第267回 巨人期待のホープ・湯浅大はなぜ指名に至ったのか 元巨人編成部が語るドラフト指名秘話2020年05月19日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 野球ファンの間で大人気コンテンツとなっている「ドラフト会議」。ドラフト会議で新人選手を獲得することは、プロ野球球団の骨組みを作って行く上で欠かせないものであり、その成果を高めるため12球団は綿密に戦略を練っている。今回は長年、巨人のスコアラー、編成に関わった三井康浩さんにお話を伺い、当時のドラフト秘話をシリーズ別で掲載。三井さんには育成の星となった増田 大輝と今季、一軍が飛躍を期待される湯浅 大健大高崎出身)の話を聞くと、2人のエピソードは色々参考になるので、1人ずつ紹介したい。
 湯浅のケースは守備型の高校生遊撃手にとってはヒントになる内容だった。

これまでの関連記事はこちらから!
村上宗隆を獲得できていれば巨人の未来はどうなった?巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが2017年ドラフトを振り返る
巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが語るドラフト秘話 岡本和真はなぜ1位になったのか?
「獲得すれば、10年は間違いない」巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが語る小林誠司獲得秘話

打撃もプロで化ける要素を持っていたからこそ、指名につながった



三井康浩さん(左)、湯浅大(右)

 まずドラフト1位や上位指名級になると三井さんの説明のように、エース級、もしくは将来の4番打者やレギュラーになる可能性が高い三拍子揃った野手が候補になる。下位の選手は一芸が秀でた選手が対象となる。

「育成選手は特に一芸に秀でた選手、『これなら1軍ですぐに活躍できる』と言う選手。すぐに1軍で使える選手を獲得しますよね
 育成でもジャイアンツのレギュラーを掴んでほしいのが最終目標で、その入り口で守備が上手いから坂本のサブにつけようと考えるケースもありますし、打てるのであれば、左の代打、右の代打として1軍に入れる選手であるかと見極めて獲得を決めていきます。」

 また他球団の兼ね合いによっては本指名することもあるようだ。育成枠だけではなく、下位指名の選手もそういうケースにあたる。

 湯浅 大は守備を高く評価された選手だ。ただそれだけでプロにいけない。まず野手はプロでもやれる最低基準の打力があるかはスカウトを含めた球団が判断する。湯浅の場合、通用すると評価した。

「湯浅は守備型の選手で、対応力が高く、癖のない打撃フォームをしていまして、それが化ける可能性を持っていました。担当スカウトも『伸びしろはかなり持っている』と評価していましたね。身体の強さ、野球センス、能力の高さもしっかりと評価して推薦してくれました」

 下位指名の選手になると、担当スカウトのひと押しが大事になる。湯浅は推薦したいと思わせるだけの能力や姿勢の良さがあった。

「正直、高校生だとあまり接触ができないのですが、掴みにくい部分があります。ただグラウンドで見せる野球の姿勢とかで『これならいけるだろう』と担当スカウトは判断をして推薦をしていると思います。ここまで彼の活躍を見ると、しっかりやってくれていると思います」

 三井さんが話す湯浅の癖のない打撃を見ると、トップに入った時、ヘッドを投手方向に傾けすぎず、インサイドアウトのスイングができる。ロスのない打撃フォームで、レベルの高い投手に対応ができている。

 球団、担当スカウトの目論見通り、湯浅は順調に成長を続け、昨年の2年目で、二軍で67試合に出場し、2本塁打15打点、打率.240に出場。今年3年目は打撃面で急成長。2月22日の北海道日本ハム戦では、浦野博司(浜松工出身)から本塁打を放ち、打率.391の高打率を残しており、担当スカウトの期待に応える活躍を見せている。

 守備型の高校生遊撃手は毎年、ドラフト候補に挙がるが、その分かれ目は打撃面で伸びしろがあるか、厳しいプロの環境の中でも自己研鑽して磨いていける姿勢があるか。まずそこをクリアして、プロ入りの可能性は近づく。

 しかし、成功できる選手の要素、条件について球団、スカウトは知っていても、その見極めはとても難しいし、毎年当たるものではない。

 だからこそ成功すれば、大きなアピールとなる。ぜひ湯浅にはそのサクセスストーリーを実現してほしい。

(記事=河嶋 宗一


関連記事
◆巨人・岡本選手のドラフト秘話はこちら→第243回 巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが語るドラフト秘話 岡本和真はなぜ1位になったのか?
◆巨人・小林選手のドラフト秘話はこちら→「獲得すれば、10年は間違いない」巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが語る小林誠司獲得秘話
2003年世代の野手は吉野創士(昌平)を筆頭に名門校だけではなく、新鋭校にも注目スラッガーが登場!【前編】

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第152回 「守備はまるで忍者だった」恩師が語る巨人のホープ・湯浅大(健大高崎出身)。追いかけていた球団は巨人だけだった【恩師が語るヒーローの高校時代】
健大高崎vs桐生第一【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
健大高崎vs樹徳【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
健大高崎vs専大松戸【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
健大高崎vs國學院栃木【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
健大高崎vs日本航空【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
第1020回 健大高崎、東京学館など強打のチームが登場!【秋季大会逸材ガイドブック・1日目】【大会展望・総括コラム】
第1回 【12球団ドラフト指名予想】巨人1位は佐藤輝明(近畿大)より「ポスト菅野智之」に見合う投手を指名するべき!【プロ12球団ドラフト分析2020】
第79回 優しい人柄はプロの世界でも。超一流捕手&高卒初のプロ野球選手会会長の炭谷銀仁朗の平安の3年間【恩師が語るヒーローの高校時代】
第135回 交流試合一番の番狂わせ。昨秋神宮大会準優勝・健大高崎は帯広農との一戦で何が起こったのか【高校野球コラム】
第1234回 潜在能力は歴代トップクラス。プロ志望の191センチの大型右腕・橋本拳汰(健大高崎)の 決意 【2020年インタビュー】
第1219回 最速144キロを誇る大型右腕・蓼原慎仁(桐生第一)。プロ野球選手&甲子園出場のために取り組んだ3年間 【2020年インタビュー】
第1174回 巨人期待のシンデレラボーイ・戸郷翔征(聖心ウルスラ出身)。大エースの学びを実践し、二桁勝利を狙う 【2020年インタビュー】
第1141回 入学当初の実力は同学年でも下位。下慎之介(健大高崎)がドラフト候補左腕まで成長できた理由 【2020年インタビュー】
第1134回 小学生で遠投86m 超強肩捕手・戸丸秦吾(健大高崎)の逸話がすごい!!そのスローイングの秘密を大公開! 【2020年インタビュー】
上原浩治のピッチング・メソッド
湯浅 大(健大高崎) 【選手名鑑】
健大高崎 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 編集長であり、ドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム