序盤の集中打で逃げ切った関東一がベスト8へ!



勝ち越しに成功し歓喜する関東一

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 シード校としてここまで順調に勝ち上がってきた関東一。一方、一次予選からここまで勝ってきた日大二。ベスト8の切符をかけた一戦が神宮第二で始まった。

 関東一は先発にエース・土屋 大和を持ってくる。ジワリと始動し、着地すると身体を縦に鋭く回転させる投球フォーム。角度、スピードがあるストレートと縦スライダーなどを軸に投げるスタイルだが、出鼻をくじかれる。

 初回は順調に二死までこぎつけるが、3番・湯元智志に外角へのストレートを捉えられると、打球はフェンスを越える。二死からの手痛い一発で関東一日大二に先取点を奪われ追いかける展開となる。

 それでも直後の攻撃で8番・土屋のタイムリーですぐさま追いつくが、2回に入っても試合は落ち着かない。
 この回日大二の5番・折笠 利矩に四球を与えると、6番・原田憲二郎に送りバントを決められピンチを広げると、二死から8番・田中啓斗にセンター前に落ちるタイムリーを許し再び追いかける展開に。

 3回の関東一の攻撃、1番・大久保 翔太がセーフティーバントで出塁。続く2番・根崎 仁人が四球を選んで後ろに繋ぐと、3番・渋谷 嘉人が送りバントをキッチリ決めて一死二、三塁。
 「相手投手は変化球中心にかわしてくる技巧派投手。その変化球を思い切って振っていこうと話をしていて、スライダーが外角高めに来たので打ちにいった」と語る4番・野口の打球はセンターへの逆転タイムリー。これで3対2として関東一が逆転に成功。

 さらにこの回に5番・平川 嶺のセンターへのタイムリーで1点を追加。4対2とリードを広げ落ち着きを取り戻したマウンドの関東一先発の土屋は3回以降は三者凡退で日大二打線を抑え、5回で降板。

 関東一は6回から背番号10をつけた谷 幸之助を2番手としてマウンドへ。その谷は持ち前の速球と縦の変化球を巧みにコントロールし、相手打線に反撃の隙を与えず4回を投げて許したヒットは2本のみ。日大二打線をしっかり抑えて関東一がベスト8進出を決めた。

 試合後、関東一の米澤貴光監督は、「選手たちがよく考えて動いてくれました」と選手たちをねぎらった。

 序盤苦しみながら5回を投げ切った土屋投手について米澤監督は、「元々5回までと考えていて、序盤はボールが浮いて苦しかったと思いますがよく投げてくれました。」とエースの粘りの投球へ及第点を与えた。

 さらに土屋投手に対して今日の経験を夏に活かしてほしいと語った米澤監督は次戦に向けて、「バントや走塁でできなかったことがあるので、次の試合までの1週間で練習して一歩一歩成長できればと思います。」とコメントを残した。

 今日の試合、4番として3打数2安打2打点、キャッチャーとして2人の投手をリードした関東一の野口は「先制されたのは今大会初めてでしたが、ひっくり返せたのは良かった。」と振り返った。 米澤監督も野口の活躍について「練習で調子が良かったので打順を4番に変えてみました。いい経験ができたと思います」と打線の組み換えが的中する形となった。

 ベスト4をかけて次戦うのは國學院久我山となった。
 「これから先は僅差の試合になると思うので、終盤に自分たちらしい野球ができるようにしたいです。」と野口は意気込みを語ってくれた。

 都立小平西日大鶴ヶ丘、そして日大二。西東京で実力ある学校を撃破し続け、経験値を蓄え続ける関東一。この1週間でどれだけ成長して、國學院久我山と戦うのか。20日の試合が楽しみだ。

(文=編集部)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。