第241回 2020年世代を引っ張る捕手・内野手は?世代ナンバーワンショート・土田など27名の逸材を一挙掲載!2019年10月22日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]超強肩捕手・古谷など注目したい8人の捕手たち
[2]世代ナンバーワンショート・土田など来夏まで注目したい18人の内野手たち

世代ナンバーワンショート・土田など来夏まで注目したい18人の内野手たち



世代ナンバーワンショートの土田龍空(近江)

 内野手では土田 龍空近江)が世代ナンバーワンショートとして、注目を集めている。守備範囲の広さ、捕ってから投げるまで持ち替えの速さ、強肩。さらに、ヒット性を平凡な内野ゴロにするポジショニングの上手さとすべてが群を抜いている。高校通算20本塁打以上放っている長打力も魅力だ。

 また、横浜度会 隆輝津田 啓史の二遊間コンビにも注目。度会は元ヤクルトで活躍した度会博文さんの次男。佐倉シニア時代は東海大相模のスラッガーの西川 僚祐とともにジャイアンツカップ優勝を経験している。最大の持ち味は実戦の強さだ。1年夏の神奈川大会では、代打出場で安打を量産。1年秋からセカンドのレギュラーを獲得すると、主に3番打者として長打、本塁打を記録してきた。体の使い方が上手く、180センチ72キロと細身のように見えても、飛ばせる打撃技術は高いものがある。
 さらに注目したいのは常に明るく陽気なキャラクター。誰とでも仲良くなれて物怖じしないところも魅力だ。
 一方、津田は寡黙で黙々と自分のプレーを行う仕事人。パンチ力がついた打撃と、捕球技術の高い遊撃守備で勝利に貢献する。

 ここからは、地区別に注目選手を紹介していこう。
山路 将太郎鶴岡東)は甲子園でも、東北大会でも快打、好守備を連発する好二塁手。来年も躍動感のあるプレーを見せてくれそうだ。
 仙台育英入江 大樹は秋季東北大会で打率.389を記録した大型遊撃手。捉えた時の打球は圧巻で、春季東北大会で見せた場外本塁打は大物を感じさせるものであった。

 小松 涼馬帝京)は、昨年1年生ながら東京選抜に選ばれ、キューバ遠征を経験。走攻守のレベルは、同世代の二塁手の中でも群を抜いており、勝負所で結果を残せるハートの強さも魅力だ。
 鎌田 州真国士舘)も1年秋から活躍を見せてきた大型遊撃手。シュアな打撃と守備をさらに磨きをかけ、結果を残していきたい。

 常世田 翔太銚子商)も細身の体型ながら、体幹を使ったフルスイングで長打を連発する好遊撃手。松本 憲信成田)は丸 佳浩を意識したメカニズムから広角に長打が打てるスラッガー。肩の強さが光る三塁・遊撃守備にも注目。
 角田 勇斗習志野)は、ヒット性をことごとくアウトにする守備範囲の広い守備が魅力。打撃では常にミートを心掛け、試合を決める一打が打てる勝負強さが光る。

 濱田 蓮立花学園)は安定感のあるグラブさばきと強肩が光る遊撃守備。さらに、パンチ力ある打撃がウリの大型ショートだ。
小吹 悠人山梨学院)は関東屈指の大型遊撃手。ミートを心掛けながら長打も打てる打撃と安定感のあるグラブさばき。強肩を兼ね備えた守備は、関東の中では突出している。

 中山 礼都中京大中京)は下半身をしっかりと使った完成度の高い打撃フォームから長打を量産し、守備力も高い東海地区屈指の遊撃手。相羽 貫太静岡)もスピード溢れる遊撃守備が魅力だ。

 土井 翔太(郡山)は、春の近畿大会戦で本塁打を放った好遊撃手。ボールを捉える能力が高く、常に芯で捉えた打球が多い。軽快な遊撃守備にも注目だ。
 池田 凛履正社)は簡単にアウトにならない対応力の高さが魅力の巧打の二塁手。
1年から走攻守の完成度の高さが魅力の宗山 塁広陵)も来年は全国を騒がせるプレーヤーとなるだろう。
189センチ88キロの大型遊撃手・岡本 大翔米子東)も夏の甲子園の時点で高校通算17本塁打。甲子園では智辯和歌山戦で3安打。捉えた時の打球の速さは凄まじいものがある。

 最後に、ドラフト部長こと河嶋宗一が選んだ「2020年の注目の内野手」をおさらいしよう。

【注目内野手リスト】
土田 龍空近江
度会 隆輝横浜
津田 啓史横浜
入江 大樹仙台育英
山路 将太郎鶴岡東
小松 涼馬帝京
鎌田 州真国士舘
小吹 悠人山梨学院
常世田 翔太銚子商
松本 憲信成田
角田 勇斗習志野
濱田 蓮立花学園
中山 礼都中京大中京
相羽 貫太静岡
土井 翔太郡山
池田 凛履正社
宗山 塁広陵

(記事=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第113回 待ってろNPB!指名漏れからリスタートを誓う17名の逸材たち【高校野球コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第253回 2003年世代の野手は吉野創士(昌平)を筆頭に名門校だけではなく、新鋭校にも注目スラッガーが登場!【前編】【ドラフト特集コラム】
第243回 巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが語るドラフト秘話 岡本和真はなぜ1位になったのか?【ドラフト特集コラム】
第1137回 ノーステップ打法で打撃開花。世代トップクラスのショート・中山礼都(中京大中京)は選抜の活躍で夢叶える 【2020年インタビュー】
第1135回 評価急上昇の巧打堅守の2番セカンド・中嶌優(中京大中京)はチームメイトも認める努力家 【2020年インタビュー】
第1134回 中京大中京が誇る鉄壁の二遊間「ナカナカコンビ」中山礼都×中嶌優の決意! 【2020年インタビュー】
第1121回 公式通算11本塁打の恐怖の核弾頭・西村友哉(中京大中京)の能力を引き出したロングティー 【2020年インタビュー】
第1100回 印出太一(中京大中京)は「高橋監督を日本一の男にする!」と宣言した男気溢れる大型捕手! 【2020年インタビュー】
中京大中京vs健大高崎【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
白樺学園vs国士舘【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
健大高崎vs山梨学院【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
履正社vs綾羽【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
桐生第一vs山梨学院【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
相羽 貫太(静岡) 【選手名鑑】
池田 凛(宮古) 【選手名鑑】
池田 凛(履正社) 【選手名鑑】
佐藤 琉河(東北) 【選手名鑑】
入江 大樹(仙台育英) 【選手名鑑】
印出 太一(中京大中京) 【選手名鑑】
鎌田 州真(国士舘) 【選手名鑑】
神里 陸(東海大相模) 【選手名鑑】
栗田 勇雅(山梨学院) 【選手名鑑】
小吹 悠人(山梨学院) 【選手名鑑】
小松 涼馬(帝京) 【選手名鑑】
関本 勇輔(履正社) 【選手名鑑】
津田 啓史(横浜) 【選手名鑑】
角田 勇斗(習志野) 【選手名鑑】
常世田 翔太(銚子商) 【選手名鑑】
土井 翔太(郡山) 【選手名鑑】
中山 礼都(中京大中京) 【選手名鑑】
濱田 蓮(立花学園) 【選手名鑑】
古谷 将也(成田) 【選手名鑑】
牧原 巧汰(日大藤沢) 【選手名鑑】
松本 憲信(成田) 【選手名鑑】
宗山 塁(広陵) 【選手名鑑】
山路 将太郎(鶴岡東) 【選手名鑑】
山梨学院 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム