第643回 気持ちの強さと科学的なアプローチで春の飛躍へ 岩倉(東京)2019年11月18日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
【岩倉の練習の模様をギャラリーで】
[1]経験不足から1回戦敗退を喫した秋季大会
[2]秋季大会で2年生が見せた意地

 東京都内の実力校として、毎年上位進出を狙える位置につけている岩倉。今夏の第101回選手権東東京大会でも、147キロ右腕の宮里 優吾や強打の捕手である荻野 魁也を擁してベスト16まで進出した。

 だが7月の下旬からスタートした新チームは、ここまで思うような成績が残せていない。秋季東京都大会では1回戦で都立国立に敗れ、早々に選抜甲子園の道を断たれたのだ。
 チームの現状や春に向けての立て直しは、一体どのように進めていくのか。チームを率いる豊田浩之監督に伺った。

経験不足から1回戦敗退を喫した秋季大会



この日は体力測定が行われた(写真は三段跳びの様子)

 投打共に力を持った選手が並び、夏は優勝候補の一角にも挙がっていたが、5回戦で都立高島に4対1で敗れて甲子園出場は果たせなかった岩倉。そして当時のメンバーは3年生が中心だったため、新チームは試合経験のある選手が少なく前チームのような柱がいない中でのスタートだった。

 「3年生のチームは投手力も良く、打線も遠くに飛ばせるタイプの選手が多かったです。やっぱり選手は打球が飛ぶようになったり、バットが振れるようになったら野球が面白くなるので、そこは継続しながらやってきました。
 ですがやはり1年生なんかはバットがなかなか触れずに、点が取れないなと感じるところがありましたね」

 また投手陣も、2年生投手がなかなか整備できない中で運用してきた。
 本来であれば、投手陣の中心としてマウンドに登ってるはずの栁澤欣栄と藤田匠がコンディション不足から登板が出来ずに、この秋は外野手である西野隼斗、そして1年生の古坂虎汰朗と勝村奏太が中心となった。



スイングスピードの測定の様子

 「藤田は故障がなければ夏もベンチ入って投げるくらいの力はあって、柳澤もまだ背が伸びている影響で膝や腰が痛いようで。
 1年生の古坂と勝村は、ちゃんと伸びていけば1年後に試合でしっかり投げれるピッチャーになるなと思っていますが、夏休みはまだヘロヘロで。そんな状態の中で、秋を迎えた感じですね」

 投打共にチームが仕上がらないまま、秋季大会に突入した岩倉
 1回戦の都立国立戦では序盤からペースをつかめずに失点を重ねて、一時はコールド負けの淵まで追いやられる。終盤の猛攻で何とかコールド負けは避け、最終回には1点差まで詰め寄る粘りを見せたが、最後は及ばずに8対7で惜しくも敗れた。

 都内の実力校らしからぬ試合で、早々に選抜甲子園への道を断たれた岩倉だが、それでも豊田監督は「夏に向けて期待が持てるチーム」であることを力強く口にする。試合経験が無いがために秋は苦戦を強いられたが、その経験の無さをカバーできるだけの「気持ちの強さ」を持った選手が多くいるためだ。

【次のページ】 秋季大会で2年生が見せた意地

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1075回 宮里優吾(岩倉)目標は千賀。伝家の宝刀・フォークを手にプロ入りの夢を目指す【後編】 【2019年インタビュー】
第1075回 宮里優吾(岩倉)最速147キロの剛腕は下積みを重ね、飛躍の瞬間を待ち続けた【前編】 【2019年インタビュー】
岩倉vs東京学芸大附【東京都 2019年秋の大会 東京都大会 一次予選】
都立高島vs岩倉【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
日体大荏原vs岩倉【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
岩倉vs東洋【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
第207回 ラストサマーで飛躍を誓う逸材野手たち 夏に急浮上する野手を見逃すな!【ドラフト特集コラム】
第199回 攻守の活躍に注目!最新版・2019年の注目野手一覧!【ドラフト特集コラム】
第842回 2019年は戦力充実の東海大菅生がリード!日大三、帝京は捲土重来なるか?【東京都大会抽選前展望】【大会展望・総括コラム】
第552回 緻密さと豪快さを求めて!ニュー岩倉で春に挑む!(東京)【後編】【野球部訪問】
第884回 主将として、攻守のキーマンとして、荻野魁也(岩倉)はさらに己を磨く【後編】 【2019年インタビュー】
第538回 爆発力で勝ち取ったベスト8!チームの意識を変えて挑んだ岩倉(東京)【前編】【野球部訪問】
第884回 経験豊富な攻守の要・荻野魁也(岩倉)のルーツを探る【前編】 【2019年インタビュー】
星城vs岩倉【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
岩倉 【高校別データ】

コメントを投稿する

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム