第268回 高卒プロを掲げる大型左腕・下慎之介(健大高崎)は他の高校生左腕に負けないために何をアピールするのか?2020年07月27日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]昨秋からの下の進化を分析
[2]高卒プロ入りを果たして両親を楽にさせてあげたい


 今年の高校生左腕で注目度が高いのが高田 琢登静岡商)、松本 隆之介横浜)の2人だ。そしてその2人に続こうとしているのが健大高崎下 慎之介だ。恵まれた体格から投げ込む速球の最速は143キロ。最後の夏になると、145キロ前後の速球を投げ込む投手は多く出てくる。高卒プロ志望を掲げる下は同級生投手に勝つために何をアピールしようと考えているのか。

昨秋からの下の進化を分析



下慎之介(健大高崎)

 下の強みというのはいわゆる競合相手と比較しながら、自分の強み、弱みを理解していることだ。社会人ならば必要不可欠なスキルだが、これは野球選手にとっても同じことだといえるだろう。

 下の場合、高校生3年生の時点で備わっている。ただ憧れをもって高卒プロを志望しただけではないというのが理解できた。

 そんな12日の作新学院戦のマウンドは本人にとっては満足いくものではなかった。いきなり1番は高校通算25本塁打の横山 陽樹を歩かして、牽制で横山を刺したものの、2番・磯を歩かしてしまい、3番・鈴木 蓮に二塁打を打たれてしまい、一死二、三塁のピンチを招いてしまう。しかしここから冷静だった。作新学院の4番・加藤を内角直球で詰まらせ、セカンドフライ。そして5番高工を三振に打ち取り、ピンチを切り抜けた。以降、下は最速140キロをマークした速球と、切れのあるスライダー、カット気味の直球をコンビネーションに5回2失点の力投を見せた。

 だが、下は「内容は全くよくなかったです」と振り返り、特に連続四球を出したことを反省点に挙げた。

「普通ならば、あれほど四球を出してしまうと、点を取られてしまう流れになるので、そこは修正したいです」

 制球が乱れた要因としてはワインドアップしたことも影響にある。フォームのバランスがしっくりいかず、4回以降はセットポジションで投げていた。

 下の持ち味は実戦力の高さ、粘り強さだといえるだろう。

 一つずつ球種を振り返っていくと、ストレートは6月に計測した最速143キロ、ただ見た目以上に勢いを感じるストレートで、正捕手・戸丸 秦吾もこう評する。
「実際に受けていても、球速表示以上に勢いを感じる投手です。もともとスライダーの切れ味が凄い投手で、相手校からスライダーが注目されていたのですが、今ではストレートもだいぶ威力が出てきたと思います。またほかの球種の変化球の精度も高まってきたと思います」

【次のページ】 高卒プロを掲げる大型左腕・下慎之介(健大高崎)は他の高校生左腕に負けないために何をアピールするのか?(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
健大高崎vs日本航空【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
第1020回 健大高崎、東京学館など強打のチームが登場!【秋季大会逸材ガイドブック・1日目】【大会展望・総括コラム】
第274回 まだまだいる左の好投手!下 慎之介(健大高崎)などドラフト前に注目したい12人の左腕投手たち【ドラフト特集コラム】
健大高崎vs館林【群馬県 2020年秋の大会 群馬県秋季大会】
第135回 交流試合一番の番狂わせ。昨秋神宮大会準優勝・健大高崎は帯広農との一戦で何が起こったのか【高校野球コラム】
帯広農vs健大高崎【2020年甲子園高校野球交流試合】
第1234回 潜在能力は歴代トップクラス。プロ志望の191センチの大型右腕・橋本拳汰(健大高崎)の 決意 【2020年インタビュー】
第1219回 最速144キロを誇る大型右腕・蓼原慎仁(桐生第一)。プロ野球選手&甲子園出場のために取り組んだ3年間 【2020年インタビュー】
健大高崎vs作新学院【2020年 練習試合(交流試合)・夏】
健大高崎vs松商学園【2020年 練習試合(交流試合)・夏】
第1026回 群馬の「2強時代」に終止符を。桐生第一はこの夏、強豪の矜持を取り戻す【野球部訪問】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第1141回 入学当初の実力は同学年でも下位。下慎之介(健大高崎)がドラフト候補左腕まで成長できた理由 【2020年インタビュー】
第1134回 小学生で遠投86m 超強肩捕手・戸丸秦吾(健大高崎)の逸話がすごい!!そのスローイングの秘密を大公開! 【2020年インタビュー】
第1082回 投手の良さを引き出すことが実力の見せどころ。戸丸秦吾(健大高崎)は捕手の鏡ともいえる考えの持ち主だった! 【2019年インタビュー】
下 慎之介(健大高崎) 【選手名鑑】
健大高崎 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム