第69回 日大二(西東京)「目指すのは日本一”熱い”夏!」2019年07月04日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
【僕らの熱い夏 特設ページはこちら】
[1]37年ぶりの夏の甲子園出場へ!
[2]自分たちの野球で最高の夏に!/内面はどのチームにも負けない!

37年ぶりの夏の甲子園出場へ!



日大二の集合写真

■春夏合わせて6回の甲子園出場を誇る

 2016年に創立90周年を迎えた伝統校。付属校の日本大学をはじめとし、国公立大、有名私立大に合格者を多数排出し進学校としても知られている。
 野球部は春夏合わせて甲子園出場6回を誇る名門だ。元プロ野球選手では、通算60勝でノーヒットノーラン経験もある川尻哲郎氏などがいる。また、人気お笑いコンビのオードリーの若林正恭さん、春日俊彰さんも同校のOBである。しかし1982年夏以来、甲子園から遠ざかっており伝統校復活を目指している。そんな日大二のこの夏にかける思いに迫った。

■野球に集中できる環境

 現在1年生20名、2年生28名、3年生23名の計71名で活動している。放課後は専用グランドで練習しており野球に集中できる環境が整っている。日大二の名物練習は冬練の砂場ダッシュだ。足場の悪い砂場でダッシュをすることで徹底的に足腰を鍛えてきた。この夏は強靱な足腰から繰り出される粘り強いプレーに注目だ。

■チームが変わるきっかけとなった秋の大会

 新チームが始まってから印象に残っている試合を主将の湯元智志に聞くと、昨年の秋季大会ブロック予選の都立城東戦と答えてくれた。2対7で敗北し都大会出場を逃してしまった試合だ。「自分たちのグランドでの試合にかかわらず、ミスの連鎖で自滅してしまった。」と湯元主将。
 しかし「秋の敗戦を機にチームが変わった。」とも話してくれた。その効果は春の都大会で証明されている。春の都大会4回戦関東一戦で2対4と敗れたものの、強豪関東一と渡り合えたことは自信となり、成長の証となった。秋の自滅するチームは見る影もなかった。夏はさらに成長した姿を見せてくれるに違いない。目標の37年ぶりの甲子園出場に期待だ。

■夏のキーマン紹介!

 続いて夏へのキーマンを湯元主将に聞くと、エースの田中啓斗君と長打力が魅力で4番の清水祐作君と答えてくれた。田中君は「エースとして試合を作り、勝利を呼び込んでくれた」という。清水君は「長打力と元気で、夏大で躍動してくれると思います。」と湯元主将。伝統校復活はエースと4番、この2人が鍵を握る。この夏は2人のプレーに注目だ。

関連記事はこちらから!
日大二の戦歴をチェック!!
第101回選手権西東京大会の組み合わせをチェック!
春季大会4回戦をレポート!日大二と関東一が激突!

【次のページ】 積極性ならどこにも負けない!/3投手を中心に25年ぶりの甲子園へ!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
日大二vs都立小山台【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
佼成学園vs都立片倉【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
都立紅葉川vs都立武蔵村山【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
大森学園vs東京成徳大高【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
日大二vs都立四商・東洋・日本橋【東京都 2019年秋の大会 東京都大会 一次予選】
第74回 川越初雁(埼玉)「人間性を最大の武器にして、初雁史上最高の夏に!」【僕らの熱い夏2019】
第73回 倉敷工(岡山)「全員で令和初の日本一を取りにいく!今、新しい歴史への挑戦が始まる」【僕らの熱い夏2019】
第70回 都立小松川(東京)「ボトムアップ方式で主体性を強化!夏は『番狂わせ』を起こしたい」【僕らの熱い夏2019】
第67回 高鍋(宮崎)「走攻守すべてで攻める夏にして、決めるぞ甲子園!」【僕らの熱い夏2019】
第66回 花園(京都)「目標は全国での1勝!甲子園で勝てるチームを目指す!」【僕らの熱い夏2019】
日大二 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム