第11回 札幌国際情報(北海道)「真摯に野球に向き合う」ことで更なる進化を遂げる!2020年02月14日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]効率的な練習を求める!
[2]目には見えない札幌国際情報ならではの強み

 公立校でありながら、昨夏は準優勝と快進撃を見せた札幌国際情報を訪れた。冬場の単調な練習が多い時期の訪問であったが、室内練習場がない環境でも、駐輪場でティーバッティングを行い、校舎内ではランニング・守備練習・トレーニングを、またウエイト室や体育館、武道場などを効率的に使用して練習をしていた。


効率的な練習を求める!



 主将・原田航介(札幌国際情報)

 現在部員は42名(2年生22名、1年生20名)で昨夏の悔しさを晴らすべく冬場のレベルアップに向き合っている。

 主将の原田 航介は、
 「新チームが始まった時よりは、2年生が率先して練習を進められているというのは感じています。今は限られた環境の中で単調な練習しかないんですけども、それでも新チームが始まった時よりそういう感覚はあるので、そこは成長してるのかと思います」と順調にこの冬を消化しているのが分かる。

 そんな札幌国際情報だが練習時間は短い、学校が19時30分に閉まるため、平日の練習は19時ぐらいには終わる。7時間目まで授業がある日なら、練習は17時始まりと、実質2時間の練習を効率的にこなしていかなといけない。

 だからこそ、短時間で効率的な練習をしていく必要がある。副主将の高橋 瑠斗(リュウト)は、「妥協せずにお互いに指摘し合いながら厳しい雰囲気で練習する」と話したように、チームで練習の質を高めることに真摯に向かい合っている事を話してくれた。

【次のページ】 目には見えない札幌国際情報ならではの強み

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1120回 143キロ右腕・原田航輔など昨夏の悔しさを晴らす、札幌国際情報(北海道)の3人のキープレイヤー! 【2020年インタビュー】
第12回 札幌国際情報(北海道)有倉 雅史監督からの3つのキーワードに選手は「考えて」応える!【冬が僕らを強くする2020】
第20回 旭川大高(北北海道)【2年連続9度目】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第931回 北海を食い止めるの南北海道勢はどこだ?北北海道では実力が拮抗し合う混戦模様!【北海道大会展望】【大会展望・総括コラム】
第105回 9人いるからこその個性で全力サポート!遠軽(北海道)頑張るマネージャー!【頑張る!マネージャー】
第3回 札幌光星(北海道)「もう一人の自分に負けないこと!」【冬が僕らを強くする2019】
旭川実vs北海道栄【北海道 2017年秋の大会 第70回秋季北海道高校野球大会】
北海道栄vs函館工【北海道 2017年秋の大会 第70回秋季北海道高校野球大会】
札幌第一vs北海道栄【北海道 2015年秋の大会 第68回秋季北海道高校野球大会】
北海道栄vs札幌清田【北海道 2015年秋の大会 第68回秋季北海道高校野球大会】
北海vs北海道栄【北海道 2010年秋の大会 第63回北海道大会】
秋田 真(札幌国際情報) 【選手名鑑】
原田 航介(札幌国際情報) 【選手名鑑】
池田 【高校別データ】
浦幌 【高校別データ】
小樽未創 【高校別データ】
札幌国際情報 【高校別データ】
清水 【高校別データ】
滝川 【高校別データ】
長沼 【高校別データ】
広尾 【高校別データ】
美唄工・北海道美唄尚栄 【高校別データ】
福島商 【高校別データ】
双葉 【高校別データ】
北海 【高校別データ】
北科大高 【高校別データ】
北海道札幌あすかぜ 【高校別データ】
室蘭大谷 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム