• トップ
  • コラム
  • 101回大会特集
  • 今年の甲子園は奥川恭伸など好投手だけではない!甲子園で大活躍を見せた井上広大、藤田健斗、木下元秀の将来性に注目!

第64回 今年の甲子園は奥川恭伸など好投手だけではない!甲子園で大活躍を見せた井上広大、藤田健斗、木下元秀の将来性に注目!2019年08月23日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]履正社のスラッガーが大暴れ
[2]4投手をまとめた藤田健斗 ポテンシャルの高さを示した木下元秀

4投手をまとめた藤田健斗 ポテンシャルの高さを示した木下元秀



藤田健斗(中京学院大中京)

 次に紹介したいのは、藤田 健斗中京学院大中京)だ。昨秋まで東海地区屈指の強肩捕手として注目を浴びていたが、全国的にその名が広がったのは今年の4月、高校日本代表候補の研修合宿だ。
 佐々木 朗希の163キロを捕球したキャッチャーとして話題となった。佐々木の球を受けただけではなく、超高校級の選手と一緒にプレーした経験をキャプテンとしてもチームメイトに伝えた藤田は、攻守のまとめ役としてチームをけん引。この夏、甲子園ベスト4入りに貢献した。

 藤田は、スター性があるというよりは、どちらかというと地味な選手。それでも藤田の魅力は数多い。勝負強く、コンタクトに打率が残せる技術があり、キャッチャーとしてもスローイングタイム1.8秒~1.9秒台の強肩。さらに、キャッチング技術の高さも光る。甲子園で登板した4投手の特性を理解した配球は実にスキルが高かった。

 将来的には、阪神、巨人、横浜DeNAで活躍した鶴岡一成や、オリックスでプレーする山崎 勝己のようないぶし銀タイプのような捕手になるのではないだろうか。

 もう1人。甲子園で株をあげたのが、木下 元秀(敦賀気比)。甲子園では、3試合で12打数7安打の活躍を見せたが、打撃技術が非常に高い。力みのない構えから、ボールを手元まで呼び込んで振り抜くスタイル。
 下半身主導でタイミングを取ることができるため、捉える瞬間、前膝の割れができ、さらに目線のブレも少なく、高確率でボールを捉えることができる。今大会、本塁打こそなかったが、それは木下への攻めが厳しかったから。引っ張れるようなボールがあれば、本塁打にできる技術を持った選手であった。ボールに逆らわず、広角に打ち返せる打撃は素晴らしかった。

 木下は、敦賀気比のOBである西川 龍馬(広島)にパワーをつけたタイプ。コンタクト力も優れながら、本塁打も打てるタイプ。木製バットにも早く対応できるタイプではないだろうか。本塁打がなかったので、あまり記憶には残っていないかもしれないが、持っているポテンシャルは高い。

 今年のドラフトで、彼らの名前が呼ばれることに期待したい。

(記事=河嶋 宗一

関連記事はこちら
2019夏・甲子園出場校応援曲ベストナイン
令和最初の甲子園は履正社が優勝!ベストナインを発表!
バントは成功率の少ない戦術 星稜vs智辯和歌山から考えるタイブレークの戦い方

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第5回 昨年夏に初の全国優勝を成し遂げた履正社の戦績・卒業生の進路を紹介!【データブック】
第110回 センバツ出場校に対しての救済策を考える 「選抜出場を勝ち取っていた学校で甲子園大会を!」【高校野球コラム】
第110回 センバツ出場校に対しての救済策を考える 「ピンチをチャンスに」思える発想を! 私が考える「代替案」【高校野球コラム】
第110回 センバツ出場校に対しての救済策を考える 「休養日を有効に活用しての特別試合を実施!」【高校野球コラム】
第108回 島袋洋奨(興南出身)、今井達也(作新学院出身)などの現在地。過去10年間の甲子園優勝投手の歩み【高校野球コラム】
第1073回 岐阜を代表する二刀流・元 謙太(中京学院大中京)。来季は同世代の投手に負けないピッチングを目指す! 【2019年インタビュー】
第1059回 ボールの見極めをチームで徹底し、悔しい敗戦を糧に頂点までのぼりつめた 井上広大【後編】 【2019年インタビュー】
第1058回 井上広大(履正社)が最強の4番打者になるまで。奥川と対戦して自分の無力さを知った【前編】 【2019年インタビュー】
第1052回 奥川恭伸に刺激を受けた木下元秀(敦賀気比) 高校野球で残した後悔をプロの世界で晴らす! 【2019年インタビュー】
第1048回 左腕エースからプロ注目のスラッガーへ 木下元秀(敦賀気比)の努力の軌跡 【2019年インタビュー】
遠軽高校甲子園壮行交流戦【2013年 第85回選抜高校野球 大会前強化練習試合】
井上 広大(履正社) 【選手名鑑】
木下 元秀(敦賀気比) 【選手名鑑】
藤田 健斗(中京学院大中京) 【選手名鑑】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム