第226回 高卒選手に最もチャレンジしているのはヤクルト・楽天?!過去10年の高卒1位競合選手から見るドラフト2019年09月18日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

各球団の競合回数



高卒選手獲得へ果敢に挑戦する楽天からドラフト1位指名をした辰己涼介

 また補足だが、各球団の競合回数を下記に示す。

8回
ヤクルト
楽天
7回
中日
6回
日本ハム
5回
ロッテ
ソフトバンク
阪神
4回
巨人
オリックス
3回
DeNA(横浜時代含む)
広島
1回
西武

 この10年間でヤクルト、楽天は8回の競合を経験しており、最も高卒選手に対してチャレンジしている球団と言えるかもしれない。逆に西武は1回と最も少ないが、その1回で菊池 雄星を引き当て、2016年には今井の単独指名に成功している。

 この数字のみで各球団のドラフト戦略を詳細に語ることはできないが、今年の高卒選手たちに対し、競合覚悟で指名に踏み切る球団はどこなのか、予想してみてはいかがだろうか。

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
履正社vs信太【大阪府 令和2年大阪府高等学校野球大会】
履正社vs大阪桐蔭【大阪府 令和2年大阪府高等学校野球大会】
第272回 まさに世代屈指の投球!最速154キロを誇る剛腕・関戸康介(大阪桐蔭)の進化のポイントを解説【ドラフト特集コラム】
第271回 世代屈指の剛腕左腕・松浦慶斗(大阪桐蔭)も順調に成長中!【ドラフト特集コラム】
大阪桐蔭vs香里丘【大阪府 令和2年大阪府高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs上宮太子【大阪府 令和2年大阪府高等学校野球大会】
横浜vs戸塚【神奈川県 2020年夏の大会 令和2年度神奈川高等学校野球大会】
第119回 今年初の公式戦を飾った早稲田実業は全国レベルのチーム!清宮弟など主力選手を徹底紹介!【高校野球コラム】
第1022回 夏は大阪の「強いチームを倒す」。近代泉州の脅威の打撃力の秘密と揺るがぬ信念【後編】【野球部訪問】
第1022回 タレント揃いに見えても中学時代の実績はほぼゼロ。無名の逸材を次々と伸ばす近大泉州の育成方針【前編】【野球部訪問】
第1145回 大学3年右腕ではトップの徳山壮磨(早稲田大)をレベルアップさせたフォーム改造術 【2020年インタビュー】
第1142回 秋に台頭した報徳学園の核弾頭・三宅雄雅 覚醒の秘訣は「ツイスト打法」の習得 【2020年インタビュー】
第1141回 投手として開花しつつある入江大生(明治大)。一発勝負のリーグ戦でドラフト上位へ躍り出るか? 【2020年インタビュー】
第1141回 一塁コンバートから始まった甲子園3試合連続本塁打。入江大生(明治大)が振り返る作新学院時代の思い出 【2020年インタビュー】
第1141回 2016年甲子園優勝メンバー・入江大生(作新学院出身)を変えた3年春の県大会 【2020年インタビュー】
安樂 智大(済美) 【選手名鑑】
石川 昂弥(東邦) 【選手名鑑】
奥川 恭伸(星稜) 【選手名鑑】
小園 海斗(報徳学園) 【選手名鑑】
佐々木 朗希(大船渡) 【選手名鑑】
西 純矢(創志学園) 【選手名鑑】
根尾 昂(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
藤原 恭大(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
宮城 大弥(興南) 【選手名鑑】
山田 哲人(履正社) 【選手名鑑】
英明 【高校別データ】
大阪桐蔭 【高校別データ】
大船渡 【高校別データ】
九州学院 【高校別データ】
県立岐阜商 【高校別データ】
興南 【高校別データ】
広陵 【高校別データ】
広陵 【高校別データ】
相模向陽館・横浜旭陵 【高校別データ】
作新学院 【高校別データ】
星稜 【高校別データ】
仙台育英 【高校別データ】
創志学園 【高校別データ】
東海大甲府 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
桐光学園 【高校別データ】
東邦 【高校別データ】
東邦音大二 【高校別データ】
東邦大東邦 【高校別データ】
東福岡 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜氷取沢 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】
横浜緑園・横浜明朋 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム