第70回 近年成長を見せる鹿児島情報(鹿児島)夏勝ち上がるために2019年02月24日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]秋の悔しさを春と夏にぶつける!
[2]鹿児島の夏を勝ち抜くために

秋の悔しさを春と夏にぶつける!



鹿児島情報のエース・沖田 龍之丞

■私立では国内初の情報系学校!
 鹿児島県鹿児島市にある鹿児島情報高等学校。1960年に鹿児島電波工として創立され、1991年に現校名に改称された。全国3校目、私立では国内初の情報系高校という歴史を持つ。各資格取得を目指すコンピュータ教育に力を入れているが、2004年に初の普通学科となるe-プレップ科、翌2005年には普通科の特進クラスにあたるプレップ科を創設するなど、近年は大学進学指導にも注力している。

■鹿児島情報野球部の紹介
 現在2年生12、1年生24の計36名が在籍。2017年2018年の2年連続で秋季鹿児島県大会4強入りを果たすなど、各大会の上位に食い込むこともめずらしくない存在だ。野球部OBには、ロッテの次期エース候補として期待されている二木 康太投手らがいる。

■秋季大会を振り返って
 新チームスタート時のテーマは「チームプレーを大切にする」こと。このテーマの達成と、秋季県大会での優勝を目標に練習に励んでいった。県大会では準決勝で鹿屋中央に敗戦(試合レポート)。川崎友仁主将は、この一戦を一番印象に残った試合に挙げ、「自分と沖田 龍之丞(エース)の活躍もなく、全然だめでした。自分たちが打って守れないと勝てないということを実感しましたし、自分たちの能力がまだまだと感じました」と、試合から得たものを語ってくれた。

■新チームを引っ張ってきた選手は?
 沖田、西山知宏、遠山優の3名を推薦してくれた川崎主将。「沖田は1年生から登板している経験を武器に、大会では堂々とピッチングをしてくれました。西山はチームで一番身体も大きいですし、捕手としてチームを引っ張っています。遠山は1年生ですが体つきもよく、チームの主軸として大事な場面で打ってくれました」と詳細に理由を語ってくれた。

 

■この冬の意気込み!
 「2年連続秋の県大会で4強まで勝ち進めましたが、去年も今年もサヨナラ負け。この悔しさを晴らすため、夏に結果を出すためにも、身体を大きくして夏までしっかり乗り越えられる体力をつけます!」。こう意気込みを語ってくれた川崎主将。昨秋に敗れた鹿屋中央は、の3回戦(試合レポート)で敗れた相手でもある。自分たち、そして先輩たちの悔しさを晴らすために、妥協なく自分を追い込んでいくつもりだ。

 

【次のページ】 鹿児島の夏を勝ち抜くために

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第722回 「4強」軸に本命なき混戦模様 !カギ握る「勢い」と「確かな力」【大会展望・総括コラム】
沖田 龍之丞(鹿児島情報) 【選手名鑑】
二木 康太(鹿児島情報) 【選手名鑑】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム