が目指すもの」 【2017年インタビュー】
第11回 【選抜出場校徹底分析】県立静岡高等学校(静岡)【第89回選抜高校野球大会 チーム紹介】
第458回 いきなり履正社vs日大三の黄金カード実現!選抜大会の見どころを徹底解説!【大会展望・総括コラム】
第482回 安本 竜二選手(静岡高-法政大)「静岡の3年間、そして甲子園5試合の経験はかけがえのない財産」【後編】 【2016年インタビュー】
第481回 安本 竜二選手(静岡高-法政大)「名門・静岡のユニフォームを身に纏うために努力したこと」【前編】 【2016年インタビュー】
第273回 県立静岡高等学校 安本 竜二選手 「自分の目標へ勝負の選抜!」 【2015年インタビュー】
内山 竣(静岡) 【選手名鑑】
高橋 陸(静岡) 【選手名鑑】
高橋 陸(東海大菅生) 【選手名鑑】
古川 竣(静岡) 【選手名鑑】
堀内 謙伍(静岡) 【選手名鑑】
松田 翔真(静岡) 【選手名鑑】
村木 文哉(静岡) 【選手名鑑】
村松 遼太朗(静岡) 【選手名鑑】
安本 竜二(静岡) 【選手名鑑】
山本 優輝(静岡) 【選手名鑑】
静岡 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム