第2回 【2017年 キミは最も輝いていたで賞!】名門校の4番に相応しい活躍を見せた鵜飼航丞(中京大中京・3年)2017年12月25日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]秋季大会の敗退が成長のきっかけとなる
[2]鵜飼君への信頼
[3]本来の姿を示せた甲子園


鵜飼航丞(中京大中京)

 高校野球ドットコムでお馴染みの現地記者の皆さんが、今年一年、最も輝いていたと思う選手に贈る賞を発表!第二弾は、手束仁記者が表彰!中京大中京鵜飼 航丞選手に、「2017年の最も輝いていたで賞」を贈ります!

秋季大会の敗退が成長のきっかけとなる

 毎打席のように長打が出る、この先どれだけ打つのだろうと思わせてくれた、春季大会の鵜飼 航丞君だった。まさに、名門中京大中京の4番打者にふさわしいというか、それ以上の活躍といってもいいくらいのものだった。
3月にシーズンインとなってからは、好調そのものだった。ことに、春季大会では、打席に立てば出塁、打てば長打といっても過言ではないくらいに打ちまくっていた。本塁打も毎試合のように放っていて、通算本塁打も2年生までは30本そこそこだったものが、一気に40本を超え、50本に手が届く勢いだった。
とはいえ、その頃の打撃の特徴は、低いライナーで外野手の間を抜いていくという弾道で、それが上がっていったり、抜けて伸びていくと本塁打になるというものだった。本人も、「ボク自身は、ホームランバッターというよりは、外野の間を抜いていく中距離ヒッターだと思っています」という自覚だった。

 春からの絶好調の背景にあったのは、前年の秋季大会だった。センバツ甲子園を賭けた東海大会準決勝で、同県の至学館と対戦。試合は9回までリードしていながら逆転サヨナラで屈して、甲子園も逃してしまった。
その試合で逆転された直接の要因は、失策と四球が切っ掛けだったが、「そのことよりも、ボクが再三のチャンスで回ってきていたのに、打てませんでした。どこかで打っていれば、コールドゲームで勝てた試合でした」という悔いが大きかった。
その悔しさを胸に秘めて、一冬、徹底的に振り込んだ。
副主将という立場からしても、自身が身をもってチームを引っ張っていくという姿勢に徹していった。

【次のページ】 鵜飼君への信頼

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1260回 200センチを誇る147キロ左腕・今西拓弥(早稲田大)がドラフト候補に成長したターニングポイント 【2020年インタビュー】
第1020回 今年の東海大会は中京大中京、県岐阜商、藤枝明誠が中心か?各校、戦力が充実【大会展望・総括コラム】
第5回 【12球団ドラフト指名予想】中日は地元路線だと中京大中京の高橋宏斗がトヨタ自動車の栗林良吏が有力?【プロ12球団ドラフト分析2020】
第269回 【2020年ドラフト】ドラ1必至の最速154キロ右腕・高橋宏斗(中京大中京)の3年間の軌跡【ドラフト特集コラム】
中京大中京vs至学館【愛知県 2020年秋の大会 第73回愛知県高校野球選手権大会】
中京大中京vs誉【愛知県 2020年秋の大会 第73回愛知県高校野球選手権大会】
至学館vs成章【愛知県 2020年秋の大会 第73回愛知県高校野球選手権大会】
第137回 福原、畔柳、藤森…2018年U-15代表のコーチが語る逸材たちの素顔【東日本編】【高校野球コラム】
中京大中京vs智辯学園【2020年甲子園高校野球交流試合】
至学館vs愛工大名電【愛知県 2020年 夏季愛知県高等学校野球大会】
第1010回 夏季愛知県大会展望 抜けて強い中京大中京に対して至学館、享栄、愛工大名電などがどこまで抵抗するか【大会展望・総括コラム】
第1139回 センバツで見たかった世代屈指の剛腕・高橋宏斗(中京大中京)。なぜ圧倒的な投球をテーマにしているのか? 【2020年インタビュー】
第1137回 ノーステップ打法で打撃開花。世代トップクラスのショート・中山礼都(中京大中京)は選抜の活躍で夢叶える 【2020年インタビュー】
第1135回 評価急上昇の巧打堅守の2番セカンド・中嶌優(中京大中京)はチームメイトも認める努力家 【2020年インタビュー】
第1134回 中京大中京が誇る鉄壁の二遊間「ナカナカコンビ」中山礼都×中嶌優の決意! 【2020年インタビュー】
鵜飼 航丞(中京大中京) 【選手名鑑】
広陵 【高校別データ】
広陵 【高校別データ】
至学館 【高校別データ】
中京大中京 【高校別データ】

プロフィール

手束仁
手束 仁
  • 生年月日:1956年
  • 出身地:愛知県
  • ■ 経歴
     愛知県知多市出身。半田高→國學院大81年卒。大映映像事業部など映像会社で、映画・ビデオなどの販売促進、営業等を経て、編集プロダクションに10年勤務後独立。
     99年に『熱中!甲子園』(双葉社)を仕掛け、を刊行。同年に『都立城東高校甲子園出場物語~夢の実現』(三修社・刊)で本格的にスポーツ作家としてデビュー。99年12月に、『アンチ巨人!快楽読本』(双葉社)を企画編集・執筆。その後、『ふたりの勇気~東京六大学野球女子投手誕生物語』、『高校野球47の楽しみ方~野球地図と県民性』(三修社)などを相次いで刊行。さらに話題作となった『甲子園出場を目指すならコノ高校)』(駿台曜曜社)、『野球県民性』(祥伝社新書)、『プロ野球にとって正義とは何か』、『プロ野球「黄金世代」読本』、『プロ野球「悪党」読本』(いずれもイースト・プレス)などを刊行。
     さらには『高校野球のマネー事情』、『スポーツ(芸能文化)名言』シリーズ(日刊スポーツ出版社)、『球国愛知のプライド~高校野球ストーリー』などがある。
     2015年には高校野球史を追いかけながら、大会歌の誕生の背景を負った『ああ栄冠は君に輝く~大会歌誕生秘話・加賀大介物語』(双葉社)を刊行し18年には映画化された。

     スポーツをフィルターとして、指導者の思いや学校のあり方など奥底にあるものを追求するという姿勢を原点としている。そんな思いに基づいて、「高校生スポーツ新聞」特派記者としても契約。講演なども國學院大學で「現代スポーツ論」、立正大で「スポーツ法」、専修大学で「スポーツジャーナリズム論」などの特別講師。モノカキとしてのスポーツ論などを展開。
     その他には、社会現象にも敏感に、『人生の達人になる!徒然草』(メディア・ポート)、『かつて、日本に旧制高等学校があった』(蜜書房)なども刊行。文学と社会風俗、学校と教育現場などへの問題提起や、時代と文化現象などを独自の視点で見つめていく。 そうした中で、2012年に電子メディア展開も含めた、メディアミックスの会社として株式会社ジャスト・プランニングを設立。新たなメディアコンテンツを生み出していくものとして新たな境地を目指している。
  • ■ 著書
    都立城東高校甲子園出場物語~夢の実現』(三修社) 
    甲子園への助走~少年野球の世界は、今』(オーシャンライフ社)
    高校野球47の楽しみ方~野球地図と県民性』(三修社)

    話題作となった
    甲子園出場を目指すならコノ高校(増補改訂)』(駿台曜曜社)
    スポーツ進学するならコノ高校
    東京六大学野球女子投手誕生物語~ふたりの勇気』(三修社)
    三度のメシより高校野球』(駿台曜曜社)
    スポーツライターを目指す人たちへ~江夏の21球の盲点』(メディア・ポート)
    高校野球に学ぶ「流れ力」』(サンマーク出版)
    野球県民性』(祥伝社新書)
    野球スコアつけ方と分析』(西東社)
    流れの正体~もっと野球が好きになる』(日刊スポーツ出版社)NEW!
  • ■ 野球に限らずスポーツのあり方に対する思いは熱い。年間の野球試合観戦数は300試合に及ぶ。高校ラグビーやバレーボール、サッカーなども試合会場には積極的に顔を出すなど、スポーツに関しては、徹底した現場主義をモットーとしている。
  • ■ 手束仁 Official HP:熱中!甲子園
  • ■ 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中

ベースボールファン
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム