第2回 徳島県高校野球3大ニュース:「振興・復活・創造」への胎動2019年12月30日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
[1]1.春の21世紀枠・富岡西健闘が夏・鳴門の甲子園1勝へ
[2]2.鳴門出身・河野 竜生(JFE西日本)12年ぶりの「徳島県人ドラフト1位」!
[3]3.動き出した「徳島県野球振興・復活・創造策」

鳴門出身・河野 竜生(JFE西日本)12年ぶりの「徳島県人ドラフト1位」!



北海道日本ハムファイターズ1位指名が決まった瞬間、笑顔の河野 竜生(JFE西日本)

 今年のドラフト会議は徳島県野球界にとって記念すべきイベントとなった。まずは鳴門市出身・鳴門高卒3年目の最速151キロ左腕・河野 竜生(JFE西日本)が北海道日本ハムファイターズからドラフト1位指名。3名が指名された徳島インディゴソックスからは牟岐町出身・鳴門渦潮高卒5年目の平間 隼人(二塁手)が読売ジャイアンツから育成1位指名。さらに吉野川市出身・徳島ヤングホークスから八戸学院光星(青森)に進んだ武岡 龍世(遊撃手)も東京ヤクルトスワローズから6位指名を受けることに。

 徳島県育ち、いわゆる「徳島県人」が複数同時にドラフト指名を受けたのは2007年ドラフトで左腕・服部 泰卓(美馬市出身・川島高卒・トヨタ自動車から大卒・社会人ドラフト1位で千葉ロッテマリーンズ入団)、内野手の谷 哲也(つるぎ町出身・鳴門工<現:鳴門渦潮>日立製作所から大学・社会人ドラフト3位で中日ドラゴンズ入団)以来12年ぶり。河野の1位指名も服部投手以来となる快挙であった。

 実はこの今年を含む10年間を見ても徳島県高校出身でのドラフト指名選手(育成含む)はいまや日本の守護神に成長した福岡ソフトバンクホークス・森 唯斗海部高校~三菱自動車倉敷オーシャンズから2013年ドラフト2位指名)を含む9名と突出した数字を叩き出している徳島県。彼らが築いてきた「徳島県の高校出身でも成り上がれる」歴史を、現役高校生や来季、徳島インディゴソックスへの入団を決めた最速146キロ右腕・白川 恵翔(池田3年)らOBたちがぜひ継いでほしい。

動き出した「徳島県野球振興・復活・創造策」



子供たちと2球同時の下投げキャッチボール

 1月には「少年野球教室」、2月には「Tボール教室」を実施。(以下、関連記事)

徳島の高校野球指導者から見えた「近未来の野球指導システム」
徳島県高野連ティーボール教室で感じた「子どもたち目線」で気付くこと

 そして今冬も少年野球教室ばかりでなく、小中高指導者連携での指導者研修会や、高校指導者が社会人・日本生命に出向いての研修。そして2月1日、これも小中高指導者連携によるインディゴコンディショニングハウス代表・殖栗 正登氏の講演会など。2019~2020年にかけて徳島県の野球は「振興・復活・創造」へ向けて大きく動き出そうとしている。

 「これからも高校野球200年構想事業の分配金を活用して、野球を拡げることを続けていきたい」(徳島県高野連・須崎 一幸理事長談)。この胎動を数年後、その先につなげていくために。今後の展開に期待していきたい。

(文=寺下 友徳

関連記事はこちらから!
かつて四国4商と言われていた時代が、高校野球の歴史を作っていた
選手11人・部員15人で秋季四国大会に出場 川島(徳島)の「ONE TEAM」
秋の四国で見つけたダイヤの原石第3回 和田 育也(高知中央2年・投手)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
名西vs富岡西【徳島県 2020年秋の大会 徳島県秋季大会】
第1174回 期待の3年目右腕・伊藤翔(埼玉西武ライオンズ) 磨き続けたストレートを携え、先発ローテーション入りへ【後編】 【2020年インタビュー】
第1173回 独立からプロへ進んだ期待の星!優勝の歓喜、そして壁を痛感した3年目右腕・伊藤翔(埼玉西武ライオンズ)【前編】 【2020年インタビュー】
第1172回 高校野球界から中学アカデミーへ転身を遂げた知将・島田 達二氏(元高知高監督)が提示する育成案 【2020年インタビュー】
第1004回 第1シード・徳島北を追いかける城東ら実力校!鳴門、鳴門渦潮の強豪校にも注目!【徳島県大会展望】【大会展望・総括コラム】
第971回 殖栗 正登トレーナーが説いた 球速アップに必要な「土台」【高校野球コラム】
第1112回 上間永遠(徳島インディゴソックスー埼玉西武)のNPB入りのきっかけは巨人三軍戦 【2020年インタビュー】
第1108回 蘇ったスター・岸潤一郎(徳島-西武)が振り返る独立リーグ時代。「心の底からNPBに行きたい気持ちでやったのは初めて」  【2020年インタビュー】
第1回 選抜優勝校に、初出場の新鋭!2019年の愛知を彩った高校野球3大ニュース【愛知の高校野球】
第247回 NPBへの輩出偏差値からわかる!NPB入団へ最も近道となるチームは徳島インディゴソックスだった!【ドラフト特集コラム】
第66回 「もっとイキイキと」投げてほしい 恩師が語る堀瑞輝(広島新庄-北海道日本ハムファイターズ)への想い【恩師が語るヒーローの高校時代】
池田vs富岡西【徳島県 2019年秋の大会 徳島県秋季大会】
明徳義塾vs富岡西【2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会】
富岡西vs高松商【2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会】
富岡西vs今治西【2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会】
富岡西 【高校別データ】
鳴門 【高校別データ】

プロフィール

寺下友徳
寺下 友徳
  • 生年月日:1971年12月17日
  • 出身地:福井県生まれの東京都東村山市育ち
  • ■ 経歴
    國學院大學久我山高→亜細亜大。
    幼稚園、小学校では身長順で並ぶと常に一番後ろ。ただし、自他共に認める運動音痴から小学校入学時、早々に競技生活を断念。その後は大好きなスポーツに側面から関わることを志し、大学では応援指導部で4年間研鑽を積む。亜細亜大卒業後はファーストフード販売業に始まり、ビルメンテナンス営業からフリーターへと波乱万丈の人生を送っていたが、04年10月にサッカーを通じて知り合った編集者からのアドバイスをきっかけに晴れてフリーライター業に転進。07年2月からは埼玉県所沢市から愛媛県松山市へと居を移し、現在は四国地域を中心としたスポーツを追いかける日々を過ごす。
  • ■ 小学校2年時に福岡からやってきた西武ライオンズが野球と出会うきっかけ。小・中学校時代では暇さえあれば足を運んでいた西武球場で、高校では夏の西東京予選の応援で、そして大学では部活のフィールドだった神宮球場で様々な野球を体感。その経験が取材や原稿作成の際に「原体験」となって活きていることを今になってつくづく感じている。
  • ■ 執筆実績
    web上では『ベースボールドットコム』(高校野球ドットコム、社会人野球ドットコム、独立リーグドットコム)、書籍では『ホームラン』、『野球太郎』(いずれも廣済堂出版)、『週刊ベースボール』(ベースボール・マガジン社)など。『甲子園だけが高校野球ではない2』(監修・岩崎夏海、廣済堂出版)でも6話分の取材・文を担当した。

    さらに野球以外でもサッカーでは、デイリースポーツ四国3県(香川・高知・愛媛)版・毎週木曜不定期連載中の『スポーツライター寺下友徳・愛媛一丸奮闘記』をはじめ、「週刊サッカーダイジェスト」(日本スポーツ企画社)、『サッカー批評』、web『スポーツナビ』など多数媒体での執筆実績あり。また、愛媛県を熱くするスポーツ雑誌『EPS(ehime photo sports)』でも取材協力を行っている。
  • ■ ブログ:『寺下友徳の「四国の国からこんにちは」』■twitterアカウント@t_terashita
    ■facebook: http://www.facebook.com/tomonori.terashita
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム