目次

[1]10位~6位
[2]5位~1位

 高校野球ドットコム人気企画の高校生期待度ランキング。夏の地方大会が全国的に開幕する10日を前に注目選手をランキング付けしていきたい。最終回は10位から1位までを紹介する。高校野球ドットコム編集部が期待する今年のトップ10の選手の顔ぶれは…

高校生ドラフト期待度ランキング50!
50位~41位 全国レベルの左腕が続々ランクイン
40位〜31位 全国レベルのスラッガー、好投手、剛腕揃い
30位〜21位 逸材捕手、関東地区の好右腕など
20位〜11位 全国レベルの剛腕、左腕、スラッガーが続々ランクイン
10位〜1位 1位はアスリートとしての魅力を評価


10位~6位



田村俊介(愛工大名電)、木村大成(北海)、石田隼都(東海大相模)、羽田慎之介(八王子)、有薗直輝(千葉学芸)

10位 石田 隼都東海大相模
 今年のセンバツ甲子園優勝投手。最速146キロの速球は角度があり、独特の曲がりを見せるチェンジアップは高確率で空振りが奪える。さらにタイミングが取りにくく、モーションが速い投球フォーム。技術力の高さは一級品。愛知高野連主催の招待試合では無失点の投球。まだスピードは抑えめだが、狙い球を外す投球術は非凡なものがあった。春夏連覇へ、さらにレベルアップした姿を示す。

9位 羽田 慎之介八王子
 まさに未完の大器。八王子の安藤徳明監督も「完成するのはまだ先」と話すように、時間がかかる投手であることは間違いない。ただ豪快な投球とは裏腹に、間違いなく進化するだろうと思わせるクレバーさがある。191センチの長身から繰り出す最速149キロのストレートは今年の高校生ではナンバーワンと思わせるほどの威力があり、それだけではなくスライダー、チェンジアップ、フォークと球種も豊富で、日によって軸となる変化球を決め、精度が悪ければ、封印して、限られた球種で抑えてしまう。まずは夏の投球は春と比べてどれだけレベルアップしているか注目したい。

8位 田村 俊介愛工大名電
 明徳義塾中時代から関戸 康介大阪桐蔭)とともに騒がれたスラッガー。投手としても左腕から140キロ超の速球を投げ込むが、やはり将来性は打者だろう。ヘッドスピードの速いスイングから次々と長打を量産し、対応力も高く、技術的な完成度は超高校級。左投げながら、三塁手もこなす器用さもあり、野球選手としてピカイチの素質がある。

7位 木村 大成北海
 左スリークォーターから投げ込む最速148キロの速球、曲がりが鋭いスライダーの切れ味は脅威。支部予選でも好投を見せ、センバツからさらに力強くなった姿を見せた。速球のスピード、威力、コントロール、変化球の精度、ポテンシャル。総合的に見て、今年のナンバーワン左腕として評価される投手だろう。

6位 有薗 直輝千葉学芸
 投手王国・千葉に、高校生ナンバーワンスラッガーが現れた。千葉県旭市出身。千葉の野球関係者の誰もが「普通ならば県外にいく選手」と評するポテンシャルを持った逸材は、同僚の板倉 颯汰の誘いと、自宅で通える学校でプレーしたいと希望していたため、東金市の千葉学芸に進学。1年春から順調に本塁打を重ね、今年の大会直前の練習試合で通算70本塁打に達した。投げては最速148キロをマークする強肩を武器に三塁守備のレベルも高く、連日、スカウトが視察するという。穏やかなキャラクターも愛されるポイント。初の甲子園出場を目指し投打で躍動する。