世代をけん引する投手10名、東日本の投手32名を紹介してきたが、今回は西日本の好投手21名を紹介したい。

逸材特集
北海道の速球王など2021年度注目の高校生投手リスト32名【東日本編】

兵庫県には140キロ超えの投手がずらり!


 まず北信越地区は左腕・井上 透摩(金沢龍谷)に注目。1年夏から公式戦のマウンドを踏み、順調に成長。長い腕から繰り出すストレートと切れのあるスライダーで三振を量産。自慢のストレートは最速145キロまでに伸びた。来年、注目の投手となりそうだ。

 滋賀学園阿字 悠真は最速146キロを計測する本格派右腕だが、この秋は近江を破り、県大会優勝。近畿大会では初戦敗退に終わったが、ドラフト候補として春以降、注目を浴びることになりそうだ。

 兵庫県は好投手揃い。まず最速145キロの速球が投げられ、打撃センスも高い二刀流・阪上 翔也神戸国際大附)、185センチの長身から最速143キロの速球と切れ味鋭いスライダーを投げ込む大型左腕・久野 悠斗(報徳学園)、同じく143キロを誇る大型右腕・森 新之助時澤 健斗神戸弘陵)は最速145キロを誇る本格派右腕。また打者としてもスイッチヒッターで両打席で本塁打を打てる技術がある。

 小畠 一心智辯学園)は2番手という立ち位置だが、それでもポテンシャルは十分にドラフト候補に値するものがあり、144キロの速球は魅力がある。この1年で、ピッチングの幅を広げ、大事な場面でも起用される投手となれるか注目していきたい。

 中西 聖輝智辯和歌山)は140キロ前半ながら、その速球の威力はマックスが140キロ後半の投手に負けていないものがあり、いつでもしっかりとまとめる投球センスの高さには魅力がある。

 中国地区では1年夏に甲子園のマウンドを経験した145キロ右腕・仲村 竜(岡山学芸館)の潜在能力の高さならば中国地区トップクラス。しかし中国大会では、2.1回を投げて、4失点と本来の実力を発揮できなかった。長い冬に入るが、一冬超えて、技術が安定し、スカウトを驚かせるような実力を発揮させることを期待したい。

 また仲村とともに2枚看板で活躍した左腕・西村 陸努は中国大会で安定した投球。140キロ前後の速球は異質の伸びがあり、変化球の精度も高く、8イニングを投げて1失点の好投を見せた。2年連続で秋季中国大会4強入りした広島新庄は技巧派左腕・秋山 恭平、そして秋山とともに1年からベンチ入りし、この中国大会は背番号1で活躍する大型右腕・花田 侑樹にも注目だ。