第606回 今年の片倉も面白い!楽しさの中に自主性を育ませる片倉メソッドに迫る!2019年04月13日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]楽しいだけではない。選手の思考力を鍛えた野球ノート
[2]押しつけがないことが選手の自主性を育ませる

押しつけがないことが選手の自主性を育ませる



エースの室津泰介(都立片倉)

 宮本監督が見てきた中で、最もノートの内容が優れているのはエースの室津泰介だ。最速133キロのストレートと縦に鋭く落ちるスライダーが武器の好左腕だが、昨秋から肩のケガに苦しんでいた。その期間、病院や理学療法士の指導の下、肩の状態を改善させていったが、その期間、書いたノートは宮本監督も驚きの内容だった。
 「ケガをしているからこそ、肩の機能など専門的なことが書いてあるんですよね。ケガをしたことで、いろいろ学んでいる様子が見られましたよ」と目を細める。

 室津は「ケガがあったからこそ改めて体の状態について知ることができましたし、トレーニングも以前より意識高く持って取り組むことができたと思います」と振り返る。復帰してから取り組んできた縦スライダーも完成。
 「仲間から握りを聞いたり、スライダーの変化や状態をノートに書き続け、試行錯誤した結果、この春、最も良いスライダーが投げられていると思います」

 その言葉通り、シード権をかけた3回戦の啓明学園戦では7回を投げて、13奪三振の好投を見せた。「自分でもこれほど三振が取れたのは驚きでした」と笑顔を見せた。厳しいブロックを勝ち抜き、夏のシード権を獲得したのであった。



主将の松井晴比古(都立片倉)

 なぜ選手がこれほど深く考えられるのか。それは宮本監督の指導が大きいだろう。例えば守備では必ずこういう形で捕れというものはない。早くアウトにできる形であれば何でもOK。ショートの柳本は逆シングルで捕球することが多くなった。また宮本監督が罵声を挙げる雰囲気もなく、取り組む選手たちは楽しそうだ。かといってふざけている雰囲気もない。押しつけがないことが選手の自主性を育んでいるといえるだろう。

 主将・松井 晴比古は片倉の良さについてこう語ってくれた。
 「中学時代、練習の雰囲気の良さを見て片倉を選びましたが、自分で考えて取り組む片倉の雰囲気は好きですし、この学校に選んでよかったと思います」

 他の選手も松井の言葉に同調し、雰囲気の良い都立片倉が好きであることを語ってくれた。
 こういう気風だからこそ、個性的で才能の高い選手を育成するのだろう。4回戦では国士舘と対戦する。3月17日、国士舘との練習試合をしたが、大敗を喫した。ただその時はエースの室津の仕上がりはまだまだだった。しっかりと調子を上げた今ならば、あの時よりも戦える予感は誰もが持っている。

 強豪ぞろいの西東京であっと言わせる戦いは見せられるのか。夏まで見逃せない。

(文・河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第944回 21人目の東京代表・黒川麟太朗(国士舘)が選抜で学んだ最短距離の大切さ 【2019年インタビュー】
国士舘vs帝京【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
国士舘vs都立片倉【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
国士舘vs都立東村山西【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
都立片倉vs啓明学園【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
第937回 野球センスと思考力の高さを秘めた東京都屈指のアスリートプレーヤー柳本康希(都立片倉) 【2019年インタビュー】
国士舘vs立志舎【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
第854回 東海大菅生vs八王子or日野、早実vs佼成学園or工学院大附など東京都大会は序盤から大混戦!【大会展望・総括コラム】
第861回 注目校・明石商や桐蔭学園が登場!大会5日目の見所【大会展望・総括コラム】
第852回 星稜vs履正社、広陵vs八戸学院光星と激戦ばかり!勝負のポイントは?【大会展望・総括コラム】
第200回 今からチェック!2020年度のドラフト候補を先取り!【ドラフト特集コラム】
第590回 「ダークホース」ではなく「大本命」に  啓明学園(東京)【後編】【野球部訪問】
第883回 甲子園出場!国士舘を支える投手トリオの課題と収穫 【2019年インタビュー】
第831回 試合を作り、決められる最高の1番打者へ 黒川 麟太朗(国士舘) 【2018年インタビュー】
第814回 都大会優勝・国士舘の1年生4番!黒澤孟朗が考える選抜に向けての課題とは? 【2018年インタビュー】
松井 晴比古(都立片倉) 【選手名鑑】
柳本 康希(都立片倉) 【選手名鑑】
啓明学園 【高校別データ】
国士舘 【高校別データ】
都立片倉 【高校別データ】
コメント (1)
春季大会健闘を称えます2019.04.13 鈴木博機
孫がサッカー部で今年卒業しまし、大学生になりました。私は野球をかじってましたので貴校を何時も応援してました。どの大会も健闘しいいところまで進んでました。今春はベスト8をかけ優勝候補第一シードの国士舘をも追い詰め健闘しました。室津君並びナインの夏の大会に期待し、西東京の制覇を祈ります。

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム